BMW Z4 M40i(後編)

2019.07.18 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が、新型「BMW Z4」にワインディングロードで試乗。その走りには“惜しいところ”があるというのだが……? 兄弟車である新型「トヨタ・スープラ」との違いも含め、印象を報告する。

ちょっと怖いところがある

箱根のいつものワインディングロードで新型BMW Z4の試乗を終えた谷口信輝に、その印象を語ってもらおう。なお、試乗車のグレードは唯一6気筒エンジンを搭載する最高峰の「M40i」である。
「まずは、スポーツカーらしさをすごく感じますね。エンジンの馬力も結構あって、楽しさは確実にあります。ただ……」

むむ、谷口が「ただ……」と口にした。これはやや風向きが怪しい感じがする。
「荒れた路面のところでクルマがポンポンと跳ねて落ち着かないところがあります。その動きが速くて、ちょっとスリリングです」

それはいいことなのか? それともよくないことなのか?
「ある意味でレーシングカー的なダイレクトな反応で、スポーツカーに乗っている楽しさがあるともいえますが、僕は攻めるのがちょっと怖いと思いましたね」

たしかにZ4でハードコーナリングを試すと、路面の凹凸に応じてステアリングが左右に振られる傾向がある。
「そう、そうなんですよ。それでコーナーの出口でトラクションをかけ始めてからもリアが跳ねちゃう。本当だったら、出口に向けて姿勢を決めて、リアに荷重を載せてパーンって加速していきたいんですが、それができない。だから、ドライバーはずっと反応していなきゃいけなくて、それで疲れちゃうんです。いま走っていても、緊張感で自然と息が止まっていて、気がつくと息をふーっと吐き出していたりするほど。まあ、Z4はホイールベースが短いから仕方がない部分もあるんですけど、『スープラ』はあんまりこうならないでピタッと落ち着いている。だから、この辺はBMWとトヨタの考え方の違いなのかもしれません」

 
BMW Z4 M40i(後編)の画像拡大
 
BMW Z4 M40i(後編)の画像拡大
 
BMW Z4 M40i(後編)の画像拡大
 
BMW Z4 M40i(後編)の画像拡大

【BMW Z4 M40iのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4335×1865×1305mm/ホイールベース:2470mm/車重:1570kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340ps(250kW)/5000rpm/最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1600-4500rpm/タイヤ:(前)255/35ZR19 96Y/(後)275/35ZR19 100Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)/燃費:13.2km/リッター(JC08モード)/12.2km/リッター(WLTCモード)/価格:835万円


	【BMW Z4 M40iのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4335×1865×1305mm/ホイールベース:2470mm/車重:1570kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340ps(250kW)/5000rpm/最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1600-4500rpm/タイヤ:(前)255/35ZR19 96Y/(後)275/35ZR19 100Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)/燃費:13.2km/リッター(JC08モード)/12.2km/リッター(WLTCモード)/価格:835万円
	拡大

関連キーワード:
Z4, BMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダが新型EV「ホンダe」の情報を先行公開 2020年8月に日本での販売を開始 2020.7.31 自動車ニュース ホンダが新型電気自動車(EV)「ホンダe」の情報を先行公開。2020年8月に日本での発売を予定しているコンパクトなEVで、2画面の大型タッチパネルモニターやサイドカメラミラー、AIを活用したコネクテッド機能など、充実した先進装備も特徴となっている。
  • BMW M850i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.12 試乗記 BMWの最上級オープンカーなんて、お金持ちが気軽に乗り回すだけのクルマじゃないか? そんな偏見を吹き飛ばす、完璧と言いたくなるほどの走りを、新しい「M850i xDriveカブリオレ」は味わわせてくれた。
  • ホンダブースのテーマは世界の頂点を目指すチャレンジングスピリット【オートモビル カウンシル2020】 2020.7.28 自動車ニュース 本田技研工業は2020年7月28日、千葉県の幕張メッセで開催予定の自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2020(オートモビル カウンシル2020)」(開催期間:7月31日~8月2日)への出展概要を発表した。
  • アウディが「RS 3スポーツバック/セダン」を2年ぶりに導入 2020.7.21 自動車ニュース アウディ ジャパンは2020年7月21日、ハイパフォーマンスモデル「RS 3スポーツバック/セダン」を再導入すると発表した。同モデルの販売は約2年ぶりとなり、RS 3スポーツバックは同年8月18日、RS 3セダンは同年9月15日に発売される。
  • 第186回:コロナバブル恐るべし 2020.7.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第186回は「コロナバブル恐るべし」。新型ウイルスの感染拡大が叫ばれるなか、中古車市場にはある変化が起きていた! ポルシェやフェラーリの価格は? マニアックな世界でささやかれる、驚きの現象について考察する。
ホームへ戻る