ひたすらに“走りのよさ”を追求
7代目「ポルシェ911」とはどんなクルマだったのか?

2019.07.01 デイリーコラム

予想をはるかに超えていた“走りの進化”

1964年の初代から数えて7代目となる、991型の「ポルシェ911」。すでに次期モデルである992型が発表され、すなわちカタログ上では“旧型”ということになったが、実は現時点で姿を現している新型のバリエーションは、最高出力450psを発するツインターボ付き3リッター水平対向6気筒エンジンを搭載する「カレラS/4S」系のみ。実際のところ、先日相次いで開催されたルマンとニュルブルクリンクの24時間レースでも、そこで活躍していたのは991型である。そんなこともあり、まだまだ”現役”というイメージも強いのがこのモデルだ。

振り返れば8年前のデビュー時の印象は、なかなかに衝撃的なものであった。

先代である997型からのスタイリングの変化は、あくまでも“想定内”のレベルにとどまるものだった。ヘッドライトの形状が微妙に変わったり、テールランプが細身になったりといった変化は、いうなれば“いつもの事”。そもそも、フードよりも高い位置にあるフロントフェンダーや、猫背のルーフラインといったアイコニックな部分に手を加えることができないのは、911の宿命である。991型のスタイリングに、ことさらの驚きはなかったのだ。

一方で、“想定外”だったのは走りの進化幅の大きさだ。そもそも、997型の走りに大きな不満があったわけではない。ところが、初めて991型をテストドライブしてみれば、アクセルペダルを踏み増した際の加速感やステアリングを切り始めた際の回頭時のフィーリングなどが、いずれも997型よりも明らかに軽やかさを増していて、そのテイストの変わりようは予想と期待をはるかに超えていた。

加えれば、快適性の進化も予想以上のものであった。サスペンションはよりしなやかにストロークし、静粛性全般も明確に向上。端的に言えば、「より軽快になって、より上質になった」というのが、991型に触れてのファーストインプレッションだった。

991型の「ポルシェ911カレラ」(右)と「911カレラS」(左)。2011年のフランクフルトショーで発表された。
991型の「ポルシェ911カレラ」(右)と「911カレラS」(左)。2011年のフランクフルトショーで発表された。拡大
991型「カレラ」のサイドビュー。997型からのスタイリングの変化は小さかったが、その中身は大幅な進化を遂げていた。
991型「カレラ」のサイドビュー。997型からのスタイリングの変化は小さかったが、その中身は大幅な進化を遂げていた。拡大
7代目「911」は2015年にマイナーチェンジを受け、991 II型と呼ばれる後期モデルに進化した。
7代目「911」は2015年にマイナーチェンジを受け、991 II型と呼ばれる後期モデルに進化した。拡大
ユニークな特別仕様車や限定モデルの数々も、991型の魅力。「911」の誕生50周年を祝う「50thアニバーサリーエディション」や、マルティーニカラーの「マルティーニレーシングエディション」、軽量ボディーに「GT3」のエンジンと6段MTを搭載した「911R」(写真)などが設定された。
ユニークな特別仕様車や限定モデルの数々も、991型の魅力。「911」の誕生50周年を祝う「50thアニバーサリーエディション」や、マルティーニカラーの「マルティーニレーシングエディション」、軽量ボディーに「GT3」のエンジンと6段MTを搭載した「911R」(写真)などが設定された。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る