大規模マイナーチェンジで復権なるか!?
「日産スカイライン」の苦悩、そして前途

2019.07.17 デイリーコラム

販売のピークは1973年

「日産スカイライン」の車名は、クルマの好きな人なら誰でも知っているだろう。日本を代表するスポーツモデルだ。

しかし近年の売れ行きは伸び悩む。2018年(暦年)の登録台数は2576台だから、1カ月平均では215台にとどまった。

スカイラインが最も多く売れたのは1973年で、前年に発売された4代目(通称:ケンメリ)が15万7598台登録されている。2018年の実に61倍だ。この販売実績は、2018年に小型/普通車で最も多く売れた「日産ノート」の13万6324台を上回る。

つまり、スカイラインというクルマのライフサイクルを考えた場合、販売ピークを迎えたのが早かったということになる。ライバル車の多くは1980年代にバブル景気に乗って売れ行きを伸ばしたが、スカイラインの年間販売台数は、6代目(R30型)が売られていた1984年には10万台を下回っていた。

そこで1985年に発売された7代目(R31型)では、ボディーを拡大したが、売れ行きはほとんど伸びなかった。

8代目(R32型)では反対にボディーをコンパクトに抑えたほか、「GT-R」を復活させた。バブル景気もあって1989年には9万台を少し超えた。それでも1992年には、6万台以下まで落ち込んでしまう。

この時期のスカイラインは、フルモデルチェンジのたびにボディーの拡大と縮小を繰り返して無節操に思えたが、開発者は何をやっても回復しない売れ行きに苦悩していた。ほかの車種がバブル景気で売れ行きを伸ばすのに、スカイラインだけは下がっていくのだから、相当なプレッシャーだったに違いない。

バブル経済が崩壊すると、スカイラインの売れ行きはさらに下がった。1993年には9代目(R33型)になって6万3830台に回復したが、1997年には2万台以下にまで落ち込む。10代目(R34型)も1998年には3万台を登録したが、翌年は2万台、さらに2000年は1万3270台と低迷した。

この時期にはメーカーの日産も経営危機に陥り、1999年にルノーと資本提携を結んだ。

以上のようにスカイラインの売れ行きは、ほかの車種をリードするかのように1970年代にピークを迎えたが、1980年代には早くも「トヨタ・マークII/チェイサー/クレスタ」などのライバル車に主役の座を譲っている。この後、ほかのセダンも売れなくなり、チェイサーやクレスタは廃止されて「マークX」も2019年の末に販売を終える。

2019年7月16日に発表された「日産スカイライン」のマイナーチェンジモデル。発売は同年9月の予定。
2019年7月16日に発表された「日産スカイライン」のマイナーチェンジモデル。発売は同年9月の予定。拡大
通称“ケンメリ”こと4代目「スカイライン」。
通称“ケンメリ”こと4代目「スカイライン」。拡大
5代目「スカイライン」は“ジャパン”の愛称で親しまれた。
5代目「スカイライン」は“ジャパン”の愛称で親しまれた。拡大
“ニューマン・スカイライン”と呼ばれた6代目。
“ニューマン・スカイライン”と呼ばれた6代目。拡大
1985年にデビューした7代目「スカイライン」。4輪操舵システムや可動式フロントスポイラーなども採用されていた。
1985年にデビューした7代目「スカイライン」。4輪操舵システムや可動式フロントスポイラーなども採用されていた。拡大
8代目では“ケンメリ”以来となる「GT-R」(写真)が復活した。
8代目では“ケンメリ”以来となる「GT-R」(写真)が復活した。拡大
1993年発売の9代目では全車が3ナンバー登録となった。
1993年発売の9代目では全車が3ナンバー登録となった。拡大
10代目は販売期間1998年~2001年という短命に終わった。
10代目は販売期間1998年~2001年という短命に終わった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.23 試乗記 ついにミドシップの新型が発表された「シボレー・コルベット」。“最後のFR”となることが確定した現行モデルとのドライブを通し、アメリカ伝統のスーパースポーツが革新の道を選んだ理由と、今日に至るコルベットの歴史に思いをはせた。
  • メルセデス・ベンツGLE450 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2019.8.22 試乗記 「プレミアムSUVのパイオニア」とうたわれる「メルセデス・ベンツGLE」がフルモデルチェンジ。車重およそ2.4t、車幅は2mオーバーという3列シートの大型SUVは、日本の道でどんな振る舞いを見せるのか。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.9.3 試乗記 2ドアクーペに続く、メルセデスAMGの独自開発モデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」に公道で試乗。5mを超える大柄なボディーに、最高出力639PSの4リッターV8ツインターボを搭載した高性能4ドアモデルは、どんな走りを見せるのか。その出来栄えを確かめた。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る