V6よりもやっぱり直6!? シリンダーの並べ方で何が変わる?

2019.10.09 デイリーコラム

直6にこだわっていたとは知らなかった

今年もすでに後半戦。そんな2019年の日本自動車界におけるトップニュースは? と問われれば、現時点では「スープラの復活」という話題を筆頭に挙げる人は少なくないだろう。

2000年代初頭でピリオドが打たれたと一度は覚悟をしたブランドが、“スポーツカー不毛の時代”と言われる今に復活を遂げたのは、それだけでも感慨深いこと。さらに、それがひと昔前は到底想像もできなかった、BMWとトヨタによるコラボレーションというカタチで実現されたとなれば、大きなニュースにならない方が不思議というものだ。

一方で、個人的にちょっと驚いたのは、コラボレーションの理由のひとつに、トヨタから「BMWに直6エンジンがあったから」というフレーズが挙がったこと。

振り返れば、確かに歴代スープラの心臓には常に直列6気筒のエンジンが設定されていた。とはいえ、それは単にその時々におけるトヨタの“手持ちのエンジンラインナップ”が生み出した偶然(?)ではなかったのか。

開発陣が直6というエンジンのデザインにそこまで強い思い入れを抱き、それがスープラのヘリテージであるというこだわりまで持っていたとは、かつてA80型を所有していた自分にとっても、ちょっと意外な事柄だった。

3リッター直6ターボエンジンを搭載した「トヨタ・スープラRZ」。
3リッター直6ターボエンジンを搭載した「トヨタ・スープラRZ」。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.28 試乗記 4気筒モデルのバランスのよさも伝えられているが、「トヨタ・スープラ」といえば、やはり直6モデル「RZ」にとどめを刺す。電動化の波が押し寄せるさなかに復活した、古式ゆかしいスポーツカーの魅力を堪能した。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その2) 2019.1.14 画像・写真 デトロイトモーターショーで世界初公開された新型「トヨタ・スープラ」。そのデザインは「Condensed Extreme L6 FR “TOYOTA” Sports」というコンセプトのもとに開発されたという。抑揚豊かな新型スープラの姿を、写真で紹介する。
  • V6よりもやっぱり直6!? シリンダーの並べ方で何が変わる? 2019.10.9 デイリーコラム 新型「トヨタ・スープラ」が採用したり、メルセデス・ベンツが復活させたりと、何かともてはやされている直列6気筒エンジン。シリンダーを一直線に並べると、V6エンジンよりも優れたフィーリングが得られるものなのだろうか。河村康彦が語る。
  • アウディQ3スポーツバック【海外試乗記】 2019.9.24 試乗記 アウディのSUVラインナップに、ファストバックスタイルのCセグメントモデル「Q3スポーツバック」が登場。ドイツ・アイメルディンゲンでの試乗を通し、2020年半ばの日本導入が予想されるニューモデルの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る