「スープラ」に「マツダ3」「ポルシェ911」……
河村康彦が2019年上期の注目モデルを斬る

2019.08.14 デイリーコラム

昔は「エンジン=メーカーの魂」だったのに……

令和元年も早くも後半に突入。そんなタイミングで今年を軽く振り返ってみると、すでに7月までの段階でも、それなりに多くの注目モデルが日本デビューを果たしていたことに気がつく。

中でも筆頭に挙げられるのは、やはりトヨタとBMWという“ビッグカップル”によるジョイントベンチャーが生んだ、新型「スープラ」だったのではないだろうか。

「この部分はトヨタの完全オリジナル」と伝えられる何とも複雑なスタイリングは、大いに評価が分かれそうな仕上がり。が、思い起こせば(実は個人的にも一時期はオーナーであった!)80型と呼ばれる、昨今なぜか再び人気が沸騰中という旧型のルックスも、なかなかに複雑な仕上がりだった。端的に言えば、素直にスタイリッシュとは評しかねるエクステリアの造形というのは、実はスープラのDNAのひとつなのかもしれない。

ちなみに、そんな新型の走りは、6気筒モデルも4気筒モデルも、ビックリするくらいゴキゲンなものだった。もっとも、そのテイストが“BMW臭”を強く感じさせるものであったことも事実。中でも、「ポルシェ718ボクスター/ケイマン」の4気筒ユニットを圧倒する、6気筒ユニットが放つ官能的なテイストには、特にそれが色濃かった。「今の時代に出せたのは、コラボが実現したからこそ」と言われてしまえばそれまでなのだが、スポーツカーの重要な要素のひとつはその動力性能。だから、この部分には“自身の魂”を込めてほしいと、どうしても思ってしまう。

BMWとの共同開発によって誕生した、新型「トヨタ・スープラ」。
BMWとの共同開発によって誕生した、新型「トヨタ・スープラ」。拡大
直列6気筒ならではのスムーズな回転フィールが印象的な、BMW製の3リッター直6ターボエンジン。(写真=郡大二郎)
直列6気筒ならではのスムーズな回転フィールが印象的な、BMW製の3リッター直6ターボエンジン。(写真=郡大二郎)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事