BMW Mのフラッグシップオープンモデル ソフトトップ採用の「M8カブリオレ」日本デビュー

2019.07.24 自動車ニュース
BMW M8カブリオレ コンペティション
BMW M8カブリオレ コンペティション拡大

BMWジャパンは2019年7月24日、「BMW Mモデル」のフラッグシップクーペ「M8」をベースとしたオープントップモデル「M8カブリオレ」を発表し、同日に受注を開始した。

オープン/クローズそれぞれの動作は15秒で完了する。
オープン/クローズそれぞれの動作は15秒で完了する。拡大
高品質なファブリックで仕立てた、多層式の電動ソフトトップを採用。
高品質なファブリックで仕立てた、多層式の電動ソフトトップを採用。拡大
走行中でも50km/h以下であればトップの開閉が可能だ。
走行中でも50km/h以下であればトップの開閉が可能だ。拡大
トップの開閉に関わらず、350リッターの荷室容量を確保している。
トップの開閉に関わらず、350リッターの荷室容量を確保している。拡大

ルーフは、高品質なファブリックを採用した多層式の電動ソフトトップ。「閉めた時にはくっきりと段差のあるノッチドクーペのスタイル」となり、いっぽう「ルーフを開けソフトトップが収納された状態では印象的な曲線がキャビンを囲み、ダイナミックに伸びるボディーサイドのラインと美しいインテリアの調和が強調される」と、BMWは同車の特徴をアピールしている。

ソフトトップは、50km/h以下であれば、走行中でも開閉が可能。オープン/クローズそれぞれの動作は15秒で完了するという。トップの開閉状況に関わらず、350リッターの荷室容量を確保している。

パワーユニットは、クーペモデルと同様にBMW M社が開発を手がけた4.4リッターV8ツインターボエンジン。最高出力600ps/6000rpm、最大トルク750Nm/1800-5600rpmとなる「M8カブリオレ」と、最高出力を625psにまで高めた「M8カブリオレ コンペティション」の2グレードをラインナップしている。ともに後輪駆動を主とした四輪駆動システム「M xDrive」と、ドライブロジック付き8段AT「Mステップトロニック」が組み合わされている。

価格は以下の通り(消費税を10%とした場合)。

  • M8カブリオレ:2338万円
  • M8カブリオレ コンペティション:2541万円

左/右ハンドル仕様をラインナップし、納車は2019年12月以降に順次行われる予定。

(webCG)

関連キーワード:
8シリーズ クーペ, 8シリーズ カブリオレ, BMW, 自動車ニュース

BMW 8シリーズ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.29 試乗記 踏めば速いことは間違いないが、この「BMW M850i xDriveクーペ」にそうした乗り方はふさわしくない。真に味わうべきはスピードではなく、あふれ出るパワーと最新のテクノロジーがもたらす、ゆるりとした贅沢(ぜいたく)なひとときではないだろうか。
  • 第142回:タントカスタムで辰巳へGO! 2019.9.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第142回は「タントカスタムで辰巳へGO!」。カーマニアの聖地で、軽トールワゴンはどう見えるのか!? スーパーカーを愛する筆者が抱いた、ある思いとは? 新型「タント」のプチ試乗リポートとともにお送りする。
  • メルセデス・ベンツCクラスが一部仕様変更 PHVや特別仕様車もラインナップ 2019.9.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年9月2日、「Cクラス」のモデルラインナップおよび一部仕様の変更を発表した。PHVの「C350eアバンギャルド」や特別仕様車「ローレウスエディション」も追加設定されている。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • 第141回:アロワナが泳ぐ中古車店 2019.9.3 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第141回は「アロワナが泳ぐ中古車店」。“エリート特急”こと愛車の「BMW 320d」の車検で訪れた激安中古車店で、巨大なアロワナに遭遇。なぜ中古車店では大型観賞魚が飼われているのか? そのナゾに迫る!
ホームへ戻る