新型「ランドローバー・ディフェンダー」がついに上陸! 来日したデザイナーが語る このクルマの見どころとは?

2019.11.13 デイリーコラム

日本でも大注目のニューモデル

2019年11月3日に、いよいよ日本でも先行予約の受け付けが開始された新型「ランドローバー・ディフェンダー」。ジャガー・ランドローバー・ジャパンの関係者によると、受注はまさに順風満帆。ショートの「90」が15台、ロングの「110」が135台という「ローンチエディション」は“瞬殺”だったそうだ。

思えば、モノコックボディー&四輪独立懸架ということで、正式発表の前から賛否両論盛り上がっていた新型ディフェンダーだが、こういうクルマはとにかく注目されてナンボ。支持派の声援はもちろん、アンチの批判もメーカーとしては織り込み済みで、実際それもディフェンダーの話題沸騰に拍車をかけたのだろう。取りあえずは順調な船出となったようで、おめでとうランドローバー、おめでとうディフェンダー。

さて、そんな新型ディフェンダーだが、2020年夏のデリバリー開始を待たずして、実車に触れる機会があった。webCGでも告知したのでご存じの方もいると思われるが、11月3日から5日にかけて、東京・代官山で一般展示イベントが催されたのだ。日本で新型ディフェンダーがお披露目されるのはこれが初……と書くと、「え? じゃあラグビーワールドカップの表彰式で登場したあのクルマは?」なんて言われそうだが、あれはあくまでコンセプトカー。市販版のお披露目は、ホントにこれが初なのだ。

ワールドプレミア(世界初公開)は2019年9月のフランクフルトなので、写真ではすっかりおなじみの感があるが、実車については記者も見たことがない。ヨンク好き、イギリスもん好きの記者は、カメラ片手に浮かれ気分で代官山 T-SITEへと出向いたのだった。

東京・代官山 T-SITEに展示された新型「ランドローバー・ディフェンダー」。
東京・代官山 T-SITEに展示された新型「ランドローバー・ディフェンダー」。拡大
成約者に進呈されるレゴブロック「LEGO Technic Land Rover Defender」。「ローンチエディション」の「ディフェンダー」は4気筒エンジンなのに、こちらに載っているのが6気筒なのはご愛敬。
成約者に進呈されるレゴブロック「LEGO Technic Land Rover Defender」。「ローンチエディション」の「ディフェンダー」は4気筒エンジンなのに、こちらに載っているのが6気筒なのはご愛敬。拡大
ラグビーワールドカップ2019日本大会で、優勝杯を運んだ新型「ディフェンダー」のコンセプトモデル。
ラグビーワールドカップ2019日本大会で、優勝杯を運んだ新型「ディフェンダー」のコンセプトモデル。拡大
代官山 T-SITEには、ラグビーワールドカップで大役を果たしたコンセプトモデルの方も展示。道行く人が“写メ”を撮りまくっていた。
代官山 T-SITEには、ラグビーワールドカップで大役を果たしたコンセプトモデルの方も展示。道行く人が“写メ”を撮りまくっていた。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る