第616回:「オートザム・レビュー」に初代「フィアット・パンダ」……
“ナポレオンの島”に残るクルマたち

2019.08.09 マッキナ あらモーダ!

英雄追放の地

エルバ島は、ナポレオンがモスクワ遠征失敗や解放戦争敗戦で退位後、1814年に追放された地として有名だ。彼はそのわずか10カ月後に島を脱出。ウィーン会議に集まったメンバーたちを震撼(しんかん)させる。

島の面積223.5平方kmは、日本でいえば横浜市(437.4平方km)の2分の1強である。

わが家のあるシエナから行くには、まず1時間半ほどかけてティレニア海に面したピオンビーノ港まで行く。参考までにピオンビーノは、名デザイナー、フランコ・スカリオーネが晩年に隠遁(いんとん)生活を送った村にも近い。

そこからエルバ島までは、約1時間のフェリー旅だ。夏の間は波も穏やかである。運賃は季節や混雑度によって変動するのであくまでも目安だが、筆者と女房+全長4m以下のクルマで、往路が65.33ユーロ、復路が66.55ユーロだった。円に換算すると、いずれも8000円弱といったところだ。

今回は、先日訪れたそのエルバ島で見かけたクルマたちを、写真とともに紹介してゆこう。

エルバ島で。島内の東側、ポルト・アッズーロは、湾に面した人口約3600人の村である。
エルバ島で。島内の東側、ポルト・アッズーロは、湾に面した人口約3600人の村である。拡大
本土と島とを結ぶフェリーの船内。アームレスト収納式テーブルや機内エンターテインメント用ボタン(作動せず)からして、ひと昔前の旅客機のビジネスクラスシートを再利用していると思われる。
本土と島とを結ぶフェリーの船内。アームレスト収納式テーブルや機内エンターテインメント用ボタン(作動せず)からして、ひと昔前の旅客機のビジネスクラスシートを再利用していると思われる。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
  • スズキ・ジムニーシエラ(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.4 試乗記 2018年7月の登場以来、各方面で好評を博す新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。しかしいざ買うとなると、何を基準に、どんな仕様を選べばいいのか? すっかり新型が気に入ったというサトータケシが、ジムニーシエラの試乗を通して持論を開陳した。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • スズキ・ジムニー/メルセデス・ベンツGクラス(後編)【試乗記】 2019.7.18 試乗記 誕生以来、オフロード第一の姿勢を守り続ける「スズキ・ジムニー」と「メルセデス・ベンツGクラス」。より快適なクルマが存在する今日においても、ファンに厚く支持される両モデルの試乗を通し、今も昔も変わらない“愛され続けるクルマ”の条件について考えた。
ホームへ戻る