独自のカラーリングでそれぞれ違った個性を表現 「アウディQ2」に2タイプの限定車登場

2019.07.17 自動車ニュース
アウディQ2 ♯パッション
アウディQ2 ♯パッション拡大

アウディ ジャパンは2019年7月17日、「Q2」に「♯パッション」および「♯ブラックエレガンス」の2タイプの特別仕様車を設定し、販売を開始した。

「アウディQ2 ♯パッション」のインテリア。
「アウディQ2 ♯パッション」のインテリア。拡大
アウディQ2 ♯ブラックエレガンス
アウディQ2 ♯ブラックエレガンス拡大
「アウディQ2 ♯ブラックエレガンス」のインテリア。
「アウディQ2 ♯ブラックエレガンス」のインテリア。拡大

♯パッションと♯ブラックエレガンスは、Q2の高いデザイン性をさらに強調するとうたう特別仕様車である。いずれもベース車は1リッター直3直噴ターボエンジン(最高出力116ps/最大トルク200Nm)を搭載した「30 TFSIスポーツ」となる。

♯パッションのエクステリアでは、リアエンドピラーのブレードをボディー同色としたほか、グリルやバンパーには黒のアクセントを採用。19インチのアウディスポーツアルミホイールも装備する。

インテリアでは、スポーツシートの座面とシートバック、デコラティブパネルなどに深みのある赤を採用。#パッションの名を余すところなく体現したという鮮烈なアピアランスが特徴だ。

このほか、「ナビゲーションパッケージ」や「アシスタンスパッケージ」「オートマチックテールゲート」「バーチャルコックピット」なども装備する。

一方の♯ブラックエレガンスは、スポーティーな10Yスポークの「グロスブラックポリッシュト19インチアルミホイール(アウディスポーツ)」とマットチタングレーのブレードを採用し、♯パッションとは異なるエクステリアの個性を表現。ナビゲーションパッケージやアシスタンスパッケージなどが備わるのは、♯パッションと同様だ。

ボディーカラーは両モデルとも共通で、「タンゴレッド」「ミトスブラック」「ナノグレー」「グレイシアホワイト」の全4色展開。

価格は♯パッションが462万円(限定300台)で、♯ブラックエレガンスが446万円(同150台)。

(webCG)

関連キーワード:
Q2, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • アウディQ2 35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2019.1.9 試乗記 既存のヒエラルキーの外にあるという、野心的なポジションで誕生した「アウディQ2」も、日本での販売開始から1年半の時が経過した。あらためてステアリングを握り、ワインディングロードに連れ出すと、導入初期のモデルでは気付かなかったものが見えてきた。
  • アウディが「Q2」の仕様を変更、安全装備の設定を拡大 2018.9.20 自動車ニュース アウディがコンパクトSUV「Q2」の仕様を変更。エントリーグレード「30 TFSI」にも自動緊急ブレーキやレイン/ライトセンサーを採用したほか、上位2グレードにはQ2として初めて「S lineパッケージ」を設定した。
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.18 試乗記 個性派シトロエンの中でも変わった見た目の「C3エアクロスSUV」は、どんな味わいのクルマなのか? 高速道路からワインディングロードまで走らせた筆者は、かつて胸をときめかせてくれた、むかしのフランス車を思い出していた。
  • アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.11.9 試乗記 新しくなった「アウディA1スポーツバック」の走りを試すべく本国ドイツへ出向いたところ、そこで待ち受けていたのは“日本未導入”の「40 TFSI」。やや複雑な心持ちで試乗に臨んだのだが、実際には、このグレードこそ新型A1のキャラクターを最もよく表したモデルだった。
ホームへ戻る