ブラックパーツで飾った「プジョー2008」の特別仕様車発売

2019.06.11 自動車ニュース
プジョー2008 GTライン ブラックパック
プジョー2008 GTライン ブラックパック拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年6月10日、コンパクトSUV「プジョー2008」に特別仕様車「2008 GTライン ブラックパック」を設定し、販売を開始した。

 
ブラックパーツで飾った「プジョー2008」の特別仕様車発売の画像拡大
 
ブラックパーツで飾った「プジョー2008」の特別仕様車発売の画像拡大
 
ブラックパーツで飾った「プジョー2008」の特別仕様車発売の画像拡大

今回のプジョー2008 GTライン ブラックパックは、フロント&バックソナーやバックアイカメラ、パークアシスト、グリップコントロールなどを搭載した上級グレード「GTライン」がベース。内外装のブラックパーツによって精悍(せいかん)さを強調しているのが特徴だ。また、レザーシートなどを備えながらも「輸入車コンパクトSUVとしてリーズナブル」(プレスリリース)な価格設定もセリングポイントとなっている。

特別装備の内容は以下の通り。

  • フロントブラックライオンエンブレム(ダーククローム)
  • フロントグリル「PEUGEOT」ロゴブラック
  • ブラックパーツ(フロントグリル/フォグランプデコレーション/ドアミラー/サイドウィンドウモール/サイドウィンドウデコレーション/リアスポイラー)
  • 17インチ専用シャイニーブラックアロイホイール
  • ブラックレザーシート(フロントシートヒーター付き)

ボディーカラーは「パールホワイト」「アルティメットレッド」に、新色の「クエーサーブルー」および新規設定色の「ハリケーングレー」を加えた全4色展開となる。

価格は299万円で、パノラミックガラスルーフ付き仕様の場合は309万9000円。いずれもベース車から11万円アップとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
2008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 2008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 プジョー2008の魅力と実力<PR> 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • 第3回:プジョー2008 CROSSCITY 2016.4.26 最新モデルが語る PEUGEOTの“今”<PR> 都会でも、アウトドアでも映えるクロスオーバーモデル「プジョー2008」に、特別仕様車の「クロスシティ」が登場。カタログモデルからさらに高められたオフロード性能と、専用にコーディネートされた内外装が織り成す魅力に触れた。
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • 「プジョー2008」の特別仕様車「クロスシティー」発売 2018.12.18 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年12月18日、プジョーブランドのコンパクトSUV「2008」に特別仕様車「CROSSCITY(クロスシティー)」を設定し、販売を開始した。
  • 第2回:Vector 4Seasons 雪の霧ヶ峰を行く 2017.12.25 四季の国に“4Seasons”という提案を<PR> 話題のオールシーズンタイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の走りを試すべく、モータジャーナリストの藤島知子が、「プジョー2008」で雪の霧ヶ峰に挑戦! 東京からのドライブの様子を、写真でリポートする。
ホームへ戻る