「ジープ・コンパス」に特別仕様車「Sモデル」が登場 グレーとブラックのアクセントカラーが特徴

2019.10.10 自動車ニュース
ジープ・コンパスSモデル
ジープ・コンパスSモデル拡大

FCAジャパンは2019年10月10日、ジープのコンパクトSUV「コンパス」に上級グレード「リミテッド」をベースにした特別仕様車「コンパスSモデル」を設定、同年10月19日に160台限定で発売すると発表した。

ブラックを基調にダークグレーを部分的にあしらったフロントグリルを採用。ホイールやエンブレムもブラック系カラーで統一されている。
ブラックを基調にダークグレーを部分的にあしらったフロントグリルを採用。ホイールやエンブレムもブラック系カラーで統一されている。拡大
グレーステッチ入りのブラックレザーシートを特別装備。フロントは電動調整機能付きとなる。
グレーステッチ入りのブラックレザーシートを特別装備。フロントは電動調整機能付きとなる。拡大

今回のコンパスSモデルに関しFCAでは、「グレー系のアクセントカラーを随所に取り入れ、都会的なデザインを特徴とするコンパスをさらにスタイリッシュに仕立てた」と、その特徴を説明している。

エクステリアでは、ブラックを基調にダークグレーを部分的にあしらったフロントグリルや、同じくブラックペイントルーフにダークグレーのルーフレールを組み合わせた通常モデルにはないカラーコーディネートを採用。グラナイトカラーを用いたウィンドウモールディングやフォグランプベゼル、専用19インチアルミホイール、エンブレム、「S」バッジなども採用されている。

インテリアでは、グレーステッチ入りのブラックレザーシート(フロントパワーシート付き)やガンメタルインテリアアクセント、ブラックのヘッドライナーに加え、アウトドアなどで汚れたものを収納する際に便利なリバーシブルカーゴフロアが装備される。

ボディーカラーは、「ヴォーカルホワイト」と「ミニマルグレー」の2色(内装色はいずれもブラック)展開で、各80台が限定販売される。価格は437万円。

(webCG)

関連キーワード:
コンパス, ジープ, 自動車ニュース

ジープ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.6 試乗記 実に11年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた「ジープ・ラングラー」。エンジンのダウンサイジング化やATの多段化などによって洗練されたのはいいものの、果たして人々が求める“ジープらしさ”は残っているのだろうか。4ドア・2リッターの「アンリミテッド スポーツ」に試乗した。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る