アルピーヌが「A110」の高性能モデルを2020年前半に日本導入

2019.06.18 自動車ニュース
アルピーヌA110S
アルピーヌA110S拡大

アルピーヌ・ジャポンは2019年6月18日、ミドシップスポーツカー「A110」シリーズの新モデル「A110S」を、2020年の前半を目途に日本に導入すると発表した。

 
アルピーヌが「A110」の高性能モデルを2020年前半に日本導入の画像拡大
 
アルピーヌが「A110」の高性能モデルを2020年前半に日本導入の画像拡大
 
アルピーヌが「A110」の高性能モデルを2020年前半に日本導入の画像拡大
 
アルピーヌが「A110」の高性能モデルを2020年前半に日本導入の画像拡大

A110Sは、より強化されたエンジンや専用チューニングの足まわりなどを特徴とする、A110の高性能バージョンである。

1.8リッター直4ターボエンジンについては、最高出力を252psから292psに向上。足まわりでは固さを50%引き上げたコイルスプリングに合わせて、ダンパーの特性を見直すとともに、通常のモデルより剛性を2倍に高めた中空構造の軽量アンチロールバーを採用している。

タイヤは専用の構造やコンパウンドを持つ「ミシュラン・パイロットスポーツ4」で、前輪を215mm、後輪を245mmにワイド化。また、他のモデルではオプション扱いとなるブレンボ製キャリパーとφ320mmのバイマテリアルディスクからなるブレーキが標準装備となる。

このほかにも、軽量・高剛性のカーボンルーフをオプション設定。車体色にはマットカラーの「グリ トネール」も用意している。

現地での価格は6万6500ユーロ(約800万円)。日本仕様の詳細や、より詳しい導入スケジュールなどについては、確定次第発表される予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌが「A110」の高性能モデルを2020年前半に日本導入 2019.6.18 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンが「A110S」を2020年の前半に日本に導入すると発表。292psの高出力エンジンを搭載した「A110」の高性能版で、サスペンションの剛性アップやワイドタイヤの装着といった改良が施されるほか、オプションでカーボンルーフも用意されている。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • 「ルージュフラム」のボディーカラーを復刻採用 限定車「ルノー・ルーテシア アイコニック」発売 2019.7.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2019年7月11日、「ルーテシア」に特別仕様車「アイコニック」を設定し、40台の台数限定で発売した。上級グレードの「インテンス」をベースに、現在はカタログ落ちしているボディーカラー「ルージュフラム」を復刻採用した。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
ホームへ戻る