レッドブル・ホンダの快進撃に次世代チャンピオン候補の台頭!
2019年のF1が王者独走になっても最高におもしろいわけ

2019.08.09 デイリーコラム

フェルスタッペンが移籍? レッドブル・ホンダ初優勝の裏側

全21戦が組まれている2019年のF1は、先のハンガリーGPを終えてサマーブレイクに突入。前半の12戦を振り返れば、2014年から頂点に君臨するターボハイブリッド時代の王者、メルセデスが開幕から8連勝し、そのエースであるルイス・ハミルトンは4連勝を含む8勝を記録。それぞれのチャンピオンシップでライバルを大きく引き離してシーズンを折り返した。

しかし、王者が独走しているからといって、今年のF1が既に“終わっている”わけではない。むしろ、これだけ中身の詰まったシーズンもなかなかないのではないか、というほどの充実ぶりである。前半戦の最大のトピックは、第9戦オーストリアGP、第11戦ドイツGPと優勝、第12戦ハンガリーGPではポールポジションを記録するなど健闘を続けているレッドブル・ホンダ&マックス・フェルスタッペンだろう。

例年、開幕からのスタートダッシュが決められないでいたレッドブルは、今季もメルセデス、フェラーリに次ぐ“3強の3番手”としてシーズンに突入。今年はフロントウイング周辺のレギュレーションが変わり、いわゆる「アウトウォッシュ効果(前輪で生じた乱流をフロントウイングで側面に逃す)」が抑制された影響で、定評のあった空力面でバランスを崩してしまった。

シーズン当初から優勝を狙っていた第6戦モナコGPでは、トップのハミルトンにフェルスタッペンが猛追を仕掛けるも、ピットでの危険なリリースでペナルティーを受け2位から4位に転落。第8戦フランスGPでも、メルセデス、フェラーリに力及ばず4位に沈んだ。この時点でレッドブルは、ランキング首位メルセデスから201点、2位フェラーリからは61点も離された。

こうした苦しい戦況に「フェルスタッペンの離脱」といううわさまで流れた。フェルスタッペンとレッドブルの契約は2020年までとなるが、そこにはパフォーマンスが一定以上に達しなかった場合の解約条項があると見られており、メディアが伝えるところによれば「ハンガリーGPまでにドライバーズチャンピオンシップ3位以内にいなければ、フェルスタッペンに移籍の自由を認める」という内容。フランスGP時点でフェルスタッペンはランキング4位。この報道が本当ならば、チーム側も大いに気をもんでいたことだろう。

そんな旗色が悪い中で迎えたのが、チームの地元での開催となるオーストリアGP。昨年劇的勝利を挙げたフェルスタッペンが、今年も大暴れすることとなった。

2019年シーズンの前半12戦で8勝を記録したメルセデスのルイス・ハミルトン(写真)。集めたポイントは250点。ランキング2位のバルテリ・ボッタスに2勝分以上となる62点もの差をつけ、チャンピオンシップ首位を独走中。自身6度目のタイトルに向けて突き進んでいる。(Photo=Mercedes)
2019年シーズンの前半12戦で8勝を記録したメルセデスのルイス・ハミルトン(写真)。集めたポイントは250点。ランキング2位のバルテリ・ボッタスに2勝分以上となる62点もの差をつけ、チャンピオンシップ首位を独走中。自身6度目のタイトルに向けて突き進んでいる。(Photo=Mercedes)拡大
ドライバーズチャンピオンシップ上位6人のポイントの推移。首位独走中のハミルトンだが、第4戦アゼルバイジャンGPまではバルテリ・ボッタスと接戦だったことが分かる。シーズンが進むにつれ、2位で足踏みしていたボッタスに3位マックス・フェルスタッペンが接近。その間、フェラーリ勢は徐々に後れを取ってしまった。3強チームの6人目、ピエール・ガスリーの苦戦ぶりもうかがえる。
ドライバーズチャンピオンシップ上位6人のポイントの推移。首位独走中のハミルトンだが、第4戦アゼルバイジャンGPまではバルテリ・ボッタスと接戦だったことが分かる。シーズンが進むにつれ、2位で足踏みしていたボッタスに3位マックス・フェルスタッペンが接近。その間、フェラーリ勢は徐々に後れを取ってしまった。3強チームの6人目、ピエール・ガスリーの苦戦ぶりもうかがえる。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事