クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)

想定外のファン・トゥ・ドライブ 2019.11.01 試乗記 ベントレーの4ドアサルーン「フライングスパー」がフルモデルチェンジ。豪華なグランドツアラーでありながら“スポーツセダン”を名乗る新型は、そのうたい文句では伝え切れないほどの楽しさを味わわせてくれた。

「コンチネンタルGT」とは全然違う

2019年10月半ばよりカスタマー向けの生産も始まった、新型フライングスパー。日本市場へは2020年の春か夏ごろに上陸予定という。いち早くモナコでのテストドライブがかなったので報告しよう。

第2世代となったフライングスパー。主なコンセプトは変わっていない。「コンチネンタルGT」と多くのメカニカルパートを共有する4ドアの大型高級スポーツサルーンである。

けれども、試乗後の感想はというと、そんなイージーな記述をした自分があとから恥ずかしく思えるほどに衝撃的、というものだった。コンチネンタルGTとはまるで違うライドテイストがあって、しかも総合的にみてフライングスパーのほうが勝るという評価をスポーツカー好きのライターがくだしてしまうほどに……。

そもそもエクステリアデザインからして、もはやコンチネンタルGTの姉妹であるとはほとんど思えない。特徴的な丸目4灯のデザインがあるから、辛うじてその共通性を見いだすことができるわけだけれども、それ以外はもはや全く異なっている。“コンチネンタルGTベースの4ドア版”などという枠組みにはおさまりきらない。

そして、肝心のライドテイストが全く異なる。コンチネンタルGTを国内外でじっくり経験している筆者であっても、まるで違うモデルのテストドライブに立ち会ったという印象のほうが先に立ったのだから。

2019年6月に世界初公開された、新型「ベントレー・フライングスパー」。国内では、2020年の第2四半期にデリバリーが開始される。
2019年6月に世界初公開された、新型「ベントレー・フライングスパー」。国内では、2020年の第2四半期にデリバリーが開始される。拡大
インストゥルメントパネルやセンターコンソールをはじめとする車内前方のデザインは、基本的に「コンチネンタルGT」と変わらない。
インストゥルメントパネルやセンターコンソールをはじめとする車内前方のデザインは、基本的に「コンチネンタルGT」と変わらない。拡大
上質なレザーで仕立てられたシート。レザーの色は標準で15色用意され、パネル類はスタンダード(1種類)のほかに7種類のオプションが選択できる。
上質なレザーで仕立てられたシート。レザーの色は標準で15色用意され、パネル類はスタンダード(1種類)のほかに7種類のオプションが選択できる。拡大
グラマラスなフェンダーラインが目を引くリアビュー。「B」が浮かび上がるコンビランプやオーバル型のマフラーエンドも特徴的。
グラマラスなフェンダーラインが目を引くリアビュー。「B」が浮かび上がるコンビランプやオーバル型のマフラーエンドも特徴的。拡大

多くのメカは“ありもの”だが……

とはいえ、先にも記したとおり、物理的にメカニカルパートの多くをフライングスパーはコンチネンタルGTと共有している。ポルシェが中心となって開発したプラットフォーム(大型のFR車用で「パナメーラ」が使っている)をベースにしており、フロントアクスルが先代より前進しているという点も同じだ。パワートレインはコンチネンタルGTデビュー時と同様に、6リッターW12ツインターボ+ZF製8段DCT+アクティブ4WD、であり、うたう最高速333km/hはもちろんサルーンとして世界最速だ。ちなみにエンジンスペックは最高出力635PS、最大トルク900N・mである。

アクティブ4WDも同じだ。前作のフルタイム4WDシステムでは前後40:60というトルク配分だったが、新型では通常時はFRであり、路面環境や後輪のスリップ度合いに応じてフロントにも自動的にトルクを配分する。コンフォートモードで最大480N・m、スポーツモードで最大280N・mの駆動トルクがフロントに分配され、さらにブレーキトルクベクタリングも行われる。

連続ダンピングコントロール(CDC)を行うエアサスペンションもコンチネンタルGTと同様に、先代比60%増の空気量を確保する3チャンバーエアスプリングを採用。48Vシステムによって素早く正確に制御されたアンチロールシステムと相まって極上のライドフィールを提供するあたりも、メカニズムとしてみれば同じ、だ。

4ドアのロングホイールベースモデル、ということで、メカニカル面での最大の違いは、新開発の電動4WSを搭載することだろう。これによって、低速走行時の取り回し性向上と、高速走行時の安定性アップを両立した。

W型にシリンダーを配列した12気筒エンジンは、最高出力635PS、最大トルク900N・mを発生。この値は「コンチネンタルGT」のものと変わらないが、WLTCモードの燃費(燃料1リッターあたり)は約8.2kmから約6.8kmへと低下している。
W型にシリンダーを配列した12気筒エンジンは、最高出力635PS、最大トルク900N・mを発生。この値は「コンチネンタルGT」のものと変わらないが、WLTCモードの燃費(燃料1リッターあたり)は約8.2kmから約6.8kmへと低下している。拡大
常時4WDだった先代と異なり、新型「フライングスパー」は通常、後輪を駆動。必要に応じて前輪にもトルクを配分する。
常時4WDだった先代と異なり、新型「フライングスパー」は通常、後輪を駆動。必要に応じて前輪にもトルクを配分する。拡大
フロントフェンダー後方のエアベントには、ベントレーの頭文字である「B」をかたどった装飾が見られる。
フロントフェンダー後方のエアベントには、ベントレーの頭文字である「B」をかたどった装飾が見られる。拡大
新型「フライングスパー」が0-100km/h加速に要する時間は3.8秒。最高速は333km/hと公表される。
新型「フライングスパー」が0-100km/h加速に要する時間は3.8秒。最高速は333km/hと公表される。拡大

新たなラグジュアリーの提案がある

ここまで書いて、「なんだ4WS以外コンチGTとそんなに変わらないじゃない?」と言われてしまいそうだ、と思ったので、肝心のドライビングフィールについて報告したい。メカニカルパートがほとんど同じだというのに、実際にドライブした感覚はまるで違うものだったのだから。

国際試乗会はモナコのロテル・ド・パリを起点に開催された。まずは助手席で、新型フライングスパーのすごみを実感する。ホテルの前で乗り込み、カジノ広場を巡ってブラングラン通りを上ったあたりで、その乗り心地のよさが十分に体感できた。そして、恐ろしく静かだ。

22インチなどという巨大なタイヤを完璧に履きこなす。助手席からでもそうと感じ取れるほどにパワートレインはスムーズで、シャシーの動きもたおやかだ。あまりの快適さに、乗り心地への興味は(かえって)早々に薄れてしまい、3Dレザーをはじめとする新たなアイデアに満ちた、ぜいたくなインテリアをじっくり眺めるゆとりさえ持てた。高級車は単なる移動の手段ではない。そのプロセスをも濃密に楽しめる。そんな余裕が、これからのラグジュアリーの表現というわけだろう。

テクノロジーをシンプルに使いこなすことこそ、ラグジュアリーブランドの真の実力というわけだ。

5.3m超の堂々たる体格を誇る「フライングスパー」。21インチまたは22インチサイズのアルミホイールが組み合わされる。
5.3m超の堂々たる体格を誇る「フライングスパー」。21インチまたは22インチサイズのアルミホイールが組み合わされる。拡大
独立型の後席。ホイールベースを同世代の「コンチネンタルGT」よりも130mm延長したことにより、ゆとりあるスペースが確保されている。
独立型の後席。ホイールベースを同世代の「コンチネンタルGT」よりも130mm延長したことにより、ゆとりあるスペースが確保されている。拡大
後席の乗員のために、独立したエアコンディショナーと液晶タイプの操作パネルが用意される。
後席の乗員のために、独立したエアコンディショナーと液晶タイプの操作パネルが用意される。拡大

得も言われぬ心地よさ

ショーファードリブンで驚くのは、まったくもって早計だった。フライングスパーの真骨頂といえばやはりオーナードリブン。しかも新型のそれはスポーツカーを目指したコンチネンタルGT流とはまるでベクトルが異なり、洗練された別種の上品さを持ち合わせていたのだから。

試乗する前に危惧していたのは、コンチネンタルGTで感じたDCT変速のマナーの悪さ、だった。ところが新型フライングスパーではまるでそれを感じない。ひょっとしてコンベンショナルなトルコン式ATに替えてしまったのか、と思ったほどだった。

そしてもちろん、それよりも驚かされたのは、実は胸のすくスポーツドライビングだった。ワインディングロードを、そこそこの速度をキープしながらひらりひらりと駆けぬけたときの何とも言えぬ心地よさ。これはもう、世界最高レベルである。

W12ツインターボは可変エキゾーストバルブシステムによって、適切なエンジンサウンドを響かせながら、滑らかかつ力強く回り続ける。DCTの変速は段差の大きくない節をリズムよく踏んでいるかのようで心地いい。加えて、リアスタビリティーの高さと4WSによる回頭性のよさ、望む位置へと正確に前輪を導けるというステアフィールなどにより、スポーツカーとは違った、けれどもファンなライドフィールを味わうことができた。

新型フライングスパーがコンチネンタルGTの単なる4ドア版でないことは、実はノーズの先端を見さえすれば分かる。押し出しもいっそう立派になった大きなグリルの上、21世紀によみがえったフライングスパーとしては初めてとなる、フライングBの新デザインマスコットが輝いているのだから。

(文=西川 淳/写真=ベントレー/編集=関 顕也)

ベントレー車として初めて電動の後輪操舵システムが採用された新型「フライングスパー」。アクティブAWDやベントレー ダイナミックライドなどとの組み合わせにより、優れたハンドリングを実現している。
ベントレー車として初めて電動の後輪操舵システムが採用された新型「フライングスパー」。アクティブAWDやベントレー ダイナミックライドなどとの組み合わせにより、優れたハンドリングを実現している。拡大
センターコンソールの3連メーターは、用途に応じてパネルごと回転し、インフォテインメント用の液晶モニターへと切り替わる。
センターコンソールの3連メーターは、用途に応じてパネルごと回転し、インフォテインメント用の液晶モニターへと切り替わる。拡大
ドアの内張には、「三次元テクスチャードレザー仕上げ」と呼ばれる凝った意匠が見られる。
ドアの内張には、「三次元テクスチャードレザー仕上げ」と呼ばれる凝った意匠が見られる。拡大
今回の新型は、21世紀に入って復活した新生「フライングスパー」の中では3代目にあたる。そのボンネットには、初めて格納式の”フライングB”マスコットが装着された。
今回の新型は、21世紀に入って復活した新生「フライングスパー」の中では3代目にあたる。そのボンネットには、初めて格納式の”フライングB”マスコットが装着された。拡大

テスト車のデータ

ベントレー・フライングスパー

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5316×1978×1484mm
ホイールベース:3194mm
車重:2437kg
駆動方式:4WD
エンジン:6リッターW12 DOHC 48バルブ ツインターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:635PS(467kW)/6000rpm
最大トルク:900N・m(91.8kgf・m)/1350-4500rpm
タイヤ:(前)275/35ZR22 104Y/(後)315/30ZR22 107Y(ピレリPゼロ)
燃費:14.8リッター/100km(約6.8km/リッター、WLTCモード)
価格:2615万8000円/テスト車=--円(※日本国内での販売価格)
オプション装備:--

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:--km
走行状態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ベントレー・フライングスパー
ベントレー・フライングスパー拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ベントレー の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。