PHVの「ボルボV60」に100万円安の新グレード登場

2019.06.11 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2019年6月11日、ミッドサイズワゴン「ボルボV60」のラインナップに「V60 T6 Twin Engine AWDモメンタム」を追加。同日、販売を開始した。

これまで「V60」のプラグインハイブリッドモデル「V60 T6 Twin Engine AWD」は、装備充実の「インスクリプション」グレードのみとなっていたが、今回新たに、より価格の安いエントリーグレード「モメンタム」が設定された。シートの表皮や電動調節機構、インテリアのトリム、エキゾーストパイプとアルミホイールの意匠などが主な相違点となっている。

このほか、V60シリーズ全体としても一部仕様が変更されており、後方の死角から近づく車両を知らせる運転支援機能「BLIS(ブラインドスポットインフォメーションシステム)」にはステアリングアシスト機能が、車線の中央をキープできるよう支援する「パイロットアシスト」にはステアリングホイールの微振動により運転者に一時解除を知らせる新機能が追加された。

このうちプラグインハイブリッドのV60 T6 Twin Engine AWDと「V60 T8 Twin Engine AWD」については、駆動用のリチウムイオンバッテリーの容量が30Ahから34Ahに拡大され、ともに48.2km(WLTCモード)のEV走行が可能となった。

V60のラインナップと価格は以下の通り。

  • V60 T5モメンタム:499万円
  • V60 T5インスクリプション:599万円
  • V60 T6 Twin Engine AWDモメンタム:659万円
  • V60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション:759万円
  • V60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション:829万円

(webCG)

V60 T6 Twin Engine AWDモメンタム
V60 T6 Twin Engine AWDモメンタム拡大

関連キーワード:
V60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボV90 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.8.27 試乗記 クリーンディーゼルを搭載するボルボの大型ワゴン「V90」で、600kmオーバーのロングドライブへ。そのステアリングを握った筆者の目には、家族や友人と過ごす豊かなライフスタイルのイメージが鮮やかに浮かんできた。
  • ボルボV60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.14 試乗記 ガソリンモデルから遅れること数カ月。ボルボの主力モデル「V60」のプラグインハイブリッド車(PHV)がデビューした。ボルボの金看板ともいえるステーションワゴンと電動パワートレインとのマッチングを試す。
  • ボルボが「V90」と「V90クロスカントリー」の仕様を変更 予防安全装備の機能を強化 2019.9.12 自動車ニュース ボルボが「V90」と「V90クロスカントリー」の仕様を変更。衝突回避・被害軽減ブレーキシステムにステアリングサポート機能を、「CTA(クロス・トラフィック・アラート)」に衝突回避・被害軽減ブレーキ機能を追加するなど、予防安全装備の機能を強化している。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る