Fペースはハイテクが生きている

続いて試乗したのはFペースSVR。これが最も好印象だった。パワーはレンスポSVRに比べ25PS少ないが、それはレンジローバー様と肩を並べるわけにいかないという事情によるもので、事実上同じと考えてよい。同じパワー、同じ音で加速し、同じ頼もしさで減速するが、車体の動きはより少なく安定している。引き締められたコイルサスというのもあるが、車両重量が2070kgとレンスポSVRより380kgも軽いからだ。乗り換えると、機敏な挙動に驚かされる。

「レンスポSVRにせよ、FペースSVRにせよ、いかにハイパワーを誇り強力なブレーキを備えるとはいえ、2t超えの重心の高いSUVでサーキット走行しても曲がったもんじゃないだろ?」という声が聞こえたので反論するが、さすがにこの後乗ったFタイプSVRのようにはいかないものの、テクノロジーによってかなりカバーされている。

具体的にはTVBB(トルクベクタリングバイブレーキ)と電子制御アクティブディファレンシャルによって、とにかくステアリングを切った方向へとクルマの向きを変えようという涙ぐましい努力が感じられる。その分、限界を超えた際のとっちらかり方と被害額は半端ではないだろうから、一番大事なのがドライバーの自制心であることは言うまでもないのだが、冷や汗ではなく心地よい汗をかく程度のペースを守る限り、SVOが手がけたSUVは実によく曲がる。

「ジャガーFペースSVR」のフロントマスク。大きく開いたエアインテークやリップスポイラーなどがSVR専用のデザインとなっている。
「ジャガーFペースSVR」のフロントマスク。大きく開いたエアインテークやリップスポイラーなどがSVR専用のデザインとなっている。拡大
「FペースSVR」のインテリア。プレミアムパーフォレーテッドウィンザーレザーが使用されたフロントシートが標準装備となる。
「FペースSVR」のインテリア。プレミアムパーフォレーテッドウィンザーレザーが使用されたフロントシートが標準装備となる。拡大
ジャガーFペースSVR
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4740×1960×1670mm/ホイールベース:2875mm/車重:2070kg/駆動方式:4WD/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:550PS(405kW)/6000-6500rpm/最大トルク:680N・m(69.4kgf・m)/2500-5500rpm/タイヤ:(前)265/40ZR22 (後)295/35ZR22/価格:1306万円
ジャガーFペースSVR
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4740×1960×1670mm/ホイールベース:2875mm/車重:2070kg/駆動方式:4WD/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:550PS(405kW)/6000-6500rpm/最大トルク:680N・m(69.4kgf・m)/2500-5500rpm/タイヤ:(前)265/40ZR22 (後)295/35ZR22/価格:1306万円拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプ クーペ/Fタイプ コンバーチブル【海外試乗記】 2020.2.19 試乗記 マイナーチェンジでフロントフェイスの印象が大きく変わった、ジャガーのスポーツカー「Fタイプ」。では、その走りはどうか? 欧州ポルトガルで、タイプの異なる3モデルに試乗した。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • モデューロXの真価を知る 2020.3.19 匠の技が磨いた走り<AD> ホンダの人気車種をベースに、専用の装備やチューニングで走りを磨いた「モデューロX」シリーズ。その最新モデル「ヴェゼル モデューロX」と軽スポーツ「S660モデューロX」からは、上質な走りにかける、つくり手の情熱が伝わってきた。
ホームへ戻る