アウディデザインのキーマンに聞いた!
“温故知新”のこだわり4つのポイント

2019.07.10 デイリーコラム

「シングルフレームグリル」の起源は日本人デザイナー

アウディ ジャパンは2019年7月3日、東京都現代美術館でSUV「Q」シリーズのフラッグシップモデルとなる「Q8」を発表した。

アウディにとって「8」は、重要な意味をもつ数字だ。セダンの「A8」にスポーツカーの「R8」、そしてQ8と、トップエンドモデルであることを意味している。そして、昨年発表された新型A8がセダンの、Q8がSUVの、今後のアウディデザインの礎となるものだ。

ここで少しアウディデザインの歴史について振り返ってみる。近年で最もエポックな出来事は2005年に登場した3代目「A6」で初めて採用された「シングルフレームグリル」の誕生だ。ちなみにこのA6のエクステリアデザインを担当したのは、当時独アウディに在籍していた日本人デザイナーの和田 智氏だった。このシングルフレームグリルは、アウディのキーデザインのひとつとして四角い台形から六角形や八角形へと変化しながら現代に受け継がれている。

社長が替われば会社が変わるように、編集長が替われば誌面が変わるように、自動車のデザインが変化するきっかけは、デザイン部門のトップの交代とリンクしている。

このシングルフレームグリルが誕生した当時、アウディのデザイン部門のトップを務めていたのが、自動車デザイン界ではつとに有名なワルター・デ・シルヴァ氏だった。氏はアウディをはじめ、ランボルギーニやセアトのデザインも統括。のちにフォルクスワーゲン(VW)グループ全体のデザイン責任者となった。そののち、2007年にアウディのデザイン部門のトップを引き継いだのが、ヴォルフガング・エッガー氏だ。アルファ・ロメオのチーフデザイナーとして「156」「166」「147」「8Cコンペティツィオーネ」などを手がけたことで知られており、現在は中国BYDのデザインヘッドを務めている。

そして、2014年から現在までアウディのデザインヘッドを務めているのがマーク・リヒテ氏だ。VWでキャリアをスタートし、「ゴルフ」(5、6、7世代)や「パサート」「トゥアレグ」「アルテオン」などのプロダクションモデルを手がけてきた。これらのモデルの姿かたちに鑑みれば現在のアウディにつながるクリーンで先進的なデザインを得意とする人物であることは容易に想像がつくだろう。

2014年11月にリヒテ氏は、アウディのこれからの方向性を示す「アウディ・プロローグ」というコンセプトカーを発表。いまあらためて見てみると、このコンセプトには、新型A8をはじめ「A7」やA6などに用いられたデザインエッセンスが込められていることがわかる。

2019年7月3日に日本導入が発表された「アウディQ8」。
2019年7月3日に日本導入が発表された「アウディQ8」。拡大
現在にまで至るアウディのデザインアイコン「シングルフレームグリル」を初めて採用したのは「A6」だった。
現在にまで至るアウディのデザインアイコン「シングルフレームグリル」を初めて採用したのは「A6」だった。拡大
2014年のロサンゼルスモーターショーでお披露目されたコンセプトカー「アウディ・プロローグ」。
2014年のロサンゼルスモーターショーでお披露目されたコンセプトカー「アウディ・プロローグ」。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 独アウディが新型SUV「Q3スポーツバック」を発表 クーペライクなエクステリアを採用した「Q3」の派生モデル 2019.7.24 自動車ニュース 独アウディは2019年7月24日(現地時間)、コンパクトSUV「アウディQ3スポーツバック」の概要を発表した。2017年7月に発表された2代目「Q3」(日本未導入)の派生モデルで、クーペライクなボディースタイルが特徴となる。
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.31 試乗記 ポルシェファミリーの中で、いま最も売れている「マカン」。モデルライフ半ばのマイナーチェンジで持ち前の商品力はどのように高まったのか? ベーシックな2リッター直4モデルに試乗し、その完成度を確かめた。
  • アウディQ3 2018.7.26 画像・写真 2011年のデビュー以来、初のモデルチェンジが実施された「アウディQ3」。2代目となる新型は従来モデルに比べて、ボディーサイズ、居住空間ともに拡大されている。その姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 2019.8.5 試乗記 オープントップの「718スパイダー」とクローズドボディーの「718ケイマンGT4」。“ミドシップ・ポルシェ”のトップに君臨する2モデルが新型になって帰ってきた。果たして、その仕上がりは? イギリスからの第一報。
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
ホームへ戻る