クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ポルシェ・マカン(4WD/7AT)

勢いは止まらない 2019.07.31 試乗記 ポルシェファミリーの中で、いま最も売れている「マカン」。モデルライフ半ばのマイナーチェンジで持ち前の商品力はどのように高まったのか? ベーシックな2リッター直4モデルに試乗し、その完成度を確かめた。

SUVという名の救世主

「『カイエン』に乗りてぇ」とはしゃいだプロ野球ルーキー選手の姿が、ネット上で話題になったことがある。ちょっと調べてみると、ウワッ! もう8年も前のことか。光陰矢の如し。それはともかく、そのトピックに接した際、「いまどきの若者は、ポルシェはポルシェでも、「911」じゃなくてカイエンに憧れるのかァ」と、なんだか寂しく感じたものです。

ご存じのように、21世紀のポルシェは、スポーツカーメーカーというより高級SUVメーカーとして経営を立てているから、「ポルシェといえば911」という常識は、“ちょっと古い”クルマ好きの感傷にすぎない。とはいえ、高級SUVの“高級”の部分を担保するのが、伝統を誇るスーパーツアラーたるナインイレブンなのだから、昨今のポルシェSUVの好調ぶりは、911フリークにとっても喜ぶべきニュースだろう。

いまでは信じられないことだけれど、1990年代には、「ポルシェ、倒産か!?」といった観測が、何度も現実味を帯びた。一方で、自動車専門誌には、「ポルシェ復活のカギ」と称して開発中4座モデルの想像イラストが掲載されたものだが、その不格好だったこと! いやァ、5人乗りのポルシェがSUVとして登場してくれて、本当にヨカッタです。

さて、ポルシェ・マカンは、いうまでもなくカイエンの弟分。プレスリリースによると、2013年の東京モーターショーでお披露目されて以来、2017年末までに世界中で31万8000台のマカンを売ったという。ちなみに、2017年に販売されたポルシェ車の総数は、24万6375台。うちマカンは約9万7000台と、カイエン(約6万4000台)を抑えて、堂々の1位を獲得している。この数字は、「718ボクスター/718ケイマン」(約2万5000台)と911(約3万2000台)を合わせたスポーツカーポルシェの合計より多い。お手ごろなミドルクラスSUVは、シュトゥットガルトの経営陣の期待に、みごとに応えたわけだ。

2013年11月に世界初公開されたポルシェのSUV「マカン」。そのマイナーチェンジモデルは、2018年7月の上海モーターショーでデビューした。国内では2019年夏に発売される。


	2013年11月に世界初公開されたポルシェのSUV「マカン」。そのマイナーチェンジモデルは、2018年7月の上海モーターショーでデビューした。国内では2019年夏に発売される。
	拡大
最新の「マカン」では、音声認識機能を持つコネクティビティーシステム「ポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)」が利用できる。
最新の「マカン」では、音声認識機能を持つコネクティビティーシステム「ポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)」が利用できる。拡大
試乗車の前席は、オプションの18Way電動アダプティブスポーツシート(29万2000円)。シートヒーターは別途6万9000円のオプション扱いとなる。
試乗車の前席は、オプションの18Way電動アダプティブスポーツシート(29万2000円)。シートヒーターは別途6万9000円のオプション扱いとなる。拡大

国内ではまず、2リッター直4ターボの「マカン」と3リッターV6ターボの「マカンS」がラインナップされる。さらなる高性能モデルも、今後追加される見込み。


	国内ではまず、2リッター直4ターボの「マカン」と3リッターV6ターボの「マカンS」がラインナップされる。さらなる高性能モデルも、今後追加される見込み。
	拡大

見えるところはさほど変わらず

デビューから6年が経過しても高い人気を誇るモデルだけに、2019年夏に発売されたニューマカンの変更点は少ない。「ポルシェのDNAをより色濃く反映した」とうたわれるエクステリアだが、パッと見、何が違うのかよくわからない。新旧の識別がしやすいのはリアビューで、他のスポーツモデルに倣って、左右のリアランプがLEDライトストリップで横断的につながれた。初期型の「のほほん」とした風情が失われたのが個人的には残念だが、モデルチェンジにあたって、オリジナルのモチーフを先鋭化してクルマの二枚目的要素を強めるのは、カーデザインのいわば常道だから、愚痴をこぼしてもしょうがない。

フロントまわりでは、LEDヘッドランプが標準装備となり、フロントバンパーのエアロ形状がアップデートされた。目立ちにくいが重要なパーツが、グリル中央に配されたカメラレンズである。新型マカンでは、センサーと画像処理能力が向上して、いわゆる運転支援システムが強化された。具体的には、ブレーキアシストや歩行者検知機能を備えたアダプティブクルーズコントロール、渋滞時にストップ&ゴーを自動で繰り返すトラフィックジャムアシスト(オプション)、そしてレーダーとカメラを用いて車線をキープするレーンキープアシスト(オプション)などである。自車をあたかも俯瞰(ふかん)で見下ろしているような映像を提供するサラウンドビュー付きパークアシストも標準装備。これは便利。ポルシェが運転ジマン御用達のクルマだったのは、前世紀のハナシだ。

当面は、2リッター直4ターボ(最高出力252ps、最大トルク370Nm)を積むスタンダードモデルと、3リッターV6ターボ(同354ps、同480Nm)の「マカンS」が用意される。価格は699万円と859万円だ。

試乗したのは、2リッターターボ版。エンジンのダウンサイジングが進む大衆車ブランドでは、いまや2リッターというと「大排気量」だが、ポルシェではラインナップ中の最小排気量である。次世代のマカンではEVバージョンも加わるというが、そうでもしないと、厳しくなるばかりの燃費/CO2排出規制をパスできまい。

左右が独立していたリアコンビランプは、発光式ストリップで連結。水平基調のデザインに改められた。
左右が独立していたリアコンビランプは、発光式ストリップで連結。水平基調のデザインに改められた。拡大
フロントまわり。マイナーチェンジを機に、グリルの開口部が大型化されている。
フロントまわり。マイナーチェンジを機に、グリルの開口部が大型化されている。拡大
他のポルシェ車にも見られる4灯式LEDヘッドランプも最新型の特徴となっている。
他のポルシェ車にも見られる4灯式LEDヘッドランプも最新型の特徴となっている。拡大
従来型からリファインされた2リッター直4ターボエンジン。15psと20Nmアップの最高出力252ps、最大トルク370Nmを発生する。
従来型からリファインされた2リッター直4ターボエンジン。15psと20Nmアップの最高出力252ps、最大トルク370Nmを発生する。拡大
「マカン」の駆動方式は4WDのみ。オプションでエアサスペンションが選択できる。
「マカン」の駆動方式は4WDのみ。オプションでエアサスペンションが選択できる。拡大

説得力ある“しっかり感”

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4695×1923×1624mmと、旧型とほぼ同サイズ。ミドル級とはいえ立派な体格で、全幅のわりに高さを抑えて、ポルシェらしいスポーティーさを演出している。

ドアを開けて車内に入れば、これまでと変わらず、ボタン、スイッチ類がズラリと並んだセンターコンソールが妙な迫力を醸し出す。天井前部でも、ボタンの羅列が反復される。機能性の追求というより、見かけの整理整頓ぶりを極めた、いかにもチュートニックなこだわりで、ある種の異国情緒を感じさせる。ステアリングホイールには、左右にジョグダイヤルが設けられ、ドライブモードの切り替え用ダイヤル(オプション)まで備わる。

また、新型マカンでは、クルマに話しかけることでナビゲーションの目的地設定ができる音声認識機能が追加された。ポルシェに限らず、クルマという存在が新たな過渡期に入っていることを感じさせるのが、ハード、ソフトを問わない、ユーザーインターフェイスの乱立ぶりだ。

2リッターマカンのドライブフィールは、「初めにボディー剛性ありき」の、ポルシェのそれ。モデルを問わずポルシェ車に乗るたび飽きずに感心するのが、目に見えない(当たり前だ!?)ボディーのガッシリ感である。ドアの建て付け、ステアリングホイールやシート、トンネルコンソールのハンドルグリップなどの取り付け剛性の高さが、その印象を補強する。新型マカンは、足まわりのチューンを見直して「よりシャープなハンドリングを実現した」というが、なるほど、これだけ基礎がしっかりしていれば、チューニングのしがいもあろう。

ボディーカラーは写真の「マンバグリーンメタリック」を含む全8色。ドアの下方に装着されるドレスアップパネル「サイドブレード」は、試乗車ではボディーカラー同色(9万4000円のオプション)となっている。
ボディーカラーは写真の「マンバグリーンメタリック」を含む全8色。ドアの下方に装着されるドレスアップパネル「サイドブレード」は、試乗車ではボディーカラー同色(9万4000円のオプション)となっている。拡大
スイッチ類が整然と並んだセンターコンソール。空調に関するものは奥側に、走行性能に関わるものは手前側に配される。
スイッチ類が整然と並んだセンターコンソール。空調に関するものは奥側に、走行性能に関わるものは手前側に配される。拡大
「スポーツクロノパッケージ」を選択した試乗車には、ステアリングホイールのセンター右下に、ダイヤル式の走行モードセレクターが備わる。
「スポーツクロノパッケージ」を選択した試乗車には、ステアリングホイールのセンター右下に、ダイヤル式の走行モードセレクターが備わる。拡大
運転支援システムのグレードアップもマイナーチェンジのトピック。「アダプティブクルーズコントロール」には新たにステアリング支援機能が追加されており、渋滞時に停止と発進を自動的に繰り返す「トラフィックジャムアシスト」も備わる。
運転支援システムのグレードアップもマイナーチェンジのトピック。「アダプティブクルーズコントロール」には新たにステアリング支援機能が追加されており、渋滞時に停止と発進を自動的に繰り返す「トラフィックジャムアシスト」も備わる。拡大

「不満が出ない」のは強み

2リッター(1984cc)直4ターボの最高出力は252ps/6750rpm、最大トルクが370Nm/1600-4500rpm。アウトプットに変更はない。718ボクスターなどに使われる2リッター(1998cc)のフラット4ターボ(同300ps、同380Nm)と比較すると、パワーは抑えられるが、トルクに遜色はない。直4エンジンが動かすマカンの車重は2390kg(車検証記載値)と重めなので、「バカっ速!」ということはないが、不足のない、扱いやすい速さだ。

デュアルクラッチ式の7段ATはまったくスムーズで、普通に走っていると、エンジンをいくらも回さないうちに粛々とギアを上げていく。あえてガスペダルを踏み込むと、タコメーターの針が4000rpmを超える辺りからようやくエンジンが歌い始める。逆に言うと、そうでもしないとエンジンの存在を意識することがない。走行中も静かなマカンの室内である。

せっかくなので、スタッフに運転してもらってリアシートに座ってみると、これまた乗り心地がいい。シートクッションの高さは適正で、ブッ太いトンネルがセンターを縦断するものの、左右の席では、足元、頭まわりとも余裕がある。走行中は路面からの入力がよく遮断され、後ろに座っていても乗り心地がいい。実用的な後席は、ファミリーユースのためにも重要ポイント。マカン人気の一端に触れた気がする。

ポルシェ・マカンは、都市部、市街地では少々大きいきらいはあるけれど、走らせても、乗せてもらっても、快適。室内の広さや荷室の使い勝手にも不満はない。総じて、よく練られたミドル級SUVだ。これだけ完成度の高いクルマだから、“ちょっと古い”クルマ好きとしては、「車高をグッと落としてパナメーラの弟分をつくってもいいのでは?」などと夢想するが、商売上手なポルシェのこと、すでに検討済みでしょう。

そうそう、冒頭に挙げた野球選手は、後にタニマチ筋からカイエンならぬマカンを日常のアシとして提供されたとか。彼の愛車がそれからどうなったのか。寡聞にして知らない。

(文=青木禎之/写真=宮門秀行/編集=関 顕也)

オプションの「ポルシェアクティブサスペンションマネージメント」装着車では、路面状況やドライビングスタイルに応じて各ダンパーの減衰力が無段階に調整される。
オプションの「ポルシェアクティブサスペンションマネージメント」装着車では、路面状況やドライビングスタイルに応じて各ダンパーの減衰力が無段階に調整される。拡大
メーターパネルは3連式。右端はさまざまな車両情報が表示可能な液晶画面になっている。
メーターパネルは3連式。右端はさまざまな車両情報が表示可能な液晶画面になっている。拡大
後席の中央の背もたれは、左右席用のカップホルダー付きアームレストを兼ねる。
後席の中央の背もたれは、左右席用のカップホルダー付きアームレストを兼ねる。拡大
5人乗車時の荷室の様子。積載した荷物を安定させられる、調節式のバーも備わる。
5人乗車時の荷室の様子。積載した荷物を安定させられる、調節式のバーも備わる。拡大
今回の試乗では、190kmほどの距離を走行。燃費は満タン法で8.7km/リッター、車載の燃費計で8.3km/リッターを記録した。
今回の試乗では、190kmほどの距離を走行。燃費は満タン法で8.7km/リッター、車載の燃費計で8.3km/リッターを記録した。拡大

テスト車のデータ

ポルシェ・マカン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4696×1923×1624mm
ホイールベース:2807mm
車重:1870kg(DIN)
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:252ps(185kW)/5000-6750rpm
最大トルク:370Nm(35.7kgm)/1600-4500rpm
タイヤ:(前)235/55R19 101Y/(後)255/50R19 103Y(ミシュラン・ラティチュードスポーツ3)
燃費:8.1リッター/100km(12.3km/リッター、欧州複合モード)
価格:699万円/テスト車=996万6000円
オプション装備:ボディーカラー<マンバグリーンメタリック>(15万6000円)/インテリアカラー<ナチュラルレザーインテリア エスプレッソ>(72万円)/プライバシーガラス(7万7000円)/スポーツデザインドアミラー(7万6000円)/ペイントリアセンターエプロン(7万2000円)/サイドブレード<エクステリアカラー同色>(9万4000円)/エクステリアパッケージ(3万4000円)/ポルシェアクティブサスペンションマネージメント<PASM>(18万9000円)/スポーツテールパイプ<ブラック>(12万7000円)/スポーツクロノパッケージ<モードスイッチ含む>(18万6000円)/パワーステアリングプラス(4万3000円)/19インチ マカンデザインホイール(30万4000円)/カラークレストホイールセンターキャップ(2万7000円)/LEDマトリクスヘッドライト ブラック<PDLS Plus含む>(24万6000円)/トラフィックジャムアシスト付きアダプティブクルーズコントロール(11万5000円)/18Way電動アダプティブスポーツシート<前席>(29万2000円)/シートヒーター<前席>(6万9000円)/フロアマット(2万円)/ロードスペースマネージメントシステム(5万3000円)/ブラッシュアルミニウムインテリアパッケージ(7万6000円)

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:4360km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:190.4km
使用燃料:22.0リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:8.7km/リッター(満タン法)/8.3km/リッター(車載燃費計計測値)

ポルシェ・マカン
ポルシェ・マカン拡大
試乗車のホイールは、19インチの「マカンデザインホイール」(オプション)。標準のサイズは18インチとなっている。
試乗車のホイールは、19インチの「マカンデザインホイール」(オプション)。標準のサイズは18インチとなっている。拡大
10.9インチのタッチスクリーン。隣接するエアコン吹き出し口は縦長から横長のデザインに変更された。
10.9インチのタッチスクリーン。隣接するエアコン吹き出し口は縦長から横長のデザインに変更された。拡大
センターコンソールの後端には、後席用の独立式エアコンスイッチとUSBソケットが用意される。
センターコンソールの後端には、後席用の独立式エアコンスイッチとUSBソケットが用意される。拡大
前席アームレストの下にある小物入れにもUSBソケットが備わる。写真は、左側が車両前方である。
前席アームレストの下にある小物入れにもUSBソケットが備わる。写真は、左側が車両前方である。拡大
40:20:40分割可倒式の後席をたたみ、積載スペースを最大化した状態の荷室。スクエアな空間が広がる。
40:20:40分割可倒式の後席をたたみ、積載スペースを最大化した状態の荷室。スクエアな空間が広がる。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ポルシェ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。