トヨタが「ヴィッツ」改め新型「ヤリス」を初披露 クラスを超えた高性能をアピール

2019.10.16 自動車ニュース
トヨタ・ヤリス
トヨタ・ヤリス拡大

トヨタ自動車は2019年10月16日、同年12月に正式発表する新型「ヤリス」を世界初公開した。発売時期は、2020年2月が予定されている。

リアは、タイヤの踏ん張り感を強調するデザインが採用されている。
リアは、タイヤの踏ん張り感を強調するデザインが採用されている。拡大
ボディーサイズは現行型(日本名は「ヴィッツ」)とほぼ同じ。全長が5mm短くなっている。
ボディーサイズは現行型(日本名は「ヴィッツ」)とほぼ同じ。全長が5mm短くなっている。拡大
上級グレードのダッシュボードには、ソフトな素材が用いられる。
上級グレードのダッシュボードには、ソフトな素材が用いられる。拡大
シートのデザインは、グレードごとに異なる。
シートのデザインは、グレードごとに異なる。拡大
ホイールベースは先代のものに比べ40mm長くなっている。
ホイールベースは先代のものに比べ40mm長くなっている。拡大

目指したのはコンパクトな優等生

ヤリスは、トヨタがグローバルに展開しているコンパクトハッチバック。国内ではこれまで「ヴィッツ」の名で販売されており、今回の新型は、1999年に誕生した初代から数えて4代目にあたる。その使命は、ボディーサイズの大小による従来のヒエラルキーを壊し、小さくても上質な“いいクルマ”となること。それゆえ心機一転、国内でもヤリスの名称を使うことにしたという。

そんな新型の核となるのは、コンパクトカー用の新開発プラットフォーム「GA-B」だ。これにゼロベースでつくられたエンジン、ハイブリッドシステム、トランスミッション、サスペンションを組み合わせ、「ひとびとの既成概念を超えるクラスレスな次世代カー」を目指した。結果、車体のねじり剛性は従来モデル比で30%アップ。車重は新旧ハイブリッド車を比較した場合で50kg、ガソリン車同士でも20~30kg軽く仕上がっている。

今回公表されたボディーサイズは全長×全幅×全高=3940×1695×1500mmで、従来モデルとの差はごくわずか(全長のみ-5mm)。一方、2550mmのホイールベースは40mm延長されている。エクステリアデザインの理想イメージは「黒豆」で、ツヤと凝縮感のある(しかもおいしそうな)見た目を追求。ルーフのピークポイントを後方にずらし、リアホイール前方にブーメラン型のラインを入れるなどして躍動感も演出されている。ボディーカラーは、ピンク系やイエロー系を含む全12色がラインナップされる予定だ。

一方のインテリアは、無駄を省いたシンプルなラインが特徴。Aピラーを後退させて視界を確保する一方で、TAUPE(トープ)と呼ばれる茶系のコンビネーションカラーを採用して上質感を演出した。スポーティーな小径ステアリングホイール(直径365mm)や小さくても存在感のある双眼鏡型メーターパネルなど、ディテールにはこだわりが見られる。なお、キャビンの広さや荷室容量の変化については、具体的な数値は明らかにされていない。

ハイブリッド用の1.5リッター直3エンジン。豊かなトルク特性を持ちながら、低燃費も両立させるという。
ハイブリッド用の1.5リッター直3エンジン。豊かなトルク特性を持ちながら、低燃費も両立させるという。拡大
ステアリングホイールの直径は365mm。そのスポーク部には運転支援システムの操作スイッチが配される。
ステアリングホイールの直径は365mm。そのスポーク部には運転支援システムの操作スイッチが配される。拡大
スマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオと車載通信機は、全車に標準装備される。
スマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオと車載通信機は、全車に標準装備される。拡大

5人乗車時のラゲッジスペース。後席は60:40の分割可倒式。


	5人乗車時のラゲッジスペース。後席は60:40の分割可倒式。
	拡大
ボディーカラーは全12色が設定される。そのうちのイメージカラーは赤系とピンク系。
ボディーカラーは全12色が設定される。そのうちのイメージカラーは赤系とピンク系。拡大

“トヨタ初”の要素も多数

新型ヤリスのパワートレインは、全部で4種類。キモとなるのは新開発された自然吸気の1.5リッター直噴直3ユニット「ダイナミックフォースエンジン」で、6段MTまたは発進用ギア付きのCVTが組み合わされている。ハイブリッド車には、基本が同じ1.5リッター直3エンジンをポート噴射化した、バランサーのないものを採用。小型・軽量な新開発ハイブリッドユニットと併用することで、従来モデル比20%という世界最高レベルの燃費性能を実現するという。このハイブリッド仕様は、130km/hでのEV走行も可能。トヨタのコンパクトカーとして初めて、後輪をモーターで駆動する4WD車「E-Four」が設定されるのもトピックである。レンタカー等の法人利用を想定した1リッター直3モデルも設定されており、こちらには小型軽量化されたCVTが組み合わされる。

「クラスを超えた安全装備の充実ぶり」も、セリングポイントのひとつだ。新型ヤリスは、一部グレードを除いて、予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備。トヨタのコンパクトカーとして初めて、「レーダークルーズコントロール」と「レーントレーシングアシスト」が用意される。中でも目玉となるのが、トヨタ初の高度駐車支援システム「Advanced Park」。ステアリングだけでなく、アクセルやブレーキも自動で制御され、ボタンひとつで駐車を素早くサポート。自宅をはじめとする“いつもの駐車スペース”では、たとえ白線がなくとも、画像認識機能がスペースの特徴をとらえることで駐車できるようになるという。

このほか便利な機能としては、非常時に家庭の電化製品が使えるほか、発電機としても活用できる1500Wのアクセサリーコンセントが挙げられる(ハイブリッド車にオプション設定)。充実したスマートフォンとの連携機能や、非常時・緊急時のオペレーターサービスも見どころのひとつだ。マニュアル操作で簡単に前回のドライビングポジションへと復帰できる「イージーリターンシート」や、運転席および助手席を回転&チルトさせることで、体が不自由なユーザーや和装の人の乗り降りをサポートする「ターンチルトシート」も新しい試みといえる。

新型ヤリスは現時点ではまだ開発段階で、2019年の12月に正式発表される。

(webCG)

新型「ヤリス」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
ヤリス, ヴィッツ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る