「メルセデス・ベンツSクラス」の特別仕様車「グランドエディション」登場

2019.10.02 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ日本は2019年10月2日、メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に特別仕様車「グランドエディション」を設定し、販売を開始した。

今回のグランドエディションは、スポーティーさを強調した「スポーツリミテッド」と、ショーファードリブンとしての機能とデザインの充実を図った「ショーファーリミテッド」の、2種類の特別仕様車で構成されるシリーズである。これを機に、Sクラスのグランドエディション以外のモデルはすべて受注生産扱いとなっている。

スポーツリミテッドはノーマルボディーの「S400d」「S400d 4MATIC」「S450エクスクルーシブ」と、ロングボディーの「S560ロング」「S560ロング4MATIC」に設定される。AMGラインに加えて、20インチのAMGマルチスポークホイールやAMGスポーツステアリング、ブラックポプラウッドインテリアトリムも装備。ノーマルボディーの3モデルには、パノラミックスライディングルーフとエアバランスパッケージ(空気清浄機能、パフュームアトマイザー付き)からなるベーシックパッケージも備わる。

S560ロングとS560ロング4MATICに設定されるショーファーリミテッドでは、ショーファーパッケージを標準化。リクライニング機能や独自のリラクゼーションプログラム付きのエグゼクティブリアシートによって快適性を高めたほか、後席用にもスマートフォンのワイヤレスチャージング機能が備わる。ホイールは19インチのディッシュタイプを採用した。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • S400dスポーツリミテッド:1215万円
  • S400d 4MATICスポーツリミテッド:1260万円
  • S450エクスクルーシブ スポーツリミテッド:1395万円
  • S560ロング スポーツリミテッド:1730万円
  • S560ロング4MATICスポーツリミテッド:1766万円
  • S560ロング ショーファーリミテッド:1730万円
  • S560ロング4MATICショーファーリミテッド:1766万円

(webCG)

メルセデス・ベンツS560ロング ショーファーリミテッド
メルセデス・ベンツS560ロング ショーファーリミテッド拡大

関連キーワード:
Sクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • メルセデス・ベンツGLC F-CELL(RWD)【試乗記】 2020.7.24 試乗記 メルセデス・ベンツの燃料電池自動車「GLC F-CELL」が、いよいよ日本の道路を走り始めた。カタログに記された満タンからの航続可能距離は約377km。その実力を試すとともに、未来の生活では当たり前になるかもしれない(?)、水素補給も体感してみた。
  • メルセデス・ベンツE300アバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2019.9.12 試乗記 メルセデス・ベンツの基幹モデル「Eクラス」に、新グレード「E300アバンギャルド スポーツ」が登場。高出力の2リッターターボエンジンと軽快なフットワークが実現する、スポーティーでありながらも洗練された走りをリポートする。
  • 日産リーフNISMO(FWD)【試乗記】 2020.7.23 試乗記 ピュアEV「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、チューンドコンプリートモデル「リーフNISMO」も進化。ステアリングギアボックスやサスペンションを改良し磨きをかけたという走りを、同社のテストコース「グランドライブ」で確かめた。
ホームへ戻る