偉大なる自動車人フェルディナント・ピエヒが死去
フォルクスワーゲングループを率いた巨人の足跡を思う

2019.09.09 デイリーコラム

敏腕エンジニアにして希代の経営者

今や“世界最大の自動車メーカー”として紹介されるドイツのフォルクスワーゲン(以下、VW)グループ。1993年にVWの社長に就任して以来、長年にわたりその船頭役を務めてきたフェルディナント・ピエヒ氏が、去る2019年8月25日に82歳で亡くなった。

VWの社長就任以前から、アウディの「クワトロ」と呼ばれる4WDシステムや、直列5気筒のエンジン、オールアルミボディーなど、ユニークなアイテムの開発を次々に手がけた敏腕エンジニアとして名を知られ、さらにはベントレーやブガッティ、ランボルギーニなど、欧州の名門ブランドを次々と手中に収めることで現在の“VW帝国”へと続く道筋をつけた、希代の経営者しても評価された。

「ポルシェ創業者で、初代“ビートル”の生みの親でもあるフェルディナント・ポルシェの孫」という血統のよさと、前述のような優れた技術者としての功績がたたえられる一方で、2015年に監査役会会長を退任するまでの、20年以上に及ぶVWの最高権力者としての在任期間中には、強権的で独裁的な仕事のやり方に対するネガティブな声が、幾度となく聞こえてきたのもまた事実である。

とはいえ、私個人にとっては、彼の経営の手法に関する評価はいずれも伝聞として聞こえてきたにすぎない。フランクフルトをはじめとする海外ショーなどで姿を目にした経験はあるものの、当方にとってのピエヒ氏とは、あくまでも「時に夢のようなアイデアを実現させた、すごいエンジニア」だった。

フェルディナント・ピエヒ(1937-2019)
フェルディナント・ピエヒ(1937-2019)拡大
祖父のフェルディナント・ポルシェ(中央)や、いとこのフェルディナント・アレクサンダー・ポルシェ(左)と語らう、幼少期のピエヒ(右)。
祖父のフェルディナント・ポルシェ(中央)や、いとこのフェルディナント・アレクサンダー・ポルシェ(左)と語らう、幼少期のピエヒ(右)。拡大
アウディにおいて、後に「クワトロ」と呼ばれる4WDシステムを初めて手がけたのもピエヒだった。
アウディにおいて、後に「クワトロ」と呼ばれる4WDシステムを初めて手がけたのもピエヒだった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事