すなおに「なるほど」と思えない

スイマセン、読者の皆さまに先に謝っておきますが、発表会で説明を聞いても、ワタシにはサッパリ理解できませんでした。

まず、この装置が発生するEnecoガスとは何なのか? パンフレットによると、「酸水素ガス(HHOガス)と純水素ガスの両方を生成」する。つまり酸水素ガスと純水素ガスの2種類が混合した状態が“Enecoガス”であると考えられる。

ちなみに、酸水素とは、水素原子2と酸素原子1の混合気体のこと。水(H2O)ではなく、気体(HHO)の状態で存在する。会場での説明によると、酸素を内包しているため、燃やした際には外から酸素を取り込む「爆発」ではなく、自身が縮小する「爆縮」が起こるという。

話をEnecoガス発生装置に戻すと、これまでも同社は、「水を触媒と反応させて、電気をほとんど使用しないで酸水素を取り出す技術」を持っていた。今回、新たに水素濃度が高い「イオン化した水」(改質水)を使うことによって、さらに大量に酸水素と水素を取り出すことができるようになったという。

この日の説明は、Eneco Holgingsの山本泰弘代表取締役社長自らが行った。個人的に不思議に思ったのは、Enecoガス発生装置のキモであるはずの部分の説明が非常に希薄だったこと。

水に代わって使用することになった改質水は、「ブラックボックス」を介して生成するという。社外秘の部分があるのは理解できるのだが、ブラックボックスの一言で説明を終えてしまうのはいかがなものか。また、「廃棄物からなる独自開発した触媒」(同社パンフレットより)にもほとんど触れなかった。このフレーズからは、工業廃棄物であるヒドロシラン類を使った金ナノ粒子触媒(大阪大学太陽エネルギー化学研究センターが開発)が連想されるが、実際のところはどうなのだろう?

今回、「イオン化した水」(改質水)を触媒と反応させる技術により、大量に酸水素と水素を生成することが可能になったという。
今回、「イオン化した水」(改質水)を触媒と反応させる技術により、大量に酸水素と水素を生成することが可能になったという。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事