マツダの新型クロスオーバー「CX-30」がデビュー SUVラインナップがさらに充実

2019.09.20 自動車ニュース
マツダCX-30
マツダCX-30拡大

マツダは2019年9月20日、新型クロスオーバー「CX-30」を発表。同日、予約受注を開始した。ガソリンエンジン「スカイアクティブG 2.0」とディーゼルエンジン「スカイアクティブD 1.8」を搭載する車種は同年10月24日に、次世代型ガソリンエンジン「スカイアクティブX 2.0」搭載車は2020年1月以降に発売される。

「都市生活にフィットするサイズ」を意識したという「CX-30」。ルーフの高さは多くの立体駐車場に対応できる1540mmに抑えられている。写真は、発表会のスライド資料から。
「都市生活にフィットするサイズ」を意識したという「CX-30」。ルーフの高さは多くの立体駐車場に対応できる1540mmに抑えられている。写真は、発表会のスライド資料から。拡大
“手のぬくもり”が感じられるよう仕上げにこだわったというインテリア。Aピラーやドアミラー周辺の視界のよさにも配慮されている。
“手のぬくもり”が感じられるよう仕上げにこだわったというインテリア。Aピラーやドアミラー周辺の視界のよさにも配慮されている。拡大
前後シート間の距離は、「CX-3」比で26mm長く取られている。
前後シート間の距離は、「CX-3」比で26mm長く取られている。拡大
後部ラゲッジスペースの開口幅は、広めの1020mm。荷物の積み下ろしを容易にする。
後部ラゲッジスペースの開口幅は、広めの1020mm。荷物の積み下ろしを容易にする。拡大

デザインと実用性を高度に両立

CX-30は、グローバルに成長を続けるSUV市場をにらんで開発されたニューモデル。「人生の幅や世界観を広げるクロスオーバー」がコンセプトに掲げられており、「見る人の感性を刺激するデザイン」「どこへでも気軽に出掛けられる機動性」「大切な人とゆったりと過ごすことができる上質な室内空間」「誰もが安心して運転を楽しめる安全性能」がセリングポイントとされている。

エクステリアは、滑らかかつ伸びやかな“面で見せる美”が特徴とされており、ホイールアーチ部とボディー下部のクラッディングパネルでSUVらしい力強さも表現されている。ボディーサイズは(カッコ内は既存のSUV「CX-3」との差)、全長×全幅×全高=4395(+120)×1795(+30)×1540(-10)mmで、ホイールベースは2655(+85)mm。市街地での取り回し性に優れる運転しやすい大きさでありながら、高さ制限のある多くの立体駐車場に対応できるとアピールされる。最低地上高は、CX-3よりも15mm高い175mmだ。

インテリアにおいては“人とクルマの一体感”が重視されており、コックピットにおいては表示機器や操作スイッチをドライバー中心に配置。それとは対照的に、助手席は居心地のよさや安心感が得られるようにデザインされている。CX-3よりも広い後席の居住空間(前後座席間距離は+26mm、左右座席間距離は+50mm)や、適切なシート高が実現する乗降性のよさも見どころのひとつ。荷室の容量は5人乗車時で430リッターが確保されており、海外製品を含むさまざまなサイズのベビーカーも積載可能。開口部下端の低さ(地上からの高さは、CX-3比で-55mm低い731mm)も使い勝手のよさに貢献する。バックドアの電動開閉機構は、エントリーモデルを除き標準で備わる。

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を兼ね備えるといわれる「スカイアクティブX 2.0」ユニット。同エンジン搭載車は2020年1月以降に発売される。
ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を兼ね備えるといわれる「スカイアクティブX 2.0」ユニット。同エンジン搭載車は2020年1月以降に発売される。拡大
ディーゼル車を除き、コンベンショナルなマニュアルトランスミッションも用意される。
ディーゼル車を除き、コンベンショナルなマニュアルトランスミッションも用意される。拡大
メーターパネルは3眼タイプで、センターには速度計がレイアウトされる。
メーターパネルは3眼タイプで、センターには速度計がレイアウトされる。拡大
全グレードでFF車と4WD車が選択可能。4WD車には、コーナリング性能を高める「G-ベクタリングコントロール」も搭載される。
全グレードでFF車と4WD車が選択可能。4WD車には、コーナリング性能を高める「G-ベクタリングコントロール」も搭載される。拡大
ボディーカラーは、「ソウルレッドクリスタルメタリック」(写真)や「ポリメタルグレーメタリック」を含む、全8色の設定。
ボディーカラーは、「ソウルレッドクリスタルメタリック」(写真)や「ポリメタルグレーメタリック」を含む、全8色の設定。拡大

豊富なラインナップで市場に対応

パワーユニットは、全3種類。2リッター直4ガソリンエンジン(スカイアクティブG 2.0:最高出力156PS、最大トルク199N・m)、1.8リッター直4ディーゼルターボエンジン(スカイアクティブD 1.8:同116PS、同270N・m)、さらに、SPCCI(火花点火制御圧縮着火)技術を採用した次世代型2リッター直4ガソリンエンジン(スカイアクティブX 2.0:スペックは現時点で非公表)がラインナップされる。

WLTCモードの燃費値は、スカイアクティブG 2.0搭載車が14.8km~16.2km/リッターで、スカイアクティブD 1.8搭載車が18.4km~19.2km/リッター。スカイアクティブX 2.0搭載車は非公表となっている。

このうちガソリンエンジン車では、6段ATのほかに6段MTも選択可能(ディーゼル車は6段ATのみ)。駆動方式は、全車FFと4WDが用意され、後者には、AWDとトラクションコントロールシステムを協調制御し悪路走破性を高める新システム「オフロード・トラクション・アシスト」が搭載される。「G-ベクタリングコントロール(GVC)」によるニュートラルなコーナリング性能も4WD車の持ち味。サスペンション形式は、前がマクファーソンストラット式、後ろがトーションビーム式である。

運転支援システムについては、「レーダークルーズコントロール」や「レーンキープアシストシステム」、「ブラインドスポットモニタリング」などを全車に標準装備。わき見や居眠りを検知し警告する「ドライバーモニタリング」や、追従走行機能とステアリングアシスト機能を備える「クルージング&トラフィックサポート(CTS)」も用意される。

また、すべてのモデルに車載通信機が搭載されており、コネクティッドサービスとスマートフォンアプリ「MyMazda(マイ・マツダ)」との連携による利便性向上が図られている。

マツダCX-30のラインナップと価格(消費税10%を含む)は以下の通り。トランスミッションの違いによる価格差はない。

  • スカイアクティブG 2.0搭載車(FF):239万2500円~279万4000円
  • スカイアクティブG 2.0搭載車(4WD):262万9000円~303万0500円
  • スカイアクティブD 1.8搭載車(FF):288万7500円~306万9000円
  • スカイアクティブD 1.8搭載車(4WD):312万4000円~330万5500円
  • スカイアクティブX 2.0搭載車(FF):329万4500円~347万7100円
  • スカイアクティブX 2.0搭載車(4WD):353万1000円~371万3600円

(webCG)

◆関連記事:「マツダCX-30」発表会の会場から

関連キーワード:
CX-30, マツダ, 自動車ニュース

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-8 XD Lパッケージ 2017.9.14 画像・写真 ナッパレザーのシートや本杢(ほんもく)の装飾パネル、2列目シートのセンターコンソールボックスなどで上質感を表現。「マツダCX-8」の上級グレード「XD Lパッケージ」のディテールを、写真でリポートする。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.6.3 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」に新たに設定された、新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデル。マツダが誇る最新のシャシーとエンジンの組み合わせは、どんな走りを見せるのか? 4WDモデルでその出来栄えを確かめた。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.3.30 試乗記 さらなる高みを目指し、発売後も惜しみなく製品の改良を続けるというマツダ。その基本方針と車両の進化を確かめるべく、3列シートSUV「CX-8」の最新モデルに試乗した。販売の半数以上を占めるというディーゼルモデルの印象を報告する。
  • ダイハツが小型トールワゴン「トール」をマイナーチェンジ 予防安全・運転支援装置を強化 2020.9.15 自動車ニュース ダイハツがトールワゴン型のコンパクトカー「トール」をマイナーチェンジ。内外装のデザインを変更したほか、全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールや電動パーキングブレーキを採用するなど、機能・装備の強化を図っている。
ホームへ戻る