第601回:来日したマーケティング担当者を直撃! アルピーヌのブランド戦略と今後の展開を問う

2019.11.07 エディターから一言
「アルピーヌA110S」と、アルピーヌのマーケティング・ダイレクターを務めるレジス・フリコテ氏(左)。
「アルピーヌA110S」と、アルピーヌのマーケティング・ダイレクターを務めるレジス・フリコテ氏(左)。拡大

輸入車ブランドが大量撤退した今回の東京モーターショーで、アルピーヌがあえて新規出展した理由を「日本市場はアルピーヌにとって世界で3番目の重要市場だから」と説明する、同社マーケティング・ダイレクターのレジス・フリコテ(Régis Fricotté)氏。そんな彼にアルピーヌの実情と、新バリエーション「A110S」について聞いてみた。

ルノーのハイパフォーマンスカー部門、ルノー・スポールと深い関係にあるアルピーヌ。フリコテ氏もかつてはルノー・スポールに在籍していたが、「アルピーヌはルノーからは完全に独立しています」とのこと。
ルノーのハイパフォーマンスカー部門、ルノー・スポールと深い関係にあるアルピーヌ。フリコテ氏もかつてはルノー・スポールに在籍していたが、「アルピーヌはルノーからは完全に独立しています」とのこと。拡大
ブローニュ=ビヤンクールのルノー本社内にヘッドクオーターを構えるアルピーヌ。車両の生産はディエップの工場で行われている。
ブローニュ=ビヤンクールのルノー本社内にヘッドクオーターを構えるアルピーヌ。車両の生産はディエップの工場で行われている。拡大
アルピーヌの生産台数は日産15台ほど。これまでに約6000台の「A110」がラインオフしていったという。
アルピーヌの生産台数は日産15台ほど。これまでに約6000台の「A110」がラインオフしていったという。拡大
1971年当時のディエップ工場にて、アルピーヌの創設者であるジャン・レデレ氏。新生「A110」の生産は、かつて“オリジナル”のA110がつくられていたのと同じ工場で行われているのだ。
1971年当時のディエップ工場にて、アルピーヌの創設者であるジャン・レデレ氏。新生「A110」の生産は、かつて“オリジナル”のA110がつくられていたのと同じ工場で行われているのだ。拡大

いたずらに台数を追いかけるのではなく

――フリコテさんとは先代「ルノー・メガーヌ」の「ルノースポール」(以下、R.S.)の取材でお会いしていますね。さらにいうと、アルピーヌの現チーフビークルエンジニアであるジャン・パスカル・ドゥースさんもR.S.に在籍していましたし、A110の開発テストを担当したロラン・ウルゴンさんはR.S.のカリスマ・テストドライバーとして知られています。

あのときにお会いしたのは別人です(笑)。……と、それは冗談ですが、ブランドとしてのアルピーヌはルノーからは完全に独立していますので、必然的にアルピーヌはR.S.ともまったく別物ということになります。現場のプロフェッショナルとしてR.S.の人間がアルピーヌの開発を手伝うことはありますが……。

アルピーヌ専属となる私のデスクも今はR.S.カーズのあるレズリスではなく、ブローニュ=ビヤンクール(=ルノー本社内)に置かれています。

――アルピーヌ発祥の地でもあるフランス北部のディエップ工場では、昨2018年末まで「ルーテシアR.S.」も生産していました。昨年1年間の生産台数はルーテシアR.S.が3932台、アルピーヌA110が3304台だったと公表されていますが、現在はルーテシアR.S.は生産されていませんね。

はい、現在ディエップでつくっている量産車はA110だけで、現在は1日あたり約15台のペースで生産しています。増産も不可能ではないですが、無理に増やすつもりはありません。あくまで需要に応じて適切に生産していくのがアルピーヌの戦略です。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.11.23 試乗記 フランスのミドシップスポーツモデル「アルピーヌA110」に、ハイパフォーマンスグレードの「A110S」が追加された。よりパワフルなエンジンと引き締められた足まわりで、その走りはどう変わったのか? ポルトガルのエストリルサーキットから報告する。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • 第158回:アルファ・ロメオ考2020 2020.1.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第158回は「アルファ・ロメオ考2020」。中高年カーマニアが、今、気軽に買えるモデルとは? 現行の「4C」「ジュリア」から、20歳オーバーの中古車まで、イタ車好きの筆者がアルファ・ロメオのラインナップに斬り込む。
  • アルピーヌA110リネージ/A110ピュア 2018.9.21 画像・写真 アルピーヌ・ジャポンは2018年9月21日、ミドシップスポーツカー「A110」をカタログモデルとして導入すると発表し、同日、予約受注を開始した。その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る