“来てもらう”ことにこだわって来場者数100万人達成! 東京モーターショー2019を総括する

2019.11.07 デイリーコラム

とにかく歩いたモーターショー

第46回東京モーターショー、見に行かれましたか? 僕は仕事の関係で10月23日と24日の2日間(プレスデー)、そして27日と、都合3日間お邪魔しました。

ともあれ印象的なのは「歩かされる」こと。仕事ゆえ当然ですが、プレスデーは動きっぱなし。東京ビッグサイトの南・西展示棟と青海展示棟との間をつなぐ「OPEN ROAD(オープンロード)」も徒歩で一往復すると、2日間の歩数は合計で4万半ばほどに達していました。

スマホの歩数計機能のおかげでモーターショーでの歩数というのは意識せずとも把握できるようになりましたが、直近のフランクフルトモーターショーで僕が歩いていた歩数は3万超ですから、東京のそれはおよそ1万歩は多いことになります。恥を忍んで告白すれば、その後、遅れて関節痛が発生、病院送りになったほどでして、図らずも今回は自らの齢(よわい)と不摂生を思い知らされた格好です。老婆心ながら、年末のコミケに足を運ばれる方はぜひ履き慣れた靴と動きやすい装いでとお伝えしておきます。

モーターショーの会場が分割されてしまった理由は、来年のオリンピックに合わせて東棟が国際放送センターやプレスセンターとして利用される、その改修工事の影響です。そのためMEGA WEBの北側に青海棟が仮設で置かれたわけですが、その間を結ぶ無料手段としてビッグサイト側が用意するのはシャトルバスのみ。来場者数が増えればオーバーフローは必至……というのはショーを主催する日本自動車工業会(自工会)も認識しており、トヨタを中心に会社所有のバスまで駆り出して棟間移動をサポートしていましたが、僕が知る限りプレスデーでも20分、一般日では60分の待ち時間が発生していました。ちなみに会期後半にはさらにバスを供出してもらい便数を増強したといいます。すかさず“カイゼン”が働く辺りはさすがです。

2019年の東京モーターショーは、メインの展示会場が東京ビッグサイトの南・西展示棟からなる有明エリアと青海エリアに分割して開催された。
2019年の東京モーターショーは、メインの展示会場が東京ビッグサイトの南・西展示棟からなる有明エリアと青海エリアに分割して開催された。拡大
有明エリアと青海エリアとを結ぶ「オープンロード」では多種多様なモビリティーに試乗できた。
有明エリアと青海エリアとを結ぶ「オープンロード」では多種多様なモビリティーに試乗できた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事