イメージはタキシード 「フィアット500/500C」にブランド120周年を祝う限定車登場

2019.09.19 自動車ニュース
フィアット500 120thタキシード
フィアット500 120thタキシード拡大

FCAジャパンは2019年9月19日、「フィアット500/500C」の特別仕様車「120th Tuxedo(120thタキシード)」を発表。500 120thタキシードは185台の、500C 120thタキシードは100台の限定で、同日、販売を開始した。

ボディーの白い部分には、3層仕上げの特別色「アイスホワイト」が採用されている。
ボディーの白い部分には、3層仕上げの特別色「アイスホワイト」が採用されている。拡大
ブロンズカラーの専用アルミホイール。
ブロンズカラーの専用アルミホイール。拡大
ファブリックシートは、縦ストライプが特徴。
ファブリックシートは、縦ストライプが特徴。拡大
Bピラー部の記念バッジ。
Bピラー部の記念バッジ。拡大
会場には、1936年に生まれた“トッポリーノ”こと初代「フィアット500」も展示された。中央は、限定車について説明するFCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長。
会場には、1936年に生まれた“トッポリーノ”こと初代「フィアット500」も展示された。中央は、限定車について説明するFCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長。拡大

今回の500/500C 120thタキシードは、フィアットブランドの120周年を祝う限定車。車名にある通り、フォーマルな場で着用するタキシードの装いがカラーリングで表現されている。

外装色は、3層仕上げのパールペイントである「アイスホワイト」に、ブラック(ルーフ、ピラー、ドアミラー)を組み合わせたツートンカラー。さらに、クロスメッシュデザインを採用したブロンズの専用16インチアルミホイールや専用120周年記念バッジでドレスアップされている。

インテリアは、ブラックのインストゥルメントパネルや縦ストライプが入った専用ファブリックシートが特徴。ブラックを基調としたシックな仕立てになっている。

ベースとなる車両は1.2リッター直4エンジンを搭載する「1.2ラウンジ」で、バイキセノンヘッドライトやフルオートエアコン、リアパーキングセンサーなどを装備。クローズドボディーの500には、さらにBeatsオーディオシステムとガラスルーフも備わる。

価格と販売台数は、以下の通り(カッコ内は消費税10%を含む価格)。

  • 500 120thタキシード:264万1091円(269万円)
  • 500C 120thタキシード:283万7455円(289万円)

(webCG)

関連キーワード:
500, 500C, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.5.21 試乗記 ツインエアを積んで復活した「フィアット・パンダ」が、日本に上陸。好きな人にはたまらない、その魅力に触れた。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • 新型「フィアット・パンダ」 2013.5.21 画像・写真 2013年6月1日に発売される、新型「フィアット・パンダ」のディテールを写真で紹介。
  • 第205回:大嫌いな故郷の茨城を駆け抜けろ
    『ブルーアワーにぶっ飛ばす』
    2019.10.10 読んでますカー、観てますカー 夏帆主演のプチロードムービー。東京でCMディレクターをしている砂田(夏帆)は、ある日思いつきで、秘密の友達清浦(シム・ウンギョン)の愛車「フィアット・パンダ」で故郷の茨城に帰ることに。コンプレックスの根源である大っ嫌いな故郷で彼女(たち)を待ち受けていたものとは。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
ホームへ戻る