「フェラーリ812スーパーファスト」のオープントップバージョン登場

2019.09.09 自動車ニュース
フェラーリ812GTS
フェラーリ812GTS拡大

伊フェラーリは2019年9月9日、オープントップの旗艦モデル「フェラーリ812GTS」を発表した。

 
「フェラーリ812スーパーファスト」のオープントップバージョン登場の画像拡大
 
「フェラーリ812スーパーファスト」のオープントップバージョン登場の画像拡大
 
「フェラーリ812スーパーファスト」のオープントップバージョン登場の画像拡大

今回発表された812GTSは、既存のフラッグシップ「812スーパーファスト」をベースに開発されたオープン2シーター。フロントに12気筒エンジンを積むフェラーリとしては、「550バルケッタ ピニンファリーナ」(2000年)や「スーパーアメリカ」(2005年)、「SAアペルタ」(2010年)、「F60アメリカ」(2014年)などの限定モデルを除いて久々のオープントップモデルで、さかのぼること50年、1969年に「デイトナ スパイダー」こと「365GTS4」がデビューして以来のこととなる。

ルーフ(リトラクタブルハードトップ)の開閉に要する時間はそれぞれ14秒。45km/h以下の車速であれば走行中でも開け閉めの操作は可能で、ルーフの開閉にともない電動のリアスクリーン(ウインドストッパー)も上下する。

812GTSのボディーサイズは、全長×全幅×全高=4693×1971×1278mm。812スーパーファストと比べた場合、車幅はそのままに、36mm長く、2mm低いディメンションとなっている。デザインの面では、ルーフ以外にも、フラップを追加したリアディフューザーなどがクーペとの相違点として挙げられる。

エンジンの最高出力(800PS)と最大トルク(718N・m)はクーペと同じだが、車体の乾燥重量は、クーペ比で75kg増しの1600kg。その影響もあってか、340km/hの最高速は変わらないものの、0-100km/hの加速タイムはクーペ(2.9秒)よりも若干控えめな“3秒未満”と公表されている。

(webCG)

関連キーワード:
812スーパーファスト, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • マイルドハイブリッドで高効率を追求 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がデビュー 2019.10.25 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2019年10月24日(現地時間)、ドイツ・ウォルフスブルクにおいて、8代目となる新型「ゴルフ」を発表した。新型ではマイルドハイブリッド機構搭載モデルを設定するなどして、より高効率を追求している。
ホームへ戻る