上陸は2019年内 新型SUV「フォルクスワーゲンTクロス」の事前情報が公開に

2019.10.07 自動車ニュース
フォルクスワーゲンTクロス(写真は欧州仕様車)
フォルクスワーゲンTクロス(写真は欧州仕様車)拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年10月7日、年内に国内発表を予定している新型の小型SUV「T-Cross(Tクロス)」のティザーサイトを開設した。

公開されたティザーサイトのイメージ。
公開されたティザーサイトのイメージ。拡大

TクロスはフォルクスワーゲンのSUVラインナップの中で最もコンパクトなモデルである。ボディーサイズは全長×全幅=4115×1760mmと、「ポロ」と同等のフットプリントとなっている。

ティザーサイトは「T-Cross最速攻略」と称し、Tクロスの特徴が視覚的にわかりやすい構成としている。サイト公開に合わせ、全国のフォルクスワーゲンディーラーでは、広げるとA1サイズになるポスタータイプのリーフレットの配布をスタートした。

Tクロスの日本仕様は、導入記念の特別仕様車「TクロスTSI 1st(ファースト)」および「TクロスTSI 1st Plus(ファーストプラス)」の2タイプがまずは上陸。フォルクスワーゲンのモジュラープラットフォーム「MQB」に、パワーユニットは1リッター直3ターボエンジンを採用している。ボディーカラーは全8色展開。ミラーとアルミホイールがアクセントカラーになる「デザインパッケージ」を利用することで、2モデル合計で全21種類の内外装の組み合わせから選択できる。

(webCG)

関連キーワード:
Tクロス, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る