第142回:タントカスタムで辰巳へGO!

2019.09.10 カーマニア人間国宝への道

辰巳PAはカーマニアの聖地

東京近郊在住のカーマニアにとって、首都高辰巳第一PAは聖地。駐車可能台数は普通車29台と小ぶりだが、高架上にあるためベイエリアの景色を存分に楽しめ、愛車を撮影するにも最適だ。杉並区在住者としては往復50~60kmという距離も最適。「カーマニアは辰巳さえあれば生きていける!」という気分にさせてくれる。

そんな辰巳PAに、晩夏の夜、立て続けに出撃した。

まずは、「フェラーリ412」でドライブ。もちろん借り物でございます。メーターが暗すぎて水温計も油温計も燃料計も見えず、ちょっとドキドキしたが、V12の芳醇(ほうじゅん)なるフィールに陶酔しつつ無事に到着した。

すると、平日だというのにカーマニアが多数集結しているではないか! 多数と言っても10人ちょいですが。

辰巳がカーマニアでにぎわうのは週末だけ。その平日は職業ドライバーの皆さまの休憩所というイメージだったので、これは夏のせいなのか、それとも辰巳ブームなのかと訝(いぶか)しみました。

その数日後、今度は新型「タント」の広報車が我が家にやってきた。

新型タントはスバラシイ。デザインは相変わらずの“動く託児所”だが、中身は本当にすごい。特にすごいのがシャシー性能だ。

トヨタが新プラットフォーム「TNGA」を開発し、プリウスの走りが劇的に向上したが、ダイハツの新プラットフォーム「DNGA」もすばらしく、タントの走りが想像を絶するほど向上したのである。あんなに全高が高いのに、信じられないほどコーナリングが安定している。

「フェラーリ412」で辰巳第一PAに出撃!
「フェラーリ412」で辰巳第一PAに出撃!拡大
辰巳第一PAにはカーマニアが集結していた。
辰巳第一PAにはカーマニアが集結していた。拡大
4代目となる新型「ダイハツ・タントカスタム」。ダイハツの新世代のクルマづくり思想である「DNGA」によって全面刷新が図られている。
4代目となる新型「ダイハツ・タントカスタム」。ダイハツの新世代のクルマづくり思想である「DNGA」によって全面刷新が図られている。拡大
「ダイハツ・タントカスタム」のリアビュー。
「ダイハツ・タントカスタム」のリアビュー。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・タントカスタムRS(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.26 試乗記 今や軽自動車の主流と呼べるほどの人気を誇るスーパーハイトワゴン。その元祖というべき「ダイハツ・タント」が4代目に生まれ変わった。新たなシャシーやパワートレインに加えて、強力な先進運転支援システムを手にした新型の出来栄えを確かめた。
  • ダイハツ・キャスト スポーツ“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2015.12.12 試乗記 ダイハツから、ひとつの車型で3つのモデルを取りそろえる軽自動車「キャスト」が登場。今回はその中から、走りを追及した“第3のモデル”こと「スポーツ」に試乗した。「コペンの4人乗りをイメージして作った」とされる同車の特徴を一言で表すと……?
  • ダイハツ・キャスト スポーツ 2015.11.13 画像・写真 「ダイハツ・キャスト」に、専用チューニングのサスペンションや16インチホイールなどを備えたスポーティーな「キャスト スポーツ」が登場。オープン2シーター「コペン」で培ったノウハウを取り入れたというキャスト第3のモデルの姿を、写真で紹介する。
  • ダイハツから新型SUV「ロッキー」登場 全長4mを切るコンパクトなニューモデル 2019.11.5 自動車ニュース ダイハツが5ナンバーサイズの新型コンパクトSUV「ロッキー」を発売。軽トールワゴン「タント」に続くDNGA製品群の第2弾にあたり、5ナンバーサイズに収まる取り回しのしやすいボディーと、ゆとりのある車内空間を特徴としている。
  • メルセデス・ベンツA250 4MATICセダン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.31 試乗記 メルセデス・ベンツのエントリーモデル「Aクラス」に、オーセンティックないでたちの「セダン」が登場。FFベースならではの高効率なパッケージを持つニューモデルは、FRセダン「Cクラス」に迫る実力の持ち主だった。
ホームへ戻る