時代の“終わり”も感じさせる

最後に乗ったXJR575のサテンコリスグレーのボディーカラーにテクニカルグレー仕上げの20インチホイールといういでたちは、『007』の敵の犯罪組織「スペクター」が公式車両としてまとめ買いしそうな仕様。4車種目ともなると、エンジンには慣れるが、このクルマはこの日唯一のFR。横滑り防止装置のスイッチを一度短く押すと、スリップアングルを少し許してから介入してくるため、007を追いかける、もしくは逃げる時のようなテールハッピーな走りを心ゆくまで楽しむことができた。

数時間のイベント中、合間にスタッフが目立たぬよう給油していた。車載燃費計は2~4km/リッターと表示していた。4台はこの日だけでいったい何リッターのハイオクガソリンを消費したのだろうか。その時、この試乗会が何に似ているのか気がついた。断髪式だ。われわれ自動車メディアが入れ代わり立ち代わりSVR各モデルを走らせる様子が、引退した力士の大銀杏(おおいちょう)に関係者が少しずつハサミを入れる姿と重なった。

この日のイベントはSVR試乗会であるとともに、実はジャガー・ランドローバー初のBEV専用車「Iペース」の試乗会でもあった。けたたましいクルマたちに交じってほぼ無音のIペースもコース上をほぼ同じペースで走っていた。その様子は実に対比的で、背中を丸めて歩く類人猿から背筋を伸ばして歩く人間に移り変わる図を見せられているようだった。同社は2020年以降発売するすべてのモデルに電動車を設定することを明言している。また先日、次期型ジャガーXJをBEVに生まれ変わらせることも発表した。V8とともに消えゆくのではなく生き延びることを選択したのだ。

ただし力士と違って大排気量の内燃機関の断髪式は1日では終わらない。この先何年もかけて人々はけたたましいV8サウンドに別れを告げるのだろう。なくなるのなら……とこれからあわてて買う人もいるはずだ。僕もできることならそうしたい。ただ断髪式が始まったのは間違いなさそうだ。イベントの終盤、「俺の体にはガソリンが流れている」と公言する先輩ジャーナリストの清水和夫さんが、断髪式の最後に親方が出てきて大銀杏をバッサリ切り取るかのように、XJRで大ドリフトを決めていた。

(文=塩見 智/写真=ジャガー・ランドローバー・ジャパン、荒川正幸、小林俊樹、花村英典/編集=近藤 俊)

この日唯一のFR車だった「ジャガーXJR575」。現行モデルの「XJ」は2009年7月にデビュー、モデルライフは11年目に入っており、先日、次期型は電気自動車に生まれ変わることが発表された。
この日唯一のFR車だった「ジャガーXJR575」。現行モデルの「XJ」は2009年7月にデビュー、モデルライフは11年目に入っており、先日、次期型は電気自動車に生まれ変わることが発表された。拡大
「XJR575」のインストゥルメントパネル。メーターの代わりに12.3インチのTFT液晶パネルが装備される。
「XJR575」のインストゥルメントパネル。メーターの代わりに12.3インチのTFT液晶パネルが装備される。拡大

前後シートともに、座面と背もたれの中央にダイヤモンドキルトステッチを採用。背もたれの上部には「575」の刺しゅうが施されている。


	前後シートともに、座面と背もたれの中央にダイヤモンドキルトステッチを採用。背もたれの上部には「575」の刺しゅうが施されている。
	拡大
ジャガー初の電気自動車「Iペース」もサーキットを走行。ほぼ無音のIペースとド派手なV8モデルの競演は、自動車産業の大きな変化を感じさせた。
ジャガー初の電気自動車「Iペース」もサーキットを走行。ほぼ無音のIペースとド派手なV8モデルの競演は、自動車産業の大きな変化を感じさせた。拡大
ジャガーXJR575
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5135×1905×1455mm/ホイールベース:3030mm/車重:1960kg/駆動方式:FR/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:575PS(423kW)/6250-6500rpm/最大トルク:700N・m(71.4kgf・m)/3500-4500rpm/タイヤ:(前)265/35ZR20 (後)295/30ZR20/価格:1922万円
ジャガーXJR575
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5135×1905×1455mm/ホイールベース:3030mm/車重:1960kg/駆動方式:FR/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:575PS(423kW)/6250-6500rpm/最大トルク:700N・m(71.4kgf・m)/3500-4500rpm/タイヤ:(前)265/35ZR20 (後)295/30ZR20/価格:1922万円拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプ クーペ/Fタイプ コンバーチブル【海外試乗記】 2020.2.19 試乗記 マイナーチェンジでフロントフェイスの印象が大きく変わった、ジャガーのスポーツカー「Fタイプ」。では、その走りはどうか? 欧州ポルトガルで、タイプの異なる3モデルに試乗した。
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2020.3.28 試乗記 「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」に試乗。ルーフを開け放って5.2リッターV12ツインターボのサウンドに包まれれば、アストンとイタリアンハイパーカーとの、目指すところの違いが見えてくるだろう。
  • モデューロXの真価を知る 2020.3.19 匠の技が磨いた走り<AD> ホンダの人気車種をベースに、専用の装備やチューニングで走りを磨いた「モデューロX」シリーズ。その最新モデル「ヴェゼル モデューロX」と軽スポーツ「S660モデューロX」からは、上質な走りにかける、つくり手の情熱が伝わってきた。
ホームへ戻る