あえて“カニバリ”で隙間を埋めるモデル戦略

実は国内で販売されるCクラスとEクラスでは7割、「Sクラス」に至っては9割をセダンが占めるという。またグローバルでみても、セダン市場は活況だ。そもそもAクラス セダンは、アメリカや中国市場を見据えての商品企画でもあり、中国市場ではロングバージョンも用意されている。

一方で国内ではすでにコンパクトなセダンとしては「CLA」があり、Cクラスもある。CクラスとAクラス セダンを比較すると、全長で140mm、全幅で15mm、ホイールベースで110mmほど後者がコンパクトなサイズになるが、全高は20mm高く、FFレイアウトであることも手伝って室内空間の広さはCクラスにも遜色ないものだ。このあたりのカニバリゼーションについてはどう考えているのか尋ねてみた。

「もちろんまったくないとは思っていません。まずCLAは、われわれは4ドアクーペと呼んでいますが、お客さまの多くにそのデザインで選んでいただいています。ある意味ではメルセデスのヒエラルキーに属していないモデルといえるかもしれません。そして、Aクラス セダンとCクラスとではサイズも、駆動方式も、価格も異なります。Cクラスではやはり300万円台の価格は実現できません。エントリーの『C180』が455万円です。Aクラス セダンではエントリーモデルの『A180』が344万円と、300万円台がエントリーのポジションになっています。最上位の『A250 4MATIC』が476万円なんですが、ちょうどここがCクラスのエントリーと重なる価格帯になっています」

あいた隙間をきっちりと埋めていく、実に周到に計算されたモデル戦略というわけだ。顧客層の若返りを図るため、メルセデスは先代Aクラスから、「MFA1」プラットフォームをもとにNGCC(New Generation Compact Cars)という派生車戦略をとった。Aクラスのほか「Bクラス」や「GLA」、そしてCLAといったモデルを展開し、世界的にヒットした。日本でもこの戦略が功を奏し、2015年にそれまで長年にわたってトップをキープしていたフォルクスワーゲンを抜いて、輸入車登録台数No.1となり、現在まで4年連続で、日本で一番売れている輸入車ブランドになった。その戦略が正しかったことの表れだろう。

「Aクラス セダン」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4549×1796×1446mmで、ホイールベースは2729mm(欧州仕様参考値)。フットプリントは「Cクラス セダン」よりもひと回りコンパクトだが、全高は20mm高い。
「Aクラス セダン」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4549×1796×1446mmで、ホイールベースは2729mm(欧州仕様参考値)。フットプリントは「Cクラス セダン」よりもひと回りコンパクトだが、全高は20mm高い。拡大
メルセデス・ベンツ Aクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATICシューティングブレーク(4WD/7AT)【試乗記】 2020.5.18 試乗記 クーペライクなスタイリングを身上とするメルセデス・ベンツのコンパクトワゴン「CLAシューティングブレーク」が、2代目にモデルチェンジ。気の利いたデザインとワゴンならではの機能性を併せ持つこのモデルの魅力を、ひとことで表すと……?
  • メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.14 試乗記 “クラス最強”をうたう、最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積んだハイパフォーマンス4ドアクーペ「メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+」に試乗。高速道路とワインディングロードでその走りを味わった筆者は、深く感銘を受けたのだった。
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
  • メルセデス・ベンツCLA/CLAシューティングブレーク 2019.8.27 画像・写真 FFのプラットフォームを用いた4ドアクーペ「メルセデス・ベンツCLA」と、ワゴンボディーの「CLAシューティングブレーク」が2代目にフルモデルチェンジ。ボディーサイズの拡大により、より流麗なスタイリングとなった新型の姿を写真で紹介する。
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
ホームへ戻る