三菱eKクロスT(前編)

2019.07.25 谷口信輝の新車試乗 「軽のレベルを超えている」とちまたで評判の、「三菱eKクロス」。ステアリングを握ったレーシングドライバー谷口信輝も、その走りには、想像とは違った“気づき”があったようだ。

意外なほど常識的

今回は、この企画ではずいぶん久しぶりの登場となる軽自動車の、三菱eKクロスを谷口信輝に試乗してもらった。いつもの試乗コースに含まれる急な登り勾配や高速コーナーは、軽自動車のハイト系ワゴンが最も苦手とするセクションのひとつだが、果たして谷口の評価やいかに? 試乗を終えたばかりの谷口に、早速その印象を語ってもらった。
「なにも不満はないですね」

ぶっきらぼうに聞こえるこの言葉も、この企画を愛読いただいている皆さんであればご存じのとおり、かなりの褒め言葉だ。
「いくらターボが付いているとはいえ、排気量660ccの軽自動車でしょ? それに、車高が高くていかにも車重が重そうだし……(試乗車の全高は1660mmで車重は920kg)。だから、遅いは遅いです。でも、それ以外はなにも不満がありません。ギアボックスも、いまどきの軽自動車にそんなにたくさん乗ったことがあるわけではないので正確にはわかりませんが、発進からのつながりもいいですよ。ただし、CVTなので高回転域ではうなり音が聞こえてきて、ちょっと苦しそうというか、少し無理して走っている感じがしますけど、これは仕方ないですよね」

ハイト系軽自動車では重視されるべきポイントでないかもしれないが、念のため、コーナリングの印象も聞いてみた。
「これだけ背の高いクルマにしては、意外とコーナリングも安定していますよ。足まわりも、(ダンピング不足で)ポワンポワンになるわけでもなく、まあ常識的な範囲ですよね。とはいえ、攻めきる気にはなれませんでした。おそらく転倒はしないと思いますが、僕自身がこの種の軽自動車に慣れているわけではないので、少し抑え気味で走りました」

軽自動車と聞くとブレーキに不安を持たれる方もいるのではないか。eKクロスのブレーキも、高性能なヨーロッパ車を見慣れた目からするとずいぶんときゃしゃで、頼りなさそうに思える。
「これもコーナリングと同じで、別になにか問題が起きたわけではないんですが、乗る前にあのブレーキを見ているから、少し控えめにいきました。あんまり使いすぎるとフェードするんじゃないかと心配だったもので。でも、実際にはフェードもしなかったんですけどね」

 
三菱eKクロスT(前編)の画像拡大
 
三菱eKクロスT(前編)の画像拡大
 
三菱eKクロスT(前編)の画像拡大
 
三菱eKクロスT(前編)の画像拡大
 
三菱eKクロスT(前編)の画像拡大

【三菱eKクロスTのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1685mm/ホイールベース:2495mm/車重:950kg/駆動方式:4WD/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:64ps(47kW)/5600rpm/エンジン最大トルク:100Nm(10.2kgm)/2400-4000rpm/モーター最高出力:2.7ps(2.0kW)/1200rpm/モーター最大トルク:40Nm(4.1kgm)/100rpm/タイヤ:(前)165/55R15 75V/(後)165/55R15 75V(ダンロップ・エナセーブEC300)/燃費:22.8km/リッター(JC08モード)/16.8km/リッター(WLTCモード)/価格:176万5800円


【取材時の燃費データ】
テスト距離:253.4km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:24.0リッター(レギュラーガソリン)/参考燃費:10.6km/リッター(満タン法)/12.5km/リッター(車載燃費計計測値) 


	【三菱eKクロスTのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1685mm/ホイールベース:2495mm/車重:950kg/駆動方式:4WD/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:64ps(47kW)/5600rpm/エンジン最大トルク:100Nm(10.2kgm)/2400-4000rpm/モーター最高出力:2.7ps(2.0kW)/1200rpm/モーター最大トルク:40Nm(4.1kgm)/100rpm/タイヤ:(前)165/55R15 75V/(後)165/55R15 75V(ダンロップ・エナセーブEC300)/燃費:22.8km/リッター(JC08モード)/16.8km/リッター(WLTCモード)/価格:176万5800円

	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:253.4km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:24.0リッター(レギュラーガソリン)/参考燃費:10.6km/リッター(満タン法)/12.5km/リッター(車載燃費計計測値) 
	拡大

関連キーワード:
eKクロス, 三菱

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
  • 第38回:三菱eKクロス(後編) 2019.6.26 カーデザイナー明照寺彰の直言 この“顔”はスポーツカーにもよく似合う!? SUV風のデザインが目を引く、三菱の新しい軽乗用車「eKクロス」。迫力満点のフロントマスク「ダイナミックシールド」の特徴とアドバンテージを、現役の自動車デザイナー明照寺彰が語る。
  • 三菱eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.5 試乗記 派手なフロントマスクにばかり目が行きがちだが、「三菱eKクロス」は中身にもそこかしこに配慮の行き届いた、使い勝手のいい軽乗用車だ。気になる走行性能や先進運転支援システムの出来栄えなどをリポートする。
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
ホームへ戻る