ヤマハが「セロー250」の国内向け生産終了を発表 最終モデル「ファイナルエディション」を発売

2019.12.06 自動車ニュース
ヤマハ・セロー250ファイナルエディション
ヤマハ・セロー250ファイナルエディション拡大

ヤマハ発動機は2019年12月5日、トレイルバイク「セロー250ファイナルエディション」を2020年1月15日に発売すると発表した。なお、国内向けの「セロー250」の生産は、当モデルをもって終了となる。

 
ヤマハが「セロー250」の国内向け生産終了を発表 最終モデル「ファイナルエディション」を発売の画像拡大
 
ヤマハが「セロー250」の国内向け生産終了を発表 最終モデル「ファイナルエディション」を発売の画像拡大
 
ヤマハが「セロー250」の国内向け生産終了を発表 最終モデル「ファイナルエディション」を発売の画像拡大

ヤマハのセローシリーズは、「マシンを操る楽しさ」と「より深く自然の中に入り込める機能」を追求したデュアルパーパスモデルとして、1985年に誕生。「二輪二足」というキーワードのもと、優れた足つき性と素直なハンドリング、扱いやすいエンジンなどを通して乗りやすさが追求されており、初心者から熟練のライダーまで、幅広いユーザーに支持されてきた。

現行のモデルは2005年に登場した2代目にあたり、249ccの空冷4ストローク単気筒SOHC 2バルブエンジンを搭載。排出ガス規制に対応できず、2017年に一度生産終了となったものの、フューエルインジェクションなどに改良を受けて2018年に復活していた。

セロー250ファイナルエディションは、1985年に登場した初代モデルをほうふつとさせる「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)」と「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/レッド)」の2種類のカラーリングが特徴で、カラーフレームや燃料タンクには「FINAL EDITION」のエンブレムがあしらわれている。

価格は58万8500円。

(webCG)

関連キーワード:
セロー250, ヤマハ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ヤマハ・ツーリングセロー(MR/5MT)【レビュー】 2019.2.23 試乗記 1年のブランクを経て、最新の排出ガス規制に対応して復活したヤマハのオフロードバイク「セロー250」に、新たにアクセサリーパッケージ「TOURING SEROW(ツーリングセロー)」が設定された。機能性の向上とワイルドなデザインを同時に満たす“和製アドベンチャー”の走りに触れた。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.28 試乗記 最高出力330PSの2.9リッター(2924cc)直6ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICスポーツ」に試乗。3列シートを備えた全長およそ5m×全幅2m超えの大柄なボディーとディーゼルの組み合わせは、どんな仕上がりだったのか?
  • これは“超革新”だ! 次期「スバル・レヴォーグ」でわかっていること 2020.1.17 デイリーコラム 2020年の後半に発売をひかえる、次期「スバル・レヴォーグ」。オートショーでのプロトタイプ展示や関係者への取材を通して、新型ならではの注目すべきポイントが次第に見えてきた。
  • 「ジープ・ラングラー」のショートホイールベース車に最強のオフロードモデル「ルビコン」登場 2020.1.16 自動車ニュース FCAジャパンは2020年1月14日、本格オフローダー「ジープ・ラングラー」のショートホイールベース車に「ルビコン」を設定し、同年2月8日に100台の台数限定で発売すると発表した。
  • 第157回:涅槃だぜN-WGN! 2020.1.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第157回は「涅槃だぜN-WGN!」。2019年の注目モデルを前に、国民車構想が再燃。新型「ホンダN-WGN」は、カーマニアが求める国民車になれるか? ディーラーでのプチ試乗を通じて導き出した、その答えとは?
ホームへ戻る