重さは決して悪ではない

――開発において、走りについてのイメージはありましたか? 例えば、既存のSUV「GLC」などと同じテイストを念頭に開発されたのでしょうか?

ケルツ:EQCでは、(GLCに限らず、前述の)典型的なメルセデスらしいドライブフィーリングを実現しています。それはEVのEQCであっても変わりません。快適さについては最高レベルのものが得られるようにしていますし、スポーティーな走行感覚を望まれる向きにも、(モーター駆動の)EQCは適したクルマといえます。

――EVならではの開発の難しさはあったでしょうか?

ケルツ:EVは内燃機関のクルマに比べてアクセルに対する反応が速い、という点が挙げられますね。EQCは4WD車ですが、トルクをいかに制御するかは重要でした。これを繊細に制御できる独自のトルクマネジメントシステムを導入しています。

――EQCが搭載するバッテリーの重量は600kgもありますね。それだけの重量物を常に運んでいるという事実を考えますと、あまりエフィシエント(効率的)でないような気もするのですが……?

ケルツ:(600kgの電池が)重いのは事実です。ただ、その重さをカバーできる2つの側面があります。ひとつは、EQCには車重に対して効率的に電力を回収できる独自のシステムが採用されているということ。もうひとつは安全性です。特に側方からの衝突に対しては、バッテリーが(保護メンバーになるので)重要な役割を果たします。それに、快適性の面でも、重いクルマのほうが乗り心地はよくなりますね(笑)。

――今後、EVの最高峰レースであるフォーミュラEに参戦することも決まっていますが、これはEQCを含む市販EVの開発に関わってくるのでしょうか?

ケルツ:今回のEQCについては、タイミング的に、フォーミュラEとのコネクションは強くはありません。しかしこれから開発するEVについては、レースとのつながりは確実に強くなっていくはずです。

「EQC」の発表会で、車両の概要を説明するケルツ氏。開発におけるEVならではの難しさとして「駆動トルクのマネジメント」を挙げた。
「EQC」の発表会で、車両の概要を説明するケルツ氏。開発におけるEVならではの難しさとして「駆動トルクのマネジメント」を挙げた。拡大
ボディーサイズは「EQC400 4MATIC」で全長×全幅×全高=4761×1884×1623mm。車重は2495kgと公表される(いずれも海外仕様車の参考値)。
ボディーサイズは「EQC400 4MATIC」で全長×全幅×全高=4761×1884×1623mm。車重は2495kgと公表される(いずれも海外仕様車の参考値)。拡大
「EQC400 4MATIC」のアルミホイール。ブルーの差し色が印象的。
「EQC400 4MATIC」のアルミホイール。ブルーの差し色が印象的。拡大
ステアリングホイールは、他のメルセデス・ベンツ車にも見られる形状。鮮やかなイルミネーションが目を引く。
ステアリングホイールは、他のメルセデス・ベンツ車にも見られる形状。鮮やかなイルミネーションが目を引く。拡大
ダッシュボード上の液晶モニター。「EQC」には、「EQオンラインナビゲーション」や「出発時刻・プリエントリークライメートコントロール設定」など、専用のテレマティクスサービスが多数用意される。
ダッシュボード上の液晶モニター。「EQC」には、「EQオンラインナビゲーション」や「出発時刻・プリエントリークライメートコントロール設定」など、専用のテレマティクスサービスが多数用意される。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る