「BMW M5」の35周年記念モデル登場 日本国内は10台限定で発売

2019.08.23 自動車ニュース
BMW M5 35Jahreエディション
BMW M5 35Jahreエディション拡大

BMWジャパンは2019年8月23日、ハイパフォーマンススポーツセダン「BMW M5」の誕生35周年を記念した特別仕様車「M5 35 Jahre(フュンフ・ドライシッヒ・ヤーレ)エディション」を発表し、同日、販売を開始した。

アルマイト加工が施された淡いゴールドのアルミトリムやベージュコントラストステッチで仕立てられたブラックフルレザーメリノシートなど、特別な内装を採用。
アルマイト加工が施された淡いゴールドのアルミトリムやベージュコントラストステッチで仕立てられたブラックフルレザーメリノシートなど、特別な内装を採用。拡大
70km/h以上での走行時に点灯し、LEDライトの約2倍に相当する最大600m先を照らすBMWレーザーライトを装備している。
70km/h以上での走行時に点灯し、LEDライトの約2倍に相当する最大600m先を照らすBMWレーザーライトを装備している。拡大
特別仕様車のベースは、最高出力625PSの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する「M5コンペティション」。
特別仕様車のベースは、最高出力625PSの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載する「M5コンペティション」。拡大

BMW M5は、1985年に初登場。現行モデルは2018年に発表された第6世代で、2019年にはサーキット志向を際立たせた、最高出力625PSの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するフラッグシップモデル「M5コンペティション」が追加ラインナップされている。

今回の特別仕様車はそのM5コンペティションをベースに仕立てられたもので、車名の35 Jahre(35年を意味するドイツ語)から、全世界350台の限定生産となる。日本国内は右ハンドル仕様のみ、10台限定で発売される。

限定色フローズンダークシルバーのボディーカラーやアルマイト加工が施された淡いゴールドのアルミトリム、ベージュコントラストステッチ入りのブラックフルレザーメリノシート、「35 Jahre」のロゴが入ったドアシル、「M5 Edition 35 Jahre 1/350」の文字がデザインされたカップホルダーカバーなどを装備。内外装を特別仕立てとしている。

価格は2160万円(消費税10%を含む)。納車は2019年12月以降となる。

(webCG)

関連キーワード:
M5セダン, BMW, 自動車ニュース

BMW M5セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド)/スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • BMW M3セダン(FR/7AT)【試乗記】 2014.8.22 試乗記 ハイパフォーマンスセダン「BMW M3」の最新型に、一般道で試乗。これまで以上にパワーと軽量化を追求したという、その走りを確かめた。
  • ポルシェ911カレラ/911カレラ カブリオレ/911カレラ4【海外試乗記】 2019.10.3 試乗記 「GTS」や「GT3」などの“役物”もいずれラインナップされるのだろうけれど、「ポルシェ911」といえば、まずは素の「カレラ」に乗らなければ始まらない。ドイツ・フランクフルトからの第一報をお届けする。
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る