第63回:時代を駆けるフォード・マスタング
トレンド商品からブランドを代表するアイコンへ

2019.11.28 自動車ヒストリー 若者向けのポニーカーとして、あるいはパワフルなハイパフォーマンスカーとして、1964年の誕生以来、ファンに愛され続けている「フォード・マスタング」。アメリカを代表するスペシャリティーカーはどのようにして誕生し、今日まで受け継がれてきたのか?

「T型フォード」以来の大ヒット

フォード・マスタングは、スクリーンの中で印象的な姿を見せている。1966年の『男と女』では、主人公のジャン・ルイがコンバーチブルを愛車にするとともに、競技用に仕立てたマシンでモンテカルロ・ラリーに出場していた。1968年の『ブリット』のカーチェイスは、映画史に残る名シーンだ。サンフランシスコの坂道で、「ダッジ・チャージャー」と死闘を繰り広げる。音楽もセリフも一切なく、V8エンジンの音だけが響く10分ほどの映像は、今見てもクールだ。

映画のせいもあってマスタングはマッチョなクルマというイメージで受け止められてしまいがちだ。しかし、成り立ちは違う。1960年代初頭、アメリカでは戦後生まれの若者が運転免許を取得する時期を迎えていた。いわゆるベビーブーマーである。全世代中で最大のボリュームとなる層に向け、自動車メーカーは新たな商品を開発する必要に迫られていた。それは、コンパクトで低価格でありながら、スポーティーな性能を持つクルマである。

マスタングは、1964年4月17日にデビューした。ニューモデルは9月に発表されるのが通例となっていたが、ライバルが動く前に実績をつくっておこうという思惑でデビューを早めたといわれる。小型車の「ファルコン」をベースに設計されたが、ロングノーズ、ショートデッキのスポーティーなスタイルはまったく別の魅力を備えていた。

クーペとコンバーチブルがあり、最も安いモデルは2368ドルだった。本体価格を抑えてフルチョイスシステムと称する幅広いオプションを用意し、V8エンジン、オートマチックトランスミッション、パワーステアリングなどを選べるようにした。

選択肢の豊富さで若者以外からの支持を集めることにも成功し、“T型フォード以来”といわれるほどのヒットを記録する。販売台数は1964年に半年で約12万台。通年で販売された翌1965年には、新たに加わったファストバックも含めて約56万台に達した。

映画『ブリット』の劇中車として使用された、2台の「フォード・マスタング」のうちの1台。2018年のデトロイトショーに出展され、会場の話題をさらった。
映画『ブリット』の劇中車として使用された、2台の「フォード・マスタング」のうちの1台。2018年のデトロイトショーに出展され、会場の話題をさらった。拡大
1964年のニューヨーク万博にて、フォードパビリオンの前に展示された「マスタング」と、当時フォードの会長だったヘンリー・フォード2世。
1964年のニューヨーク万博にて、フォードパビリオンの前に展示された「マスタング」と、当時フォードの会長だったヘンリー・フォード2世。拡大
初代「マスタング」には、ノッチバックのクーペとコンバーチブル、ファストバックの、3つのボディータイプが用意されていた。
初代「マスタング」には、ノッチバックのクーペとコンバーチブル、ファストバックの、3つのボディータイプが用意されていた。拡大
ディアボーン工場のラインを流れる「マスタング」。マスタングはデビューとともに爆発的な人気を博した。
ディアボーン工場のラインを流れる「マスタング」。マスタングはデビューとともに爆発的な人気を博した。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る