クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデス・ベンツGLE450 4MATICスポーツ(4WD/9AT)

スマートな巨漢 2019.08.22 試乗記 「プレミアムSUVのパイオニア」とうたわれる「メルセデス・ベンツGLE」がフルモデルチェンジ。車重およそ2.4t、車幅は2mオーバーという3列シートの大型SUVは、日本の道でどんな振る舞いを見せるのか。

土台からリニューアル

「会社の立体駐車場は比較的大型のクルマにも対応しているのですが、それでも入らなくて……」と『webCG』スタッフ。その言葉通り、「GLE450 4MATICスポーツ」は、広いエレベーターホールに設置された平場の駐車場に置かれていた。

デカい。正面から見ると、ボディー下半身が横に膨らんだアンコ型の巨体だ。メルセデスのSUVにはさらに大きな「GLS」がラインナップされていて、それと比較してみると全長こそ20cmばかり短い4940mmだが、全幅はGLSより広い2020mm。堂々の2m超えである。全高は7cmほど低い1780mm。路上に出れば、バスやトラックなどさらに大きな自動車も走っているけれど、パーソナルな乗り物としては、GLEはギリギリの大きさだろう。

2019年6月19日、2代目となる新型GLEの注文受け付けが開始された。まずは3リッター直6ターボと簡易ハイブリッドたるISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を組み合わせたGLE450 4MATICスポーツ、同年8月以降に3リッター直6ディーゼルターボ搭載の「GLE400d 4MATICスポーツ」、続いて同年11月以降に2リッター直4ディーゼルターボを積んだ「GLE300d 4MATIC」が導入される。価格は、1132万円、1089万円(いずれも消費税8%)、940万円(消費税10%)となる。

ご存じのように、メルセデスは同社のSUVラインナップを「GLクラス」と称し、ポジショニングに合わせてA、C、E、Sといったアルファベットを添えている。GLEは「Eクラス」ファミリーにあたるわけだが、コンパクトSUVの「GLA」や「GLC」と異なり、GLEには専用シャシーが与えられた。Eクラスが乗用車(FR)向けのMRAプラットフォームを使っているのに対し、GLEはMHAストラクチャーを採用。これは、より大型のSUV/クロスオーバーモデルに対応し、かつ軽量化を図ったプラットフォームである。先代にあたる初代GLEが、実質的には旧「MLクラス」のビッグマイナーチェンジ版で、いまや懐かしいダイムラー・クライスラー時代の影を引きずっていたことを思うと、ニューGLEは、ようやく土台からリフレッシュされ新しくなったわけだ。

2018年9月のパリモーターショーでデビューした新型「メルセデス・ベンツGLE」。国内では2019年6月に注文受け付けが始められ、同年8月にデリバリーがスタートした。


	2018年9月のパリモーターショーでデビューした新型「メルセデス・ベンツGLE」。国内では2019年6月に注文受け付けが始められ、同年8月にデリバリーがスタートした。
	拡大
“ダイヤモンドグリル”が特徴的な「GLE450 4MATICスポーツ」のフロントまわり。真一文字のルーバーやバンパー下端のフィンなどでスポーティーさが表現されている。
“ダイヤモンドグリル”が特徴的な「GLE450 4MATICスポーツ」のフロントまわり。真一文字のルーバーやバンパー下端のフィンなどでスポーティーさが表現されている。拡大
レザーとウッドで構成されるインテリア。水平基調のデザインで横方向の広さが強調される。
レザーとウッドで構成されるインテリア。水平基調のデザインで横方向の広さが強調される。拡大
下端がフラットな形状のステアリングホイール。日本仕様車のハンドル位置は右のみとなる。
下端がフラットな形状のステアリングホイール。日本仕様車のハンドル位置は右のみとなる。拡大
背もたれの中央部にナッパレザーがおごられる本革シート。シートカラーは写真のブラックのほか、ブラックとホワイトのコンビも用意される。
背もたれの中央部にナッパレザーがおごられる本革シート。シートカラーは写真のブラックのほか、ブラックとホワイトのコンビも用意される。拡大

“変わった感”のある室内

新型GLE最大の特徴は、3列シートの7人乗りになったこと。ホイールベースは、80mm延ばされて2995mmになった。先代比で全長が125mm長くなっただけでなく、やや細かいことだが、Aピラーが起こされてキャビン空間の拡大が図られている。この手のSUVは床が高いから、「ヨッコイショ」と乗り込む際、ともするとピラーに頭をブツけそうになる。歓迎すべき変更点だ。

全体にモダナイズされた外観以上に“フルモデルチェンジ”の恩恵を実感させるのが、インテリアである。

メルセデス車ですっかりおなじみになった横に広いディスプレイ(12.3インチワイドディスプレイ+12.3インチコックピットディスプレイ)が未来的なイメージを発散させる一方、伝統的なウォルナットパネル(無償オプション)が落ち着いた雰囲気を醸し出す。最近のメルセデスは、こうした新旧のミックスが実に巧み。ブルメスターのスピーカーをはじめ、各種スイッチ、レバー類に用いられるホワイトシルバーのパーツ類も品よくぜいたくで、顧客の嗜好(しこう)をしっかりつかんでいる。

新型は先進技術にも積極的で、「ハイ、メルセデス!」と呼びかけることでエアコンやナビゲーションなど、各種設定の手助けしてくれるMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)機能を標準装備。各種運転支援システムも搭載される。

横長のディスプレイは、12.3インチのワイドディスプレイ(写真手前側)と同じサイズのコックピットディスプレイ(同奥)を連結させたもの。
横長のディスプレイは、12.3インチのワイドディスプレイ(写真手前側)と同じサイズのコックピットディスプレイ(同奥)を連結させたもの。拡大

グラブハンドル付きのセンターコンソール。鮮やかなイルミネーションも目を引く。


	グラブハンドル付きのセンターコンソール。鮮やかなイルミネーションも目を引く。
	拡大
前席用カップホルダーは温冷機能付き。その前方にある小物入れスペースでは、Qi(チー)規格のスマートフォンを置くだけで充電できる。
前席用カップホルダーは温冷機能付き。その前方にある小物入れスペースでは、Qi(チー)規格のスマートフォンを置くだけで充電できる。拡大
前後ドアの下部には、乗降性を向上させるステップが装着されている。
前後ドアの下部には、乗降性を向上させるステップが装着されている。拡大

取り回しは意外に楽

フロントには最高出力367PSを誇るストレート6の直噴ターボが収まる。シルキーで心躍るエンジンフィールというよりは、電気モーターとの協業による、高級SUVにふさわしい静粛性を優先したパワーソースである。わずか1600rpmで500N・m(!)の最大トルクを発生するだけでなく、走りはじめには、いきなり力を発揮する250N・mのモーターアシストを得て、スロットルペダルを踏むと同時に2390kgの車重を意識させない滑り出しを見せる。

もちろんガスペダルを踏み込めばアウトプットなりの迫力ある加速を味わえるが、一度試してみればおなかいっぱい。街なかでは、ペダルに軽く足を載せているだけで十分な動力性能を得られる。9スピードという多段ATの恩恵もあって、GLEは押し出しの効く巨体とは裏腹に、総じてジェントルなドライブフィールだ。

意外なのは、思いのほか取り回しが楽なこと。絶対的なボディーの大きさには注意が必要だけれど、ハンドルはクルクルとよく切れて、市街地でも、試乗前に危惧したほどには気を使わない。最小回転半径は、先代よりやや大きくなったが、それでも5.6mを維持している。ちなみに、「トヨタ・ランドクルーザー」が同5.9m、「ランドローバー・レンジローバー」が同6.1mだから、GLEの健闘ぶりがよくわかる。2mを超える車幅が、ステアリングの切れ角を大きく取ることに貢献しているのだろう。

「GLE450 4MATICスポーツ」は、エアサスペンションと電子制御ダンパーを組み合わせたAIRマティックサスペンションを標準装備。車高は60mmの範囲で変更できる。
「GLE450 4MATICスポーツ」は、エアサスペンションと電子制御ダンパーを組み合わせたAIRマティックサスペンションを標準装備。車高は60mmの範囲で変更できる。拡大
3リッター直6ターボエンジンは、ISGと48V電気システムを併用するマイルドハイブリッドシステムを搭載。高いエネルギー効率と力強い加速感が追求されている。
3リッター直6ターボエンジンは、ISGと48V電気システムを併用するマイルドハイブリッドシステムを搭載。高いエネルギー効率と力強い加速感が追求されている。拡大
シフトレバー周辺には、タッチパッドの機能も備わるインフォテインメントシステムの操作デバイス(写真奥側)や、車高の調節スイッチ(手前側)がレイアウトされる。
シフトレバー周辺には、タッチパッドの機能も備わるインフォテインメントシステムの操作デバイス(写真奥側)や、車高の調節スイッチ(手前側)がレイアウトされる。拡大
リアは、ランプ形状をスリム化することでボディーの広がりを強調。傾斜したCピラーとリアクオーターガラスのデザインは、過去のモデルから受け継がれたディテールだ。
リアは、ランプ形状をスリム化することでボディーの広がりを強調。傾斜したCピラーとリアクオーターガラスのデザインは、過去のモデルから受け継がれたディテールだ。拡大

シートに過度の期待は禁物

ホイールベース延長に従ってレッグルームが旧型比69mm広がったとされるセカンドシートは、なるほど、広い。足元、頭部のまわりとも、スペースに不満はない。そのうえ6ウェイのパワーシートがおごられるので、乗員は好みの姿勢を取れる。せっかくなので、スタッフの人にしばらく運転してもらう。

後席に座っていてもボディーのしっかり感が頼もしい一方、路面からの入力はそれなりに伝わってくる。「1000万円超のクルマだから、2列目の快適性はさぞや……」と過度の期待をすると、やや外れるかもしれない。シート形状からして、乗員は“正しい姿勢”で座ることを求められる。わが家のソファーでリラックスするような、ダラけた態度は許されないのだ。セカンドシートが特等席になることが多い国産ミニバンとは、一線を画するGLEの2列目である。

今回の目玉ともいえるサードシート(2人掛け)は、荷室の床面とフラットにできる可倒式。スペースが限られるのでいわば子供用だが、大人でも短時間なら使用に耐える。「あれば便利」程度だが、不要なら畳んでおけばいいだけなので、あるに越したことはない。

言うまでもなく、SUVの外観にたがわず、GLE450には前後輪の駆動力を自在に案配するフルタイム4WDシステムが搭載される。あえて未舗装路に挑戦しないでも、積雪をはじめ、突然の雨天でも陰ながら走りを支えてくれる一種の安全装備といえるから、都会でも有効だ。

都内の高級住宅街といわれる場所に赴くと、ガレージにズラリと大型SUVが並んでいたりする。細い道が込み入っていることも多いから、「ご苦労なことだなァ」と嫉妬まじりに思ったりもするのだが、そこが機能だけでは割り切れないクルマのおもしろさなのだろう。大柄でタフなGLEも、都市部でこそスリーポインテッドスターが輝くのかもしれない。

(文=青木禎之/写真=宮門秀行/編集=関 顕也)

ホイールベースの延長(先代比+80mm)に伴い、レッグルームが69mm拡大されたセカンドシート。60:40の分割式で、それぞれ前後に100mmスライドできる。
ホイールベースの延長(先代比+80mm)に伴い、レッグルームが69mm拡大されたセカンドシート。60:40の分割式で、それぞれ前後に100mmスライドできる。拡大
新型「GLE」は全車、定員2人のサードシートが備わる。3列目まで乗車した際の荷室容量は160リッター。
新型「GLE」は全車、定員2人のサードシートが備わる。3列目まで乗車した際の荷室容量は160リッター。拡大
緊急時は、前席頭上に備わるSOSボタンを押すことで、コールセンターのサポートサービスが受けられる。この機能は10年間無償で利用可能。
緊急時は、前席頭上に備わるSOSボタンを押すことで、コールセンターのサポートサービスが受けられる。この機能は10年間無償で利用可能。拡大
荷室の容量は、最大で2055リッターにまで拡大できる。写真は2列目右側席を残し、2列目および3列目を倒した状態。
荷室の容量は、最大で2055リッターにまで拡大できる。写真は2列目右側席を残し、2列目および3列目を倒した状態。拡大
今回は、高速道路を中心に約210kmを試乗。燃費は満タン法で7.2km/リッター、車載の燃費計で7.8km/リッターを記録した。
今回は、高速道路を中心に約210kmを試乗。燃費は満タン法で7.2km/リッター、車載の燃費計で7.8km/リッターを記録した。拡大

テスト車のデータ

メルセデス・ベンツGLE450 4MATICスポーツ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4940×2020×1780mm
ホイールベース:2995mm
車重:2390kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッター直6 DOHC 32バルブ ターボ 
トランスミッション:9段AT
エンジン最高出力:367PS(270kW)/5500-6100rpm
エンジン最大トルク:500N・m(51.0kgf・m)/1600-4500rpm
モーター最高出力:22PS(16kW)
モーター最大トルク:250N・m(25.5kgf・m)
システム総合出力:--PS(--kW)
タイヤ:(前)275/50R20 113W/(後)275/50R20 113W(コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5)
燃費:10.3km/リッター(WLTCモード)
価格:1132万円/テスト車=1169万9000円
オプション装備:メタリックペイント<イリジウムシルバー>(9万1000円)/パノラミックスライディングルーフ<挟み込み防止機能付き>(18万円) ※以下、販売店オプション AMGフロアマットプレミアム(10万8000円)

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:602km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(9)/山岳路(0) 
テスト距離:209.5km
使用燃料:29.2リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:7.2km/リッター(満タン法)/7.8km/リッター(車載燃費計計測値)

メルセデス・ベンツGLE450 4MATICスポーツ
メルセデス・ベンツGLE450 4MATICスポーツ拡大
「GLE450 4MATICスポーツ」には、20インチのAMG 5ツインスポークアルミホイール(写真)が装着される。
「GLE450 4MATICスポーツ」には、20インチのAMG 5ツインスポークアルミホイール(写真)が装着される。拡大
パノラミックスライディングルーフはオプションとして用意される。ルーフオープン時に雨が降り出すと、自動的にクローズする。
パノラミックスライディングルーフはオプションとして用意される。ルーフオープン時に雨が降り出すと、自動的にクローズする。拡大
2列目シートの折りたたみと復帰は、荷室側のスイッチ(写真)でも行うことができる。荷物の積み下ろしを容易にするフロアレベルの調節機構も備わる。
2列目シートの折りたたみと復帰は、荷室側のスイッチ(写真)でも行うことができる。荷物の積み下ろしを容易にするフロアレベルの調節機構も備わる。拡大
荷室のフロア下には、取り外したトノカバーを収納するスペースも確保されている。
荷室のフロア下には、取り外したトノカバーを収納するスペースも確保されている。拡大
注目の記事PR
  • 「アストンマーティン・ヴァンテージ」でSUPER GTに挑み、その究極を知るプロが魅力を語った。
    「アストンマーティン・ヴァンテージ」でSUPER GTに挑み、その究極を知るプロが魅力を語った。 特集
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。