「ベントレー・コンチネンタルGT」のV8モデルが日本上陸 最高出力550PS、最大トルク770N・m

2019.09.17 自動車ニュース
「ベントレー・コンチネンタルGT コンバーチブルV8」(写真左)と「コンチネンタルGT V8」(同右)。
「ベントレー・コンチネンタルGT コンバーチブルV8」(写真左)と「コンチネンタルGT V8」(同右)。拡大

ベントレーモーターズジャパンは2019年9月17日、V8エンジンを搭載した新型「コンチネンタルGT V8」(クーペ)および「コンチネンタルGTコンバーチブル V8」を導入すると発表した。

 
「ベントレー・コンチネンタルGT」のV8モデルが日本上陸 最高出力550PS、最大トルク770N・mの画像拡大
 
「ベントレー・コンチネンタルGT」のV8モデルが日本上陸 最高出力550PS、最大トルク770N・mの画像拡大
 
「ベントレー・コンチネンタルGT」のV8モデルが日本上陸 最高出力550PS、最大トルク770N・mの画像拡大

クーペ、コンバーチブルとも新開発の4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。最高出力550PS、最大トルク770N・mを生み出すこのユニットは低負荷時に4気筒を休止させることが可能で、満タンからの航続可能距離は800km以上をうたう。8段のデュアルクラッチ式ATを介して四輪を駆動し、0-100km加速のタイムはクーペが4.0秒でコンバーチブルが4.1秒、最高速は両モデルとも318km/hと公表されている。

エクステリアではフロントフェンダーの「V8」バッジや左右2本ずつ=4本出しのマフラーエンド、ペイント仕上げの20インチ10スポークホイールがV8モデルならではの装備となる。

価格はクーペが2498万1000円で、コンバーチブルが2736万8000円(いずれも消費税10%を含む)。デリバリー開始は2020年第2四半期からとアナウンスされている。

(webCG)

関連キーワード:
コンチネンタルGT, コンチネンタルGTコンバーチブル, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー コンチネンタルGT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.11.29 試乗記 新開発された「MSB」プラットフォームを採用する新型「ベントレー・コンチネンタルGT」の実力を探るべく、高速道~ワインディングロードへと連れ出した。一新されたシャシーと4WDシステムは、ラグジュアリー2ドアクーペにどんな走りをもたらすのか?
  • ベントレー・コンチネンタルGT 2018.3.5 画像・写真 英国の高性能グランドツアラー「ベントレー・コンチネンタルGT」がフルモデルチェンジ。従来モデルよりさらなるパフォーマンス向上を果たすとともに、「ベントレーダイナミックライド」によって快適な乗り心地も実現している。3代目となる新型を写真で紹介する。
  • 新型「ベントレー・コンチネンタルGT」日本上陸 2017.12.19 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年12月19日、新型「コンチネンタルGT」を報道陣にお披露目した。日本国内での価格は2530万円で、2018年の第3四半期にデリバリーが開始される予定。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • ベントレー・コンチネンタルGTファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.9 試乗記 新世代プラットフォームをもとに、一から新開発された3代目「ベントレー・コンチネンタルGT」が、いよいよデリバリー開始となった。日本導入を記念し設定された「ファーストエディション」から、その進化を確認していこう。
ホームへ戻る