一番小さな”ビーエム”と“ベンツ” 新型「1シリーズ」と「Aクラス」を比較する

2019.12.04 デイリーコラム

先代「BMW 1シリーズ」の個性

2019年に実施されたフルモデルチェンジの中で、最も評価の分かれそうなのが「BMW 1シリーズ」だろう。「2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー」やMINI(の大型系モデル)と同じタイプのプラットフォームを採用し、駆動方式を従来のRWD(後輪駆動)からFWD(前輪駆動)に変更したからだ。

先代1シリーズは全長が4400mmを下回るコンパクトな5ドアハッチバックでありながら、FRレイアウトを採用していた。コンパクトなFRスポーツカーとしては、「マツダ・ロードスター」などが存在するが、後席用のドアを備えた5ドアハッチバックは貴重な存在だ。新型ではこの大切な個性が失われた。

駆動方式の違いに基づく商品の良しあしは、今では存在しない。しかし運転感覚の違いはあり、そこにこだわれるのも、輸入車を選ぶ価値のひとつでもあるだろう。駆動方式の違いがブランドやクルマ選びに関係ないとすれば、BMWでもアウディでもいいことになってしまう。あるいは日本車でも十分だ。

先代1シリーズは、市街地を普通に走る時でも、FRらしくボディーの前側が軽く感じられた。カーブの後半に差し掛かってアクセルペダルを踏み増していくと、次第に後輪へと荷重が加わり、車両を押し出す様子が明確に分かる。この運転感覚は「3シリーズ」などと基本的に共通で、フロントマスクのキドニーグリルと同様、BMWブランドの個性に通じていた。

トヨタの「シエンタ」と「スープラ」(共同開発だが)、日産の「デイズ」と「GT-R」に共通の運転感覚は見いだしにくいが、BMWの先代1シリーズと「Z4」にはそれを強く感じた。ファミリーレストラン的に多種多様な商品をそろえるトヨタや日産と、限られた品ぞろえで専門店化しているBMWとの違いだ。

3代目となる新型「BMW 1シリーズ」では、初代以来のFRレイアウトをやめ、基本駆動方式をFFとした。
3代目となる新型「BMW 1シリーズ」では、初代以来のFRレイアウトをやめ、基本駆動方式をFFとした。拡大
新型「1シリーズ」のサイドビュー。FF化によってボンネットが短くなったりフロントオーバーハングが長くなったりしている。
新型「1シリーズ」のサイドビュー。FF化によってボンネットが短くなったりフロントオーバーハングが長くなったりしている。拡大
BMW 1シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る