さらば「マセラティ・グラントゥーリズモ」 イタリアが生んだ名車の足跡をたどる

2019.12.02 デイリーコラム

12年の歴史を締めくくるワンオフモデル

2019年11月11日、マセラティは「グラントゥーリズモ」をベースとするワンオフモデル「グラントゥーリズモ ゼダ(GranTurismo Zeda)」の製作を全世界に向けて発表した。

「ゼダ」とはモデナ地方の方言で、アルファベット最後の文字「Z」を意味するとのこと。つまりグラントゥーリズモ ゼダは、イタリア・モデナ工場における「グラントゥーリズモ/グランカブリオ」の生産が終了することを、世界に宣言するモデルなのだ。

マセラティ・グラントゥーリズモは2007年春、ジュネーブショーで“ワールドプレミア”に供された。スタイリッシュながらフル4シーターの車内空間を実現したボディーは、名門ピニンファリーナの手になるもの。1947年の「マセラティA6 1500」に架装されたピニンファリーナ製クーペを現代的に解釈したというデザインワークは、当時同社に在籍していたジェイソン・カストリオータ氏が担当したといわれる。

パワーユニットは、「フェラーリF430」系とブロックなどの基本設計を共有する自然吸気のV型8気筒エンジン。当初は前任モデルにあたる「マセラティ・クーペ/スパイダー」から踏襲された4.2リッターのみの設定だったが、程なく最高出力440PS、最大トルク490N・m(50.0kgf・m)を発生する4.7リッター版も追加された。

また2009年秋のフランクフルトショーでは、オープンモデルのグランカブリオを追加。この後も、グラントゥーリズモ/グランカブリオともに数回にわたるアップデートを行い、最終型に相当する2018年モデルでは、両モデルに「スポーツ」と「MC」をラインナップした。

マセラティ・グラントゥーリズモ ゼダ
マセラティ・グラントゥーリズモ ゼダ拡大
2007年のデビュー当初の「グラントゥーリズモ」。現行型とは異なる、やや柔らかい印象のフロントまわりに注目。
2007年のデビュー当初の「グラントゥーリズモ」。現行型とは異なる、やや柔らかい印象のフロントまわりに注目。拡大
本革素材をふんだんに用いた上質なインテリア。4人乗車を可能にする車内空間の広さも、「グラントゥーリズモ」の特徴だった。
本革素材をふんだんに用いた上質なインテリア。4人乗車を可能にする車内空間の広さも、「グラントゥーリズモ」の特徴だった。拡大
2009年のフランクフルトショーに出展された、オープンモデルの「グランカブリオ」。
2009年のフランクフルトショーに出展された、オープンモデルの「グランカブリオ」。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタC-HR“GRスポーツ”【試乗記】 2019.12.2 試乗記 トヨタのクロスオーバーSUV「C-HR」に、スポーツコンバージョンモデル“GRスポーツ”が追加された。パワートレインには手をつけないライトなチューニングが特徴のGRスポーツだが、コースと時間がかぎられた試乗でも、標準車とのちがいがはっきりくっきりと感じ取れたのだった。
  • 第153回:26歳、まさかのフェラーリ! 2019.12.3 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第153回は「26歳、まさかのフェラーリ!」。筆者主催のイベント「大乗フェラーリミーティング」でオーナーたちの素顔に迫る。“12気筒は世界一”を信じ、最年少オーナーが選んだ“ヤバい”モデルとは?
  • 第151回:黒まむしスッポン丸 2019.11.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第151回は「黒まむしスッポン丸」。2年半ぶりに出合った“鼻血モノ”は、やっぱりあのクルマだった! 「なぜ、コレ!?」という周囲の反応が相次ぐ中、買い換えに踏み切った、確固たる理由とは?
  • トヨタ・ヤリス プロトタイプ【試乗記】 2019.11.13 試乗記 “小さなクルマ”の既成概念を超えるべく、プラットフォームからパワートレイン、足まわりに至るまで刷新された新型「トヨタ・ヤリス」。発売前のプロトタイプ試乗会でわかった、その出来栄えは?
  • 一番小さな”ビーエム”と“ベンツ” 新型「1シリーズ」と「Aクラス」を比較する 2019.12.4 デイリーコラム これまでFRのハッチバック車として貴重な存在だった「BMW 1シリーズ」がFF車へと生まれ変わった。他のCセグメントのライバルとクルマとしての特性が近づいた新型1シリーズの個性はどこにあるのだろうか。「メルセデス・ベンツAクラス」との比較で考えた。
ホームへ戻る