店長はカーマニア

以前乗ってた「アクア」でも、車検費用は全部で14万円くらいかかったぞ!  BMWの車検が9万円ちょいとは安すぎる! ちなみにオイル交換無料。なんていい店なんだ……。

ちょうど海千山千な感じの店長さんが帰ってきたので、「BMWのタイヤは何がいいか」という、カーマニアな話題になった。

BMW激安店の店長:僕はBMWには、純正のポテンザのランフラットが一番いいと思いますけどね。ミシュランはあんまり合わないですよ。だったら台湾や韓国タイヤのほうがいいっていう印象です。

オレ:そ、そうなんですか!

私は、ミシュランのランフラットで大失敗した体験談を披露しつつ、そもそもBMWはランフラットか普通のラジアルか? という話題になった。

BMW激安店の店長:先代3シリーズあたりからこっちは、基本的にランフラットのままがいいと思います。確かに18インチとか19インチだと、スポーツ系の普通のラジアルも合いますけど、17インチまでならランフラットでしょう。

なるほどぉ! そーか、インチ数で選択が違ってくるのか! まさに卓見! エリート特急は320dスポーツなので17インチ。ランフラットで正解なのですね。

見た目は海千山千だけど、この店長もカーマニアだなぁ。カーマニアがやってるお店はいいお店! クルマが安いうえに車検費用も安い! ここで買ってよかった~~~~!

帰路、オイル交換したばっかりの滑らか~なエンジンフィールを楽しみつつ、しみじみ「お店は値段や観賞魚で判断しちゃいけないなぁ」と思う私でした。

(文と写真=清水草一/編集=大沢 遼)

筆者のかつての愛車「トヨタ・アクア」。
筆者のかつての愛車「トヨタ・アクア」。拡大
当連載の第35回で取材したリュウの激安中古車店は、こんな雰囲気。
当連載の第35回で取材したリュウの激安中古車店は、こんな雰囲気。拡大
リュウの店ではコンテナが店舗だった。アロワナを飼う店もあれば、リュウの店のようにコンテナを店舗にしているところも。中古車屋もいろいろです。
リュウの店ではコンテナが店舗だった。アロワナを飼う店もあれば、リュウの店のようにコンテナを店舗にしているところも。中古車屋もいろいろです。拡大
カーマニアがやってるお店で買ってよかった~~~~!
カーマニアがやってるお店で買ってよかった~~~~!拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.28 試乗記 フルモデルチェンジで第7世代となった「BMW 3シリーズ セダン」に試乗。ずばり、新型は“買い”なのか? 先代「F30」型を日常の足とするモータージャーナリスト清水草一が、走りの印象を報告する。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.9.3 試乗記 2ドアクーペに続く、メルセデスAMGの独自開発モデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」に公道で試乗。5mを超える大柄なボディーに、最高出力639PSの4リッターV8ツインターボを搭載した高性能4ドアモデルは、どんな走りを見せるのか。その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る