クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1(FF/6AT)

ほどよくヤンチャ わかりやすくスポーティー 2019.11.09 試乗記 新しくなった「アウディA1スポーツバック」の走りを試すべく本国ドイツへ出向いたところ、そこで待ち受けていたのは“日本未導入”の「40 TFSI」。やや複雑な心持ちで試乗に臨んだのだが、実際には、このグレードこそ新型A1のキャラクターを最もよく表したモデルだった。

よりワイド&ローに よりマッシブに

2代目となるアウディA1スポーツバックは2019年11月1日に日本で発表された。間もなく国内でも試乗できることになるが、まずは1.5リッター直4ターボの「35 TFSI」が導入され、後に1リッター直3ターボの「25 TFSI」が追加されるという。コンパクトなA1スポーツバックならば35 TFSI や25 TFSIでも必要十分以上に走ってくれることだろうが、本国でラインナップされている2リッター直4ターボの40 TFSIの導入予定がないのが残念でならない。

というのも、新型A1スポーツバックは、先代の丸みを帯びた優しいスタイリングから一転、スポーティーさを全身でアピールしたコンパクトハッチバックに生まれ変わったからだ。ボディーサイズに対してやや過剰なスペックともいえる最高出力200PS、最大トルク320N・mの2リッター直4ターボを搭載した40 TFSIは、新型のキャラクターにぴたりとマッチしているのである。

新型A1は、プラットフォームが新たに「MQB A0」となったことでワイド&ローかつタイヤが四隅に配置されるスポーティーなフォルムを獲得。そのうえでショルダーラインは筋骨隆々といった感じに盛り上がり、アウディの象徴ともいえる「スポーツクワトロ」をデザインモチーフとした、ボンネット先端の3分割スリットなどのディテールが盛り込まれている。

今回用意された試乗車は、ターボブルーのボディーカラーにホワイトのホイールが鮮やかで、リアタイヤ前方にフォーリングスが入っているところがスポーツクワトロをほうふつとさせる。タイヤは標準では17インチだが、テスト車は18インチを装着していた。

2018年6月に本国ドイツで発表された新型「A1スポーツバック」。マッシブなフェンダーまわりなど、往年の「アウディ・スポーツクワトロ」を思わせる意匠が目を引く。
2018年6月に本国ドイツで発表された新型「A1スポーツバック」。マッシブなフェンダーまわりなど、往年の「アウディ・スポーツクワトロ」を思わせる意匠が目を引く。拡大
インテリアはセンタークラスターを運転席側に向けた、ドライバーオリエンテッドなものだ。
インテリアはセンタークラスターを運転席側に向けた、ドライバーオリエンテッドなものだ。拡大
今回の試乗車は、2リッターターボエンジンを搭載した日本未導入のモデル「40 TFSI」の、初版限定モデル「エディション1」だった。
今回の試乗車は、2リッターターボエンジンを搭載した日本未導入のモデル「40 TFSI」の、初版限定モデル「エディション1」だった。拡大
リアドアの下端、リアホイールハウスの前方に備わる「フォーシルバーリングス」のアイコン。「40 TFSI」の中でも「エディション1」ならではの意匠となっている。
リアドアの下端、リアホイールハウスの前方に備わる「フォーシルバーリングス」のアイコン。「40 TFSI」の中でも「エディション1」ならではの意匠となっている。拡大

“洗練されている”だけじゃない

デジタルメーターの「アウディバーチャルコックピット」が採用されたインテリアは、アウディらしい質感の高さも相まって実に洗練されているが、フラットボトムのステアリングやインストゥルメントパネルを運転席側に傾けたドライバーオリエンテッドな空間としているところに、どこか懐かしさも感じる。

この2リッター直4ターボはすでに「フォルクスワーゲン・ポロGTI」でも体験済みだが、A1スポーツバックでも同じように迫力がある。発進時にアクセルを深く踏み込めば、フロントタイヤを軋(きし)ませながらはじけるように加速。トルクがずぶといのでちょっとした路面の荒れでも瞬間的にホイールスピンしそうになるが、フロントタイヤは執拗(しつよう)に路面を捉えて前へ前へと突き進んでいく。エンジンは強力だが、A1スポーツバックのシャシーにはまだ余裕がありそうだ。

スポーティーなエンジンは最高出力を発生する6000rpmまでスムーズに回るが、それよりも印象的なのは太いトルクが幅広い回転域で生み出され、なおかつレスポンスがいいことだ。1500-2000rpm程度の低回転で巡航走行しているときでも、アクセルを踏み増せば即座に背中がシートバックに押しつけられ、小気味よく速度を増していく。シフトダウンするほど深くアクセルを踏み込んだときなどは、グワッとやや乱暴なほどの加速をみせるが、それがまたほどよくヤンチャ。最近のアウディは洗練されたモデルが多いが、A1スポーツバックははっきりとわかりやすくスポーティーで、ドライバーを熱くさせるのだ。

18インチタイヤを履いているからさぞかし乗り心地は硬めだろうと予想していたのだが、40 TFSIはアダプティブダンパーが標準装備されているため、想像するよりずっと快適だった。とはいえ、「A6」や「A8」のように極めて洗練されてスムーズというわけではなく、わずかながらトガった入力がある。ボディー剛性が高く、サスペンションもちょっと硬めで、いかにも超高速域で安心感がありそうな雰囲気。昔ながらのドイツ車のイメージなのだ。街中を走らせていると、早く高速道路やワインディングロードで走りを試してみたくなる。

新型「A1スポーツバック」のセンタークラスターまわり。操作インターフェイスに積極的にタッチパネルを取り入れているアウディだが、同車ではインフォテインメント関連は上部のスクリーン、空調などその他の機能は機械式のスイッチやダイヤルと、使い分けがなされているようだ。
新型「A1スポーツバック」のセンタークラスターまわり。操作インターフェイスに積極的にタッチパネルを取り入れているアウディだが、同車ではインフォテインメント関連は上部のスクリーン、空調などその他の機能は機械式のスイッチやダイヤルと、使い分けがなされているようだ。拡大
エンジンは最高出力200PS、最大トルク320N・mを発生する2リッター直4ターボ。大トルク対応型の6段デュアルクラッチ式ATと組み合わされる。
エンジンは最高出力200PS、最大トルク320N・mを発生する2リッター直4ターボ。大トルク対応型の6段デュアルクラッチ式ATと組み合わされる。拡大
「40 TFSI」の標準タイヤサイズは215/40R17だが、「エディション1」にはオプションの18インチアルミホイールと215/40R18サイズのタイヤが装備される。
「40 TFSI」の標準タイヤサイズは215/40R17だが、「エディション1」にはオプションの18インチアルミホイールと215/40R18サイズのタイヤが装備される。拡大
新プラットフォーム「MQB A0」が採用された新型「A1スポーツバック」。FFでも、200PSのエンジンパワーに十分に対応できるシャシー性能を備えていた。
新プラットフォーム「MQB A0」が採用された新型「A1スポーツバック」。FFでも、200PSのエンジンパワーに十分に対応できるシャシー性能を備えていた。拡大

ぜひ日本導入を検討してほしい

アダプティブダンパーの減衰力は、当然のことながら「アウディドライブセレクト」にも連動している。アウトバーンで速度を上げていくと、走行モードが「コンフォート」のままでもボディーコントロールに特に不満はなかったが、やはり「ダイナミック」に切り替えたほうがよりフラットで落ち着いてくる。先代比で95mmもホイールベースが延びたこともあって高速走行は得意で、ひとクラス上のCセグメントのモデルに乗っているかのようだ。コンパクトなボディーながら、速度無制限区間の追い越し車線でも堂々としていられるのが痛快だった。

痛快といえば、ワインディングロードでの走りも痛快だ。フロントがワイドトレッドとなった効果が大きく、コーナーへ向けてステアリングを切り込んでいけばグイグイとノーズが入っていく。だからといって過敏すぎて疲れてしまうような特性ではなく、あくまでドライバーの意思に忠実に、いかにもフロントのグリップに余裕がある感覚を伴いながらターンインしていく。スタビリティーが高すぎてつまらないなんてこともなく、リアも穏やかながら振り出させられる。ホットハッチと呼ぶにふさわしいハンドリングなのだ。

A1スポーツバックはこれまでもアウディの販売台数増加に貢献してきたが、同クラスでわが物顔のMINIをやっつけるべく、新型ではスポーティーさを前面に押し出してきたのだろう。それがよく表れているのが40 TFSIなのだ。やや過剰なスペックのエンジンを搭載するから多少は荒々しさがあり、ノイズなどもそれなりに入ってくるが、洗練されすぎてないのがいい。これぐらいのわかりやすいヤンチャ感があるモデルは日本でも人気者になるだろう。ぜひとも導入を検討してもらいたいモデルなのだ。

(文=石井昌道/写真=アウディ/編集=堀田剛資)

新型「A1スポーツバック」の外寸は全長×全幅×全高=4029×1740×1433mm、
ホイールベースは2563mm(欧州仕様)。従来モデルと比べると、全幅、全高はほぼそのままで、全長のみ大きく延長されている。
新型「A1スポーツバック」の外寸は全長×全幅×全高=4029×1740×1433mm、
	ホイールベースは2563mm(欧州仕様)。従来モデルと比べると、全幅、全高はほぼそのままで、全長のみ大きく延長されている。拡大
シートには、クロス地のベーシックなものから本革と合皮のスポーツシートまで、さまざまな仕様を用意。テスト車には、一部にダービー柄を用いたノヴムクロスのスポーツシートが装備されていた。
シートには、クロス地のベーシックなものから本革と合皮のスポーツシートまで、さまざまな仕様を用意。テスト車には、一部にダービー柄を用いたノヴムクロスのスポーツシートが装備されていた。拡大
従来モデルより空間が拡張された後席。足元のスペースはもちろん、頭まわりやヒジ、肩まわりのスペースもゆとりが増している。
従来モデルより空間が拡張された後席。足元のスペースはもちろん、頭まわりやヒジ、肩まわりのスペースもゆとりが増している。拡大
パワフルなエンジンと、ホットハッチと呼ぶにふさわしいハンドリングが魅力の「40 TFSI」。ぜひ日本導入を検討してほしい。
パワフルなエンジンと、ホットハッチと呼ぶにふさわしいハンドリングが魅力の「40 TFSI」。ぜひ日本導入を検討してほしい。拡大

テスト車のデータ

アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4029×1740×1433mm
ホイールベース:2563mm
車重:1260kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:200PS(147kW)/4400-6000rpm
最大トルク:320N・m(32.6kgf・m)/1500-4400rpm
タイヤ:(前)215/40R18 89Y/(後)215/40R18 89Y(ブリヂストン・トランザT005)
燃費:6.0リッター/100km(約16.7km/リッター、欧州複合モード)
価格:--円
オプション装備:--
※数値はいずれも欧州仕様

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費: --km /リッター

アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1
アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アウディ A1スポーツバック の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。