BMW Z4 M40i(後編)

2019.07.18 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が、新型「BMW Z4」にワインディングロードで試乗。その走りには“惜しいところ”があるというのだが……? 兄弟車である新型「トヨタ・スープラ」との違いも含め、印象を報告する。

ちょっと怖いところがある

箱根のいつものワインディングロードで新型BMW Z4の試乗を終えた谷口信輝に、その印象を語ってもらおう。なお、試乗車のグレードは唯一6気筒エンジンを搭載する最高峰の「M40i」である。
「まずは、スポーツカーらしさをすごく感じますね。エンジンの馬力も結構あって、楽しさは確実にあります。ただ……」

むむ、谷口が「ただ……」と口にした。これはやや風向きが怪しい感じがする。
「荒れた路面のところでクルマがポンポンと跳ねて落ち着かないところがあります。その動きが速くて、ちょっとスリリングです」

それはいいことなのか? それともよくないことなのか?
「ある意味でレーシングカー的なダイレクトな反応で、スポーツカーに乗っている楽しさがあるともいえますが、僕は攻めるのがちょっと怖いと思いましたね」

たしかにZ4でハードコーナリングを試すと、路面の凹凸に応じてステアリングが左右に振られる傾向がある。
「そう、そうなんですよ。それでコーナーの出口でトラクションをかけ始めてからもリアが跳ねちゃう。本当だったら、出口に向けて姿勢を決めて、リアに荷重を載せてパーンって加速していきたいんですが、それができない。だから、ドライバーはずっと反応していなきゃいけなくて、それで疲れちゃうんです。いま走っていても、緊張感で自然と息が止まっていて、気がつくと息をふーっと吐き出していたりするほど。まあ、Z4はホイールベースが短いから仕方がない部分もあるんですけど、『スープラ』はあんまりこうならないでピタッと落ち着いている。だから、この辺はBMWとトヨタの考え方の違いなのかもしれません」

 
BMW Z4 M40i(後編)の画像拡大
 
BMW Z4 M40i(後編)の画像拡大
 
BMW Z4 M40i(後編)の画像拡大
 
BMW Z4 M40i(後編)の画像拡大

【BMW Z4 M40iのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4335×1865×1305mm/ホイールベース:2470mm/車重:1570kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340ps(250kW)/5000rpm/最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1600-4500rpm/タイヤ:(前)255/35ZR19 96Y/(後)275/35ZR19 100Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)/燃費:13.2km/リッター(JC08モード)/12.2km/リッター(WLTCモード)/価格:835万円


	【BMW Z4 M40iのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4335×1865×1305mm/ホイールベース:2470mm/車重:1570kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340ps(250kW)/5000rpm/最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1600-4500rpm/タイヤ:(前)255/35ZR19 96Y/(後)275/35ZR19 100Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)/燃費:13.2km/リッター(JC08モード)/12.2km/リッター(WLTCモード)/価格:835万円
	拡大

関連キーワード:
Z4, BMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M850i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.12 試乗記 BMWの最上級オープンカーなんて、お金持ちが気軽に乗り回すだけのクルマじゃないか? そんな偏見を吹き飛ばす、完璧と言いたくなるほどの走りを、新しい「M850i xDriveカブリオレ」は味わわせてくれた。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.22 試乗記 BMWのオープントップモデル「Z4」の新型がいよいよ日本に上陸した。今回テストに連れ出したのは、3リッター直6ターボエンジンを搭載したトップグレード「M40i」。箱根のワインディングロードで、その出来栄えをチェックした。
  • BMW Z4 2018.8.24 画像・写真 独BMWは2018年8月23日(現地時間)、米国カリフォルニア州のぺブルビーチ・ゴルフリンクスにおいて、オープン2シーター「Z4」の新型を発表した。その姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 2019.8.5 試乗記 オープントップの「718スパイダー」とクローズドボディーの「718ケイマンGT4」。“ミドシップ・ポルシェ”のトップに君臨する2モデルが新型になって帰ってきた。果たして、その仕上がりは? イギリスからの第一報。
  • BMW Mのフラッグシップオープンモデル ソフトトップ採用の「M8カブリオレ」日本デビュー 2019.7.24 自動車ニュース BMWジャパンは2019年7月24日、ハイパフォーマンスクーペ「M8」をベースとしたオープントップモデル「M8カブリオレ」を発表し、同日に受注を開始した。50km/h以下であれば、走行時も開閉それぞれのアクションが15秒で完了するソフトトップを採用している。
ホームへ戻る