クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディQ3スポーツバック35 TFSI(FF/6MT)/Q3スポーツバック45 TFSIクワトロSトロニック(4WD/7AT)/Q3スポーツバック35 TDIクワトロ(4WD/6MT)

アシに自信あり 2019.09.24 試乗記 アウディのSUVラインナップに、ファストバックスタイルのCセグメントモデル「Q3スポーツバック」が登場。ドイツ・アイメルディンゲンでの試乗を通し、2020年半ばの日本導入が予想されるニューモデルの出来栄えを確かめた。

隙を生じぬドイツ勢のSUV戦略

SUVカテゴリーの人気はとどまるところを知らず、アウディの例を挙げれば、全販売台数の36.4%、つまり3台に1台をSUVが占めているという。2018年のこの数字に対し、2014年の比率は22.4%だったというから、伸びっぷりを実感するには十分だろう。

もちろん、その伸びはさまざまな車種投入によって支えられてきた側面もある。プレミアムブランドでいえば大・中・小を並べるだけでは飽き足らず、その間にファストバックスタイルのモデルを差し込むに至っているのはご存じの通り。それを“クーペ”と称するのはちょっと無理があるが、求めるユーザーのマインドとしては、まさに一世を風靡(ふうび)したスペシャリティークーペに似たところがあるだろう。

Q3スポーツバックの趣旨もまさにそこにある。欧州では2018年秋にフルモデルチェンジを受けた「Q3」の派生車種と位置づけられるが、既に「Q2」や「Q8」といった“Q+偶数”の車名を持つファストバックSUVがある中で、なぜこのモデルが「Q4」を名乗らないかは明確な答えを得られなかった。その名はさらなる別モデルのために取ってあるという臆測もあるが、商品ばかりかパワートレインまでもが多岐にわたる現況で、アウディが苦悶(くもん)しつつさまざまなトライを重ねていることは間違いないだろう。

2019年7月にドイツで発表された「Q3スポーツバック」。車格的にはCセグメントに属する、ファストバックスタイルのSUVである。
2019年7月にドイツで発表された「Q3スポーツバック」。車格的にはCセグメントに属する、ファストバックスタイルのSUVである。拡大
インテリアのデザインはベースモデルである「Q3」に準拠。仕様に応じて、MMIと呼ばれるインフォテインメントシステムや、デジタルメーターのアウディバーチャルコックピットなどが装備される。
インテリアのデザインはベースモデルである「Q3」に準拠。仕様に応じて、MMIと呼ばれるインフォテインメントシステムや、デジタルメーターのアウディバーチャルコックピットなどが装備される。拡大
アウディではこれまで、クーペライクなスタイリングのSUVには“Q+偶数”の車名が与えられていたが、この「Q3スポーツバック」では、その通例が破られることとなった。
アウディではこれまで、クーペライクなスタイリングのSUVには“Q+偶数”の車名が与えられていたが、この「Q3スポーツバック」では、その通例が破られることとなった。拡大

ベース車とは印象の異なるデザイン

Q3スポーツバックのボディーサイズは全長×全幅×全高=4500×1843×1567mm。ベースとなるQ3に対して、全長は16mm長く、全幅は6mm狭く、全高は18mm低い。実際に2台を見比べると、このささいな寸法差でここまで印象が異なるかというほど、そのたたずまいは鋭く流麗だ。「アウディ・クワトロ」のDNAを継承するフェンダーのブリスターや、Q2以降取り入れたボディーサイドのインバースなど、車体はテクスチャーがバキッと際立っている。サッシュドアを採用しながらQ8にほど近い緊張感を保っているのは、十八番でもある生産精度の高さがゆえだろう。

内装のデザインはQ3に準拠しているが、ダッシュボードトリムのオーナメントやドアアームレストにアルカンターラを貼り込むなど、華やかな演出も施されている。部品のはめ込みひとつにも表れる潔癖なまでの質感追求は相変わらずだ。液晶パネルを用いるメーターは多彩なグラフィックを擁しており、インフォテインメントとのシームレスな連携を可能としている。MMI(マルチメディアインターフェイス)はコネクティビティーにも重きをおいており、Amazon Alexaとの連携およびApple CarPlay、Android Autoとの接続など、ITサービスとの協調にも配慮したものとなっているが、日本仕様がどこまでのカバレッジで導入されるかは未定だ。

ディメンションは「Q3」よりやや全長が長く、全高が低い。2680mmというホイールベースは共通だ。
ディメンションは「Q3」よりやや全長が長く、全高が低い。2680mmというホイールベースは共通だ。拡大
「アウディ・クワトロ」のそれをモチーフにしたというリアフェンダーのデザイン処理。シャープなプレスラインと複雑な面構成に、アウディの生産技術の高さがうかがえる。
「アウディ・クワトロ」のそれをモチーフにしたというリアフェンダーのデザイン処理。シャープなプレスラインと複雑な面構成に、アウディの生産技術の高さがうかがえる。拡大
コネクティビティ―の高さを重視し、さまざまなITサービスにも対応しているMMI。日本仕様にどこまでの機能が取り入れられるか、気になるところだ。
コネクティビティ―の高さを重視し、さまざまなITサービスにも対応しているMMI。日本仕様にどこまでの機能が取り入れられるか、気になるところだ。拡大

20インチの大径タイヤを履きこなす

搭載エンジンはガソリン2種類、ディーゼル2種類となる。こちらも日本仕様の詳細は未定だが、ほぼ確実に導入されると見込まれるのがガソリンの1.5リッター4気筒直噴ターボだ。これは気筒休止機構に加えて48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載するもので、ベルト駆動のオルタネータースターターを介して、加速時にはエンジン出力の補助、減速時にはブレーキエネルギーの回収などを行う。また、40~160km/hの範囲におけるエンジンを停止してのコースティングや、20km/h以下での走行中のアイドリングストップなど、そのモーターを生かしたさまざまな省燃費制御が施されている。ちなみに、ゼロ発進時には最大50N・m、加速時には最大9kWがモーターからアシストされ、6段MTの場合では0-100km/h加速が9.6秒、最高速が204km/hという動力性能に一役買う。日本仕様は恐らく7段Sトロニックが標準となるが、この動力性能に大差はないだろう。

試乗ではこのエンジンを積んだ「35 TFSI」だけでなく、これも日本への導入が検討されているだろう2リッターディーゼルの「35 TDIクワトロ」や、最もスポーティーなバージョンとなる2リッターターボの「45 TFSIクワトロ」も体験することができた。共通していえるのは、Q3スポーツバックはCセグメント系SUVとしては特筆に値する、度量の大きなフットワークを備えているということだ。装着タイヤは3グレードともにオプション装備の中でも最も大きい255/40R20のブリヂストン。ビジュアル重視のとてもCセグメントが履きこなせるものではないように見えたが、Q3スポーツバックはそのおおげさなバネ下を跳ね踊らすことなく、見事に快適な乗り心地を実現していた。

現在発表されている「Q3スポーツバック」のパワープラントは全4種類。日本へは、まずは1.5リッターガソリンターボ+マイルドハイブリッド仕様の導入が見込まれている。
現在発表されている「Q3スポーツバック」のパワープラントは全4種類。日本へは、まずは1.5リッターガソリンターボ+マイルドハイブリッド仕様の導入が見込まれている。拡大
「Q3スポーツバック」は、どのグレードもタイヤサイズは215/65R17が標準となっているが、今回の試乗車には255/40R20サイズの「ブリヂストン・ポテンザS005」が装着されていた。
「Q3スポーツバック」は、どのグレードもタイヤサイズは215/65R17が標準となっているが、今回の試乗車には255/40R20サイズの「ブリヂストン・ポテンザS005」が装着されていた。拡大
現時点における最上級グレードの「45 TFSIクワトロ」。最高出力230PSを発生する2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載する。
現時点における最上級グレードの「45 TFSIクワトロ」。最高出力230PSを発生する2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載する。拡大

45 TFSIもぜひ日本に入れてほしい

注記すべきは標準のスポーツサスに加えて全車マグネティックライドダンパーを装着していたことだが、乗り心地の質はモノコックや支持部の剛性・精度に起因しているところが大きく、すべてがダンパーの功(こう)というわけではない。日本仕様は欧州ではオプション扱いとなるコンフォートサスの採用が検討されているというから、さらなる快適性の向上も期待できるだろう。

コーナーではロードホールディング性のよさもさることながら、素直な回頭性や応力に努めて比例的なロール量の推移など、アウディらしい正確で無駄のないフィードバックが際立っていた。クワトロはリアの駆動からくるアクセルオンでの落ち着いた所作が印象に残ったが、FFの35 TFSIも持ち前の軽さに対して後ろ脚の粘りの強さがうまくバランスし、旋回の姿勢はきれいに安定している。1.5リッターエンジンは低回転域ではモーターのアシスト感にありがたみを覚えるものの、それに頼れない高速域では車格に対してのパワーはさすがにそれなりといった感じ。かつ45 TFSIに比べれば若干ノイジーな印象だ。35 TDIはエミッション対策の影響もあってか、極低回転域のトルクに細さを感じるも、動力性能的には十分なアドバンテージを感じさせる。が、パワーもさておき回転フィールや音・振動などの面で一頭地抜けた上質さが感じられるのは45 TFSIだった。

Q3スポーツバックの日本発表は、欧州における認証スケジュールの遅れの影響もあり、2020年の半ばになる見通しだという。果たしてベストバランスはという問いに対する答えはなかなか難しいが、人や荷物を頻繁に載せる用途に応えるためにも、インポーターには2リッターモデルの導入を積極的に検討していただきたい。

(文=渡辺敏史/写真=アウディ/編集=堀田剛資)

試乗車の足まわりは、いずれもスポーツサスに磁性流体ダンパーの組み合わせだったが、日本仕様についてはコンフォートサスの採用も検討されているという。
試乗車の足まわりは、いずれもスポーツサスに磁性流体ダンパーの組み合わせだったが、日本仕様についてはコンフォートサスの採用も検討されているという。拡大
ダッシュボードに装着された「quattro」のバッジ。フルタイム4WD「クワトロ」が採用されるのは「45 TFSI」と「35 TDI」のみで、「35 TFSI」の駆動方式はFFのみとなっている。
ダッシュボードに装着された「quattro」のバッジ。フルタイム4WD「クワトロ」が採用されるのは「45 TFSI」と「35 TDI」のみで、「35 TFSI」の駆動方式はFFのみとなっている。拡大
荷室の容量は5人乗車時で530リッター。リアシートをたたんだ状態で1400リッターとなっている。
荷室の容量は5人乗車時で530リッター。リアシートをたたんだ状態で1400リッターとなっている。拡大
「Q3スポーツバック」の日本導入は、2020年の半ばとなる見込みだ。
「Q3スポーツバック」の日本導入は、2020年の半ばとなる見込みだ。拡大
アウディQ3スポーツバック35 TFSI
アウディQ3スポーツバック35 TFSI拡大

テスト車のデータ

アウディQ3スポーツバック35 TFSI

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4500×1843×1567mm
ホイールベース:2680mm
車重:1535kg(DIN)
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段MT
最高出力:150PS(110kW)/5000-6000rpm
最大トルク:250N・m(25.5kgf・m)/1500-3500rpm
タイヤ:(前)255/40R20 101Y/(後)255/40R20 101Y(ブリヂストン・ポテンザS005)
燃費:6.0-5.7リッター/100km(約16.7-17.5km/リッター、NEDC複合モード)
価格:--円/テスト車=--円
オプション装備:--

テスト車の年式:2019年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

アウディQ3スポーツバック45 TFSIクワトロSトロニック
アウディQ3スポーツバック45 TFSIクワトロSトロニック拡大

アウディQ3スポーツバック45 TFSIクワトロSトロニック

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4500×1843×1567mm
ホイールベース:2680mm
車重:1700kg(DIN)
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:230PS(169kW)/5000-6200rpm
最大トルク:350N・m(35.7kgf・m)/1500-4300rpm
タイヤ:(前)255/40R20 101Y/(後)255/40R20 101Y(ブリヂストン・ポテンザS005)
燃費:7.7-7.3リッター/100km(約13.0-13.7km/リッター、NEDC複合モード)
価格:--円/テスト車=--円
オプション装備:--

テスト車の年式:2019年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

アウディQ3スポーツバック35 TDIクワトロ
アウディQ3スポーツバック35 TDIクワトロ拡大

アウディQ3スポーツバック35 TDIクワトロ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4500×1843×1567mm
ホイールベース:2680mm
車重:1710kg(DIN)
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:6段MT
最高出力:150PS(110kW)/3500-4000rpm
最大トルク:340N・m(34.7kgf・m)/1750-3000rpm
タイヤ:(前)255/40R20 101Y/(後)255/40R20 101Y(ブリヂストン・ポテンザS005)
燃費:5.7-5.5リッター/100km(約17.5-18.2km/リッター、NEDC複合モード)
価格:--円/テスト車=--円
オプション装備:--

テスト車の年式:2019年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(軽油)
参考燃費:--km/リッター

注目の記事PR
注目の記事一覧へ
週間アクセスランキングQ3スポーツバック
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アウディ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。