第140回:決着! 失敗続きのタイヤ選び

2019.08.20 カーマニア人間国宝への道

ミシュランの“全額返金”は本当か!?

愛車のタイヤ選びで大失敗! という話を、小出しで延々と書かせていただいております。

「BMW 320d」のタイヤを、純正の「ポテンザS001ランフラット」から「ミシュラン・プライマシー3ランフラット」に交換したところ、ふにゃふにゃの寒天ゼリーみたいなフィーリングで真っすぐすら走らなくなっちゃった! でも、同じ銘柄を履く「メルセデス・ベンツE200カブリオレ」はまったくそんなことはなく、結局原因は謎のまま! というところまで進みました。

で、その後どうしたかというと、実は寒天ゼリーショックに見舞われた当日、「ミシュランは気に入らなければ全額返金してくれるみたいですよ」という情報を得ました。

調べてみると確かにその通り。“性能にご満足いただけなければ全額返金”と銘打った、ミシュランの『全額返金保証プログラム』というステキなシステムが存在したのです!

これはもう早速申し込もう! と、タイヤを交換した3日後に早速ネットで手続き完了。メールの返信を待ちましたが、これがなかなか来ない。どーなってんだ! と思った約1カ月後にようやく返信が到着。同じサイズ&種類(つまりランフラット)の他銘柄タイヤに履き替えて、外したミシュランタイヤを送り返せば、後日全額返金してくれるとの由でした。

「BMW 320d」のタイヤを「ブリヂストン・ポテンザS001ランフラット」から「ミシュラン・プライマシー3ランフラット」に交換後、乗り心地がふにゃふにゃになってしまっていた。(写真=池之平昌信)
「BMW 320d」のタイヤを「ブリヂストン・ポテンザS001ランフラット」から「ミシュラン・プライマシー3ランフラット」に交換後、乗り心地がふにゃふにゃになってしまっていた。(写真=池之平昌信)拡大
「ミシュラン・プライマシー3ランフラット」を装着する「メルセデス・ベンツE200カブリオレ」では、「320d」で感じられたふにゃふにゃ感はなかった。
「ミシュラン・プライマシー3ランフラット」を装着する「メルセデス・ベンツE200カブリオレ」では、「320d」で感じられたふにゃふにゃ感はなかった。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.9.3 試乗記 2ドアクーペに続く、メルセデスAMGの独自開発モデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」に公道で試乗。5mを超える大柄なボディーに、最高出力639PSの4リッターV8ツインターボを搭載した高性能4ドアモデルは、どんな走りを見せるのか。その出来栄えを確かめた。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
  • 「トヨタ・カローラ」の新型セダン/ワゴンがデビュー 先行発売のハッチバックも仕様変更 2019.9.17 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年9月17日、セダン「カローラ」の新型と、そのワゴンモデル「カローラ ツーリング」を発表。ハッチバック「カローラ スポーツ」にも一部改良を施し、3車種とも同日に発売した。
ホームへ戻る