これはブランド化するクロカンへのアンチテーゼだ! 新型「ディフェンダー」を見たwebCG編集部員のひとり言

2019.11.18 デイリーコラム

あれ、なんか安くない?

先週散々デザインの話をしておいて、またかよ(嘆息)」とおっしゃる向きもおるやもしれぬが、ご勘弁ください。なにせ1948年の誕生以来、初のフルモデルチェンジ。吉事であり、お祭りなのです。盛り上げさせてくださいヨ。……なんの話かというと、新型「ランドローバー・ディフェンダー」のお話である。“下手の横好き”的クロカン大好き人間としては、まだまだ気になるところ、知りたいところ、語りたいところがたくさんある。うんざりしつつも、ぜひお付き合いくださいまし。

さてさて。過日、新型ディフェンダー日本導入の報が列島を駆け巡った折、なにが最も世間を驚かせたか? 導入時期の“早さ”もそうだが、それ以上に価格だったろうと思う。3ドアの「90」が489万円から678万7000円、5ドアの「110」が596万7000から745万円。その値付けに、「あれ? (覚悟してたより)安くね?」と思った人は少なくないはずだ。

それもそのはず。ネットでちょいと中古車検索をかければ分かるが、日本に並行輸入されていた従来型のお値段は、最終スペックでおおむね800万円から。1000万円オーバーという個体もザラだ。導入発表の折には、知古の友(ただしブルジョア)から「『G』と比べてどうなの!?」とデンワでからまれたが、確かに従来型の並行輸入車は、「メルセデス・ベンツGクラス」と比較検討するような高価格車だった。

それが、新型はこのお値段。しかもインポーターの関係者は「正規導入のあかつきには、エントリーグレードとしてもっと安価なモデルも入れる」と鼻息が荒いのだからスバラシイ。ジャガー・ランドローバーとしては久々の(失礼!)明るいネタであり、この波に乗るしかない! ということなのだろう。ちなみにだが、現行Gクラスは全ラインナップが1000万円を超えている。

いよいよ登場した新型「ランドローバー・ディフェンダー」(右)と、ご先祖様にあたる「ランドローバー・シリーズI」(左)。
いよいよ登場した新型「ランドローバー・ディフェンダー」(右)と、ご先祖様にあたる「ランドローバー・シリーズI」(左)。拡大
日本では2019年11月3日に「ファーストエディション」の予約受注が開始され、わずか4日で150台が完売となった。
日本では2019年11月3日に「ファーストエディション」の予約受注が開始され、わずか4日で150台が完売となった。拡大
日本における従来型「ディフェンダー」の正規販売は2005年8月に終了しているが、その人気の高さから、多くの個体が並行輸入された。
日本における従来型「ディフェンダー」の正規販売は2005年8月に終了しているが、その人気の高さから、多くの個体が並行輸入された。拡大
現在の「メルセデス・ベンツGクラス」の価格は、「G350d」が1192万円、「G550」が1623万円、メルセデスAMGの「G63」が2114万円(!)となっている。
現在の「メルセデス・ベンツGクラス」の価格は、「G350d」が1192万円、「G550」が1623万円、メルセデスAMGの「G63」が2114万円(!)となっている。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークSE D180(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.24 試乗記 2代目となった「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の実力を確かめるべく、ディーゼルモデルの「SE D180」に試乗。より快適志向となったシャシー、文句のつけようのないエンジンなどに感心しつつも、リポーターがどうしても気になったポイントとは?
  • 「ランドローバー・レンジローバー スポーツ」の3リッター直6ターボモデル登場 2019.12.23 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年12月23日、「レンジローバー」および「レンジローバー スポーツ」の2020年モデルを発表し、注文受け付けを開始した。
  • BMW X3 Mコンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.21 試乗記 「BMW X3 Mコンペティション」に冠された「M」の文字はだてではない。2tを超えるSUVボディーを“俊敏”に走らせるのに十分なパワーと、時に過剰とも思えるほどに引き締められた足まわりを持つその中身は、まさにスポーツカーと表現したくなる出来栄えだった。
  • マツダCX-30(4WD/6AT)/CX-5(4WD/6AT)/CX-8(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.18 試乗記 マツダのSUV=都会派のおしゃれSUV。当のマツダがこうしたイメージ戦略を敷いてきた以上、この認識は狙い通りなのだが、これが浸透しすぎてしまい、実はちょっと困っているらしい。クローズドコースでマツダSUVの隠れた(?)オフロード性能を試してみた。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.12 試乗記 メルセデス・ベンツの本格クロカン「Gクラス」に、最高出力286PS、最大トルク600N・mの新世代直6ディーゼルエンジンを搭載する「G350d」が追加された。最もリーズナブルなプライスを掲げながらも本命との呼び声も高い、新グレードの実力やいかに?
ホームへ戻る