「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化

2019.08.22 自動車ニュース
ルノー・トゥインゴEDC
ルノー・トゥインゴEDC拡大

ルノー・ジャポンは2019年8月22日、Aセグメントのコンパクトカー「トゥインゴ」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化の画像拡大

各部に手が加えられたエクステリア

ルノー・トゥインゴは、車体後方にエンジンを搭載したRRのコンパクトハッチバックであり、4.3mの最小回転半径が実現する取り回しのしやすさと、ユニークなスタイリングを特徴としている。

今回のマイナーチェンジの内容は内外装の変更と装備の充実化が中心で、エクステリアについては、C字状に光る新デザインのLEDヘッドランプとフロントウインカー(ヘッドランプ内蔵型)、LEDリアコンビランプを採用したほか、フロントバンパーとリアバンパーの意匠も変更。これに伴い、全長は3645mmと従来モデルから25mm拡大した。左のリアフェンダーに設けられた吸気用のエアインテークや、ドット柄となったサイドストライプ、新デザインの15インチアロイホイールもマイナーチェンジモデルの特徴となっている。

ボディーカラーは新色の「ジョン マンゴー」を含む全5色で、メタリックカラーの「ルージュ フラムM」のみ4万円(税込み)の有償色となっている。

インテリアの変更は機能性を重視

インテリアについては、複数種類あったカラーバリエーションを黒、白、ライトグレーの3色によるコーディネートに統一。ダッシュボードには、新たにインフォテインメントシステム「EASY LINK(イージーリンク)」の7インチタッチスクリーンが装備された。このシステムはApple CarPlayやAndroid Autoといったスマートフォンのミラーリング機能に対応しており、タッチスクリーンで携帯端末の各種機能にアクセスできるほか、SiriやGoogleアシスタントを利用した音声操作も可能となっている。

このほかにも、センターコンソールの収納を脱着式のボックスから固定式のポケットに変更し、2つのUSBポートやAUX入力端子、ECOモードスイッチ、アイドリングストップのOFFスイッチの配置をこのポケット付近にまとめることで、使い勝手を向上させている。

装備の強化も図っており、先述のEASY LINKに加え、フロントカメラで車両前方の白線を検知し、車線をはみ出しそうになった際にアラームで注意を促す車線逸脱警報と、走行中にタイヤの空気圧低下を感知するとメーターパネルの表示灯が点灯してドライバーに異常を知らせるタイヤ空気圧警報を新たに採用している。

ラインナップは「トゥインゴEDC」のモノグレード構成で、パワートレインは0.9リッター直3ターボエンジンと6段デュアルクラッチ式ATの組み合わせのみ。価格は195万円。

(webCG)

◆関連記事:新型「ルノー・トゥインゴ」展示会の会場から

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新しくなったルノー・トゥインゴを知る、試す 2019.8.22 ボンジュール ルノー・トゥインゴ!<PR> “パリが仕立てたコンパクト”こと「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ。人気を博した従来モデルからどのような進化を遂げたのか? 普段使いで想定されるさまざまシーンを試し、新しくなったフレンチコンパクトの出来栄えを確かめた。
  • 新型「ルノー・トゥインゴ」展示会の会場から 2019.8.23 画像・写真 2019年8月24日、東京・青山で新型「ルノー・トゥインゴ」の展示会が行われる。一般向けの公開に先立って行われたメディア向け展示会の様子を、マイナーチェンジを受けたトゥインゴの詳細な姿とともに、写真でリポートする。
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.11 試乗記 プレミアムブランドを志向するDSが、新たなクロスオーバーSUV「DS 3クロスバック」を送り込んできた。キラキラとしたヘッドランプや複雑な面構成のボディーパネルなど、ディテールへのこだわりはひと目で分かるものの、肝心のクルマとしての出来栄えはどうなのか。370km余りを後にした結論は!?
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る