第624回:人には添うてみよ“乗り物”には乗ってみよ!?
大矢アキオがシェアリング電動キックスクーターを初体験

2019.10.04 マッキナ あらモーダ!

パリではすでに2万台

ここ1~2年、ヨーロッパの大都市で話題になっているモビリティーといえば、シェアリング電動キックスクーター(以下、シェアスクーター)である。

サービス提供企業のひとつである米国のライムは、すでに世界100都市で事業を展開。米国とオーストリア、スペインでは、一部大学のキャンパス内でも提供している。

同社の2018年末のリポートによると、2017年の創業以来、世界全体で延べ2600万回使用されたという(従来型のシェアリング自転車を含む)。

筆者が頻繁に訪れるフランスのパリでも、瞬く間に普及した。いや、爆発的にという言葉がふさわしい。2019年6月24日付『ロイター通信電子版』によると、市内にあるシェアリング電動キックスクーターの合計は、2万台に達するという。

パリ市街にて。地下鉄駅の出入り口にたたずむシェアリング電動キックスクーター。以下、2018年12月撮影。
パリ市街にて。地下鉄駅の出入り口にたたずむシェアリング電動キックスクーター。以下、2018年12月撮影。拡大
ライムの電動キックスクーター。セグウェイ-ナインボットのモデルを使用している。
ライムの電動キックスクーター。セグウェイ-ナインボットのモデルを使用している。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事