監視社会化への懸念はあるが……

これまでもドラレコの有益性は語られてきたが、裁判などでの証拠としては、あまり効力がなかったのも現実だ。しかし昨今では、カメラの解像度だけでなく記録されるデータの精度向上(GPSの位置データや衝突時の衝撃度が記録される)も手伝って、徐々にではあるが証拠として活用されるケースも増えてきている。もちろん、事故時の状況にもよるが、車両のナンバーや信号がきちんと映っていて、その数字や色まで識別できることが条件となるなど、絶対有効というわけでないことは覚えておく必要があるだろう。

一方で、ドラレコで記録された情報が安易にSNSや動画サイトに公開されるという、プライバシーの侵害に対する反論も多い。この部分は法整備が求められるし、何よりも使用者のモラルに頼る部分もあるなど、まだまだ課題は多い。それでもドラレコを装着することで、他のドライバーに対しての「注意喚起」、また自身の「安全意識の向上」は期待できる。

冒頭に述べたようにあおり運転の定義は曖昧で、例えば、走行時に自身の車両が急に減速したのに後続車が速度を変えずに接近してきた場合や、(高速道路の追い越し車線を走り続ける「通行帯違反」についての認識が甘いため)追い越しのため後続車が接近した場合に、「あおられた!」と感じることも少なくない(余談だがこの通行帯違反、内閣府のデータなどによれば摘発件数が増加傾向にあるという)。

そんな中、方々でカメラによる記録を続ける“監視社会化”には同調できない部分も多いし、ネットを中心に過剰に反応するのもいかがなものか、とも筆者は感じている。それでもドラレコの存在により、周囲の目を気にすることでドライバーが襟を正し安全運転に努め、交通事故が減るという可能性は、十分にある。

ドラレコ自体も発売当初はフロントのみの設定だったが、昨今のトレンドとしてはリアカメラも含めた2カメラモデルが人気だ。リアカメラの映像はあおり運転をされたときや追突されたときの記録としても使える点が大きく、さらにフロントカメラと同等の解像度を持つモデルも増えてきている。筆者としては、前後だけでなく周囲360°を記録することで無謀な幅寄せなどまでカバーできるモデルの進化・普及を期待したいが、現在はまだ種類も少なく、解像度の点でやや劣る部分がある。ただこれも時間の問題で、近い将来は主流になると考えている。

(文=高山正寛/写真=カーメイト、パナソニック/編集=関 顕也)

こちらは、カーメイトの最新作である「d'Action(ダクション)360S(DC5000)」。360°の全天周レンズを本体の前後に1個ずつ、計2個装備するのが特徴で、自車両周辺を前後しながら迫るあおり運転や側面衝突など、広範囲にわたって対象をとらえることができる。
こちらは、カーメイトの最新作である「d'Action(ダクション)360S(DC5000)」。360°の全天周レンズを本体の前後に1個ずつ、計2個装備するのが特徴で、自車両周辺を前後しながら迫るあおり運転や側面衝突など、広範囲にわたって対象をとらえることができる。拡大
「d'Action 360S」のカメラ映像。前方はもちろん、車内を含む車両周辺の様子を広く映し出す。
「d'Action 360S」のカメラ映像。前方はもちろん、車内を含む車両周辺の様子を広く映し出す。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事