現行型「ジャガーXJ」に最後の特別仕様車「“V8”ファイナルエディション」登場

2019.10.21 自動車ニュース
ジャガーXJR575“V8”ファイナルエディション
ジャガーXJR575“V8”ファイナルエディション拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年10月21日、ジャガーブランドのフラッグシップサルーン「XJ」に特別仕様車「XJR575“V8”ファイナルエディション」を設定し、20台の台数限定で注文受付を開始した。

 
現行型「ジャガーXJ」に最後の特別仕様車「“V8”ファイナルエディション」登場の画像拡大
特別装備に含まれるセンターホイールバッジ。
特別装備に含まれるセンターホイールバッジ。拡大
成約特典としてプレゼントされる「ジャガー・アルティメットペン バイ モンテグラッパ」。
成約特典としてプレゼントされる「ジャガー・アルティメットペン バイ モンテグラッパ」。拡大

今回のXJR575“V8”ファイナルエディションのベースは最高出力575PS、最大トルク700N・mの5リッターV8スーパーチャージャー付きエンジンを搭載した「XJR575」。現行のXJでは最後の特別仕様車とされており、次期型は電気自動車に生まれ変わることが発表されている。

アダプティブLEDヘッドライトをはじめ、シルバーカーボンのホイールセンターバッジや360度サラウンドカメラ、セキュアトラッカー、スマートフォンパック、コネクトプロパックなどを装備する。

これらを含む特別装備の内容は以下の通り。

  • アダプティブLEDヘッドライト
  • 20インチ“スタイル5044”5スポークホイール(テクニカルグレーフィニッシュ)
  • 360度サラウンドカメラ
  • セキュアトラッカー
  • スマートフォンパック
  • デュアルビュータッチスクリーン
  • コネクトプロパック
  • ラゲッジコンパートメント プレミアムカーペットマット
  • ロッキングホイールナット(ブラック)
  • ホイールセンターバッジ
  • スタイルバルブキャップ
  • ジャガー・プレミアムケア5

価格は、初代の「XJシリーズ1」が誕生した1968年にちなんだ1968万円。なお、成約特典として“ライティングジュエル(筆記具の宝石)”と称されるモンテグラッパの万年筆「ジャガー・アルティメットペン バイ モンテグラッパ」がプレゼントされる。

(webCG)

関連キーワード:
XJ, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XJ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 現行型「ジャガーXJ」に最後の特別仕様車「“V8”ファイナルエディション」登場 2019.10.21 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年10月21日、ジャガーブランドのフラッグシップサルーン「XJ」に特別仕様車「“V8”ファイナルエディション」を設定し、20台の台数限定で注文受付を開始した。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • ジャガーXJシリーズ(6AT)【試乗記】 2003.6.12 試乗記 ジャガー XJシリーズ(6AT)

    前モデルのデザインを踏襲しつつ、アルミ合金モノコックボディの採用などで、大きく中身が変わった「ジャガーXJ」。『webCG』エグゼクティブディレクター、大川 悠が全グレードを試乗し、印象を語る。


  • 新型「ベントレー・フライングスパー」日本上陸 2020年春にデリバリー開始 2019.12.4 自動車ニュース ベントレー・モーターズ・ジャパンは2019年12月4日、フルモデルチェンジしたスポーツサルーン「ベントレー・フライングスパー」を発表した。注文受け付けは同日に開始され、2020年の第2四半期にはデリバリーが始まる見込み。
ホームへ戻る