「MINIクラブマン」がマイナーチェンジ より丸目を強調したデザインに

2019.10.02 自動車ニュース
MINIクラブマン
MINIクラブマン拡大

BMWジャパンは2019年10月2日、「MINIクラブマン」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日、販売を開始した。

 
「MINIクラブマン」がマイナーチェンジ より丸目を強調したデザインにの画像拡大
 
「MINIクラブマン」がマイナーチェンジ より丸目を強調したデザインにの画像拡大
 
「MINIクラブマン」がマイナーチェンジ より丸目を強調したデザインにの画像拡大
 
「MINIクラブマン」がマイナーチェンジ より丸目を強調したデザインにの画像拡大
 
「MINIクラブマン」がマイナーチェンジ より丸目を強調したデザインにの画像拡大
 
「MINIクラブマン」がマイナーチェンジ より丸目を強調したデザインにの画像拡大
 
「MINIクラブマン」がマイナーチェンジ より丸目を強調したデザインにの画像拡大

MINIクラブマンはリアエンドに観音開きのドアを備えたステーションワゴンである。今回はデザインを手直ししただけでなく、トランスミッションや運転支援システムにも改良を加えた。

エクステリアでは、クローム等のデザイン要素をラジエーターグリルの全域に採用し、よりダイナミックな印象を与えるフロントマスクに変更。LEDデイライトの形状は従来の逆U字型からヘッドランプユニット全体を囲む円形に改め、MINIのデザインアイコンである丸目を強調するデザインとした。また、リアコンビランプは英国国旗であるユニオンジャックをモチーフとしたデザインに変更。ドアミラーキャップには空気抵抗を低減する新デザインを採用した。

パワートレインにも手が入っており、「ONE」「バッキンガム」「クーパー」「クーパーS」には新たにデュアルクラッチ式の7段ATを搭載。「クーパーD」「クーパーSD」「クーパーS ALL4」では既存の8段ATを踏襲するが、7段デュアルクラッチ式AT搭載モデルも含めて、全車で電子制御式シフトセレクターを採用している。

運転支援装備も強化しており、ストップ&ゴー機能付きのアクティブクルーズコントロールと前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキを標準化(ONE/バッキンガムではオプション)したほか、リアビューカメラをオプション設定。パーキングアシストとパークディスタンスコントロールも選択可能となっている(ONE/バッキンガムを除く)。

ラインナップと価格は以下の通り(消費税10%を含む)。なお、「クーパーDクラブマン」および「クーパーSDクラブマン」は2020年の発売が予定されている。

  • MINI ONEクラブマン:330万円
  • MINIクラブマン バッキンガム:350万円
  • MINIクーパー クラブマン:391万円
  • MINIクーパーDクラブマン:411万円
  • MINIクーパーSクラブマン:432万円
  • MINIクーパーSDクラブマン:454万円
  • MINIクーパーSクラブマンALL4:455万円

(webCG)

関連キーワード:
MINIクラブマン, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る